18.11.08更新 テンプレート変更につき、スマホのメニューは下に移動しています

『真田丸』とちラブトークショー -3-

こちらの記事は
『真田丸』とちラブトークショーその1 と 『真田丸』とちラブトークショーその2
からの続きになります。

『真田丸』とちラブトークショー -1-
栃木県出身の栗原英雄さんと村上新悟さんが地元でトークショーに参加されました。村上さんが参加するトークイベントには今のところほぼ皆勤状態で通っている私ですが(笑)、これまでは先着順だったので早めに並べば何とか参加できる感じでした。ところが、...
『真田丸』とちラブトークショー -2-
こちらの記事は『真田丸』とちラブトークショーその1からの続きになります。 とちラブトークショー -2- 真田丸と栃木の関係 さくらさんの解説によると、伊達政宗がずんだ餅をついて振舞ったエピソードがありましたが、その時の...

 

スポンサーリンク

とちラブトークショー -3-


カローズ(家老’s=三十郎・茂誠・綱家の皆さん)の紹介で大盛り上がりの会場となりましたが、このあたりで終了時間が迫ってることをさくらさんが告知。「このメンバーなら24時間行ける!」とテンション上げ上げなカローズの皆さんでしたがw、最後にひとつ質問に答えましょうということに。たぶんこれ、ハガキで募集してたやつ使われてたんじゃないかな。私が書いたやつも含まれてたので。

Q.真田丸をもう一度やることになったら誰の役をやってみたいですか?

迫田さん
「源次郎さま!!!」←質問終る前に答えるほどの熱の入りっぷりwww

高木さん
「・・・信幸かなぁ」←かなり時間かけて考えてたようなw

二人で「兄弟だ!」って言いながらじゃれ合ってたなwww。

村上さん
「三成ですかねぇ」

これについては、ヤマコーくんの三成の演技プランが人と目を合わさないっていうのだったので自分はその逆で
ガン見でいくことにしてたと。なので、人と目を合わさない三成の世界はどういう感じなのか体験してみたいから・・・みたいなニュアンスのことを話していました。あぁ、役者っぽい意見だなと思いましたね。すると突然栗さんが「山本さんの真似できないの?」と新悟くんに無茶振りwwww。するとさくらさん含め周りも「山本さんは自分の真似してくれる人がいないって嘆いてましたしw」とノリノリww。これはもうやらなければいけない空気になってしまってまして「似てないですよぉ!??」と前置きを強調したうえで

「バカと話すと疲れるっ!」

って精一杯、ヤマコーくんの三成の真似やってくれましたが、すぐそのあと「似てないでしょう!!???」と弁解wwwww。ごめん、新悟くん・・・たしかに、全然似てなかった(笑)。栗さん始め皆も「うん、似てなかった」と正直な感想言いまくっててタジタジの新悟くんなのでした

大野さん
「本多正信やってみたいですね」←近藤芳正さんのよりやっぱり近藤正臣さんの役って言ってて笑ったw

栗原さん
「真田信尹ですっ」←全く迷いなく即答でした。

栗さん的には、迫田さん扮する源次郎をボコボコにしたあとにw「真田信尹を侮るな!」と言いたいらしいです。もう、ほんと栗原さん、迫田さんのこと大好きなんだからっ

決まってるだろう、真田丸よ!

このあと、大野さんが「ぼくはやってみたい役っていうよりも言ってみたいセリフがあるんですよねぇ」と言ってて。
『築城』回で幸村が最後に凛として放った

「決まってるだろう!真田丸よ!!」

あ~~、これすごくカッコよかったですからねぇ!役者さんとして言ってみたいって思う気持ちすごく分かるなぁと思いました。すると即座に迫田さんが「いいね!!やろう!!」と超乗り気www。いつの間にか一人ずつ再現していくコーナーになりました。流れとしては、「ようやくこれで城持ちになった」というセリフから「決まってるだろう~」まで持って行く感じに決定。

まずは超やる気を見せていた迫田さんから。もう、顔から堺雅人さんのモノマネ入ってましてwwwwセリフの言い方も堺さんの真似しまくりで大爆笑wwwww。迫田さん、あなたは芸人さんかっっwwww!!で、何と答えたかというと、

「決まってるだろう、矢沢丸よ!!」

だったんですけど、モノマネしながら言ったせいか「何言ってるか分からなかった」と高木さんがポカーン状態で笑いましたwwww。

続いて高木さんが「ぼくも小山田茂誠としての城がほしいんですよね」と和み系笑顔で語ってて。その流れでじゃあ始めましょうということで大野さんが「城の名は何とします?」とセリフを振ると・・・「そこからですか!?」とボケられましてwwwwwもう思わず爆笑ですよ。で、そのあと仕切直してちゃんと

「決まってるだろう、小山田丸よ!!」

と気持ちよさそうに叫んでました。高木さんからセリフの後に真田丸のテーマ音楽を流してくれるようになったのかな。高木さん曰く、「テーマ曲に出てくるチュッ!っていう音のような役者になりたいって思った」と。なんだか哲学的なこと言ってたっけ(それ地元で語って!とツッコミ入れられてましたけどww)

続いて栗原さんの番になって、「ようやくこれで城持ちになった」と始まったんですが、もうのっけからめっちゃいい声でカッコよかったです!で、最後のセリフは・・・

「決まってるだろう、三谷丸よ!!!」

いやぁ~~~もう、栗さん、何から何まで完璧じゃないっすか!一番ふさわしいよね~。村上さんも感嘆の表情してました。

で、村上さんの番になって立ち上がったんですが…「なんでしたっけ?」って最初のセリフ忘れちゃったみたいでwww。高木さんに負けず劣らず新悟くんも癒し系だよ。大野さんからコソっと教えてもらって仕切り直し。やっぱりよく低音が響くうっとりするような声色で聞いてて「わぁ~っ」ってなっちゃいました。そんな村上さんが言ったセリフは…

「決まっておるだろう、景勝丸よ!!!」

おおっと、そう来ましたか!!私はてっきり「上杉丸」っていうのかと思ってたのに、村上さんはさらにその上をいきましたよ。景勝の名前を出すことで御屋形様愛を強調するとはっ!!もう言い終った後の「どやっ!!」って顔が満面の得意顔でめっちゃ可愛かったですわ

この後司会の二人もって流れになって、まずはさくらさんから。栗さんが「大野さんは最後にどっかーんとウケるやつを」ってプレッシャーかけまくってたのが笑えたww。で、さくらさんが言ったセリフは

「決まってるだろう、大野丸よ!!」←大野さんのほうを向いて。

いやぁ~~、可愛かったわ~~、さくらさんの決め台詞!!それに大野丸って言ってくれるところに彼女の優しさも感じて非常にホッコリ和みました~~。
最後に大野さん。綱家さんになり切って

「決まってるだろう、○△□×○!!」

って、歯抜けバージョンで答えたためにもはやなんと言ったのか分からない状態www。どうやら「真田丸」と言ったらしいのですが私には聞き取れなかった。大野さんなりの考えたリアクションだったわけですねw。これに対してプレッシャーをかけてた栗さんが「面白かったよ!!」と絶賛してましたww。

最後に…

ここで本当にタイムオーバーとなり、最後一人一人一言ずつ挨拶をすることに。
迫田さん←ストップウォッチを20秒設定し、栗さん横で数えるといった状況ww

あと4話しかなくて悲しい展開になっていきますが、それぞれの役が昇華される面白さもあると思うのでこれからも真田丸をよろしくお願いします(きっちり20秒でドヤ顔w、栗さんたちもおーー!となってましたw)

高木さん
絶対に損をさせないと思うので、大いに期待していてください!(もっと何か言ってらしたのですがメモしそびれですみません 汗)

村上さんの挨拶は追記で…(思うところがすごくあったので)

栗原さん
18の時に役者を目指して上京しました。三谷さんに真田丸に出るチャンスをもらって、これがスタートだと思ってます。皆さんの力があったからこそ真田丸は盛り上がったと思っているので、最後まで一緒に盛り上げていきましょう。よろしくお願いします(素晴らしいあいさつで、思わず胸が熱くなりました。最後まで完璧な栗原さんでした!)

この後大野さんが「ロスも一緒に楽しみましょう!」って言ってて。「ぼくは来年1月からまた真田丸見ますよ」と宣言ww。とりあえずはじめは直虎も見てみようよ、とは思いましたがwwこれも真田丸愛なのかなって思いました
最後は皆で盛り上がって終りましょう!ということで迫田さんのアイディアで全員立ち上がって

「栃木、LOVE!!」

と叫びましょうということになりました。すると栗原さんが「LOVEの時にこれやろうよ」って、例の栗さん大好きな「愛!!」ポーズをつけることも加わりましたwwww。全員での掛け声はそれはそれは壮観でしたよ~!楽しかったです

そして、緞帳が降りてイベントお開きとなりました。

今回は写真撮影NGという事でしたが、終わってロビーに出てみると何やら黒だかりの人人人・・・。なにかと思ったら、栗原さんや村上さん始め出演者の皆さん(さくらさんはいなかったかな)がロビー階段に並んで撮影会みたいになっててビックリしました


あまりにも突然の出来事だったのでほとんどピンボケでしたが、これが唯一全員揃っての判別できる写真となりました。皆さん本当にサービス精神旺盛で、どちらの方向にもニコニコ手を振ってくれて本当に嬉しかったです。最後は栗原さんと村上さん二人になって、栗さんが新悟くんの手を取って階段駆け上がって去っていくっていう粋な演出wもあってロビーは大盛り上がりでした皆さん、お疲れのところ、ありがとうございました!

今回のイベントはラジオ放送され後日全国でも聞けるようになるそうです(期間限定のようですが)。ちょっとした仕草などはメモに沿って書きましたが、コメントは半分以上私の脚色が入ってます。正しい様子はラジオで流れると思うのでそちらをお楽しみください。
それにしてもなんでラジオなのか不思議。当日会場にはがっつりテレビカメラ入ってたのに。後日どこかで日の目を見ることがあるのを願います。
次のイベントは上田になりそうですが、これも抽選(しかも今回以上の激戦予想)なので今度こそ行ける自信がありません。何とか参加してまたレポりたいんですけど…もう神のみぞ知る

以上で、イベントのレポは終わります。ここまで読んでいただきありがとうございました。
追記は、村上新悟さんについてちょこっと語ってるのですが、無駄に暑苦しい可能性大ですので興味のある方のみお付き合いください。

 

 

 

今回のとちラブイベントの数日前に、村上新悟さんが完全フリーになったという情報がSNSに流れました。あの時は本当にただただ驚いて、正直、なぜ今、このウェーブがやって来てる時期にフリーという選択肢を選んでしまったのだろうかと困惑していました。そんなに詳しくは知りませんが、風の噂では芸能界は事務所の力によって仕事も左右されるみたいな話を聞いたことがあったので…大丈夫なんだろうかとかなり心配になってしまいました
そんな混乱が続いた日の夕方ころ、村上さんご本人がSNSで真相を告白してくれました。
内容についてはここには詳しく書きませんが、それ読んだとき、私は思わず涙が出てしまったんですよね…。どんな想いでファンに報告してくれたんだろうって。一言一言、言葉を選びつつも村上さん自身の言葉で一生懸命考え抜いて書いてくれたであろう文章は胸を打つものがありました。

今年春からのこと、今までの仕事に対する率直な不安、悩み、そして今後への熱い想いと決断。

私はあの文章を読んだとき、村上さんのフリーに対する並々ならない決意を知りました。こちらが心配していた以上にもっともっと悩んだし苦しんだし不安に思う気持ちもあるんだろうなと。それでも自分の信念を貫き通す決断をした村上さんの生き方は不器用だけどすごく頼もしくてカッコよくて…ただただ眩しいです。
なので、あのコメントを読んでからは、この役者さんのことをずっと応援していこう!って気持ちを強くしました。

とはいうものの、ところどころ不安な面もやっぱり拭い去れないんですけどね、やっぱり(HPの作り方とか

そんな村上さんのフリー宣言後初めての公の場が、今回の栃木のトークショーでした。あの文章を読んでから日も浅かったこともあり、村上さん出てきたら涙出るんじゃないか自分!?みたいな懸念はあったのですがそこは大丈夫でして(笑)。
だけど、前回のイベントの時よりかは少し笑顔が少なかったのは気になったかな。地元ということもあったし、もしかしたらフリーを宣言したことでの想うところも多少はあったのかもしれません。
今回、栗原さんと村上さんがメインのトークショーだったわけですが、後半はカローズ(家老’s)の皆さんのテンションがすごくて村上さんたちが脇に回ってしまったような印象があって…楽しかったんだけど、二人の話が中途半端になってしまったのは残念だったかもという想いも正直ありました。ですが、カローズの皆さんが登場してから村上さんの笑顔が増えたのも事実でして、結果的によかったなと思えるトークショーでもありました。
イベントも最後まで楽しく笑って終われるなとホッとしていた時。村上さんの一言挨拶があって・・・。

「21歳で役者を志して東京に出て、20年経ってこうして地元の皆さんにご挨拶できるようになりました。本当の意味での役者としての一歩を踏み出すことができたと思っているので、これからもっと皆さんに恩返しできるよう頑張ります」

それは、フリーでやっていくことへの決意表明のような挨拶でした。

ずっと役者として芽が出ない時期を乗り越えて、真田丸で注目されて地元イベントに参加できた村上さん。おそらく万感胸に迫る想いがあったんだろうなって思えて…。でもそこからまた新しい立場で一歩を踏み出したわけで、村上さんの「一歩」という言葉は非常に重いし並々ならぬ決意も感じました。一言一言噛みしめるように言葉を話してた新悟くん…きっと心の中には不安な気持ちも拭い去れないものがあったんじゃないだろうか。それを振り払うように「恩返しできるよう頑張る」って話してくれたように見えて…なんかもう、すごく胸に迫るものを感じて思わず目が潤んでしまいました
そして、ここまで応援してくれたファンや地元の方への言葉に続けて、「前のほうに集まってくれた皆さんのためにも」って一言を最後に添えてくれたんです、村上さん…。この日、前方のゾーンにはいつも村上さん関連のイベントでお会いする方がたくさん座っていらっしゃいました。あの場でこういった特定の人を指すような言葉を語るのは相応しくなかったかもしれません。だけど、でも、ビックリしたけど…ものすごく嬉しくて…この時ついに涙腺が崩壊しました

私も運よく前の方の席に座ることができてたっていうのもあったのですが、これまで村上さん関連イベントに勝手に足しげく通って応援し続けている私にとっては…なんていうか…言葉にならない感動がありまして。もしかしたら分かってくれてたのかなって…。あんなふうに感謝の言葉を役者さんから聞けたことが未だかつてなかったので、あぁ、この役者さんのファンになってよかったなって心から思いました。こうして私はシンゴムラカミに調略されていくのです(笑)。

誤解のないように言いますが、村上さんは応援してくれるすべてのファンの人に本当に心から感謝していると思います。それだけは間違いないです。今回は「見たことある顔がいくつかあるな」って思ってつい言葉に出ちゃったってことだったと思うんで。
これから先、大変なこともたくさんあると思います。でも、私は一ファンとして、村上さんを全力で応援していきたいと思います。
村上新悟さん、本当にありがとうございました!!

以上、イベントで感じた、無駄に熱い村上さん語りでした。あくまでも個人の意見なのであしからず。