『真田丸』とちラブトークショー -1-

栃木県出身の栗原英雄さん村上新悟さんが地元でトークショーに参加されました。
村上さんが参加するトークイベントには今のところほぼ皆勤状態で通っている私ですが(笑)、これまでは先着順だったので早めに並べば何とか参加できる感じでした。ところが、今回は村上さん関連イベントでは初めての抽選くじ運にはこれまで見放されていてばかりで不安しかなかったのですが…応募は複数大丈夫ということだったので、とにかく何枚か頑張って往復はがき書きました。その甲斐ありまして、今回何とか抽選で拾っていただき参加することができました。応援してくださった皆様、ありがとうございました
なにせ遠方からの参戦なので当選するか分からない中交通費やら宿やら予約しなければならなず、参加できることになって正直ほっといたしましたw。

このトークショーの数日前に東北で東日本大震災の余震ともみられる大きな地震や津波が発生していました。栃木もかなり揺れていたという情報があり、開催されるのかギリギリまで心配されていたのですが(前日も揺れがありました)当日は何事もなく無事に行われてよかったです。東北での地震や津波も大きな被害が起こることはなかったそうで安堵しました。


トークが行われた岩舟文化会館。周りは山が多く、民家の少ないとても静かで素朴なところにありました。会館の外観がけっこう独特の形をしていたのが気になりました。あの黄色い通路みたいなのは何かに使ったりしてるのだろうか?とか

今回は整理券ではなく昼12時に座席券が配られるというシステム。開場が午後5時だったので、時間が来るまでちょこっと栃木を回ってきました。佐野市が近かったので、佐野ラーメン頂いちゃった。食べやすくておいしかったです。佐野ラーメンと言えば「さのまる」の帽子だよね~ww。


そして、「真田丸」でも大きな話題を呼んだ犬伏の別れの舞台になった薬師堂にも行くことができました!!この場所で真田親子が別れることを決断したのかと思うと…なんだか胸に迫るものを感じましたね。中はとても狭く、祭壇の前には迫田さんと大野さんのサインも飾られてました。

犬伏バージョンのさのまるフラッグも可愛かった

会場に戻ってみると、何やら人だかりが。よく見ると、さのまるご本人wと「真田丸応援隊長」のゆきまるくんが共演してるじゃないですか

真田丸の大きなパネルの前で「とちラブ」マーク持って並んでくれたの、可愛かった~~


ちなみにこの巨大パネルには寺島進さん、草刈正雄さん、長野里美さんのサインが書かれてました。寺島さんのサインは白くてわかりやすかったのですが、草刈さんと長野さんのは黒ペンだったので教えてもらわなければ気づきませんでした

ということで、こんな感じに時間を潰していたらあっという間に開場時間。前置き長くなりましたが、トークショーの模様を少しレポしていきたいと思います。


待ち時間の間にこれだけ多くのを頂きました。ぼっち参戦の私にもいつも仲良く接してくださる皆様、本当に感謝しています。ありがとうございました。

スポンサーリンク

『真田丸』とちラブトークショー
~真田丸に乗った男たち いざ、郷里へ!~

ゲスト : 栗原英雄さん村上新悟さん
シークレットゲスト : 迫田孝也さん高木渉さん
司会   : 大野泰広さん、小栗さくらさん
2016.11.23  於.岩舟文化会館コスモスホール(栃木県・栃木市)

トークショーが始まる前にNHK宇都宮放送局の局長さんからご挨拶がありました。女性の方なんだとちょっとビックリ。物腰柔らかそうな方でした。
「とちラブ」トークショーとの事で、「とちラブ」の言葉の意味を語られてましたが、「とち」は栃木県と土地の意味を込めたものだそう。地元愛の放送局でありたいという想いが込められているとの事でした。今回のトークショーは全国のファンからの熱烈な要望に応える形で実現。SNSでもそういうお話で結構盛り上がっていましたから、かなりの要望が寄せられたのだと思います。こうして実現していただけたのは本当に感謝ですね。
ちなみに、今回の当選倍率は「3.7倍」だったとか。もう少し倍率上かと思ってたけど、複数出してる人が多かったから意外と上がらなかったのかも(かくいう私もw)「1枚しか出してなくて当たった人は相当ラッキーだと思います」っていう局長さんの言葉に笑いが起こってましたw。

続いて、司会の大野さんさくらさんが登場。全国各地にイベントで呼ばれることが多かったという大野さんですが、「今回ついに司会に昇進」と(笑)。だいぶ緊張していらっしゃるとの事でしたが、出だしから好調でさくらさんとのトークもいい感じで始まりました。まず最初に、どこから来たのかアンケートみたいなのがあって…県外から来た人が7割くらいだったので(私含めw)二人ともかなりびっくりされてました。
大野さんの喋りも好調で「このまま二人で1時間話したいけどそれじゃ皆さん怒るでしょ」ってww。この流れでいよいよメインの栗原さん村上さんがコールされて登場されました。

お二人が登場されると、会場から悲鳴にも似た歓声がどーーーっと湧き起りそれはそれはすごいテンションになっておりました。それもそのはず、栗原さんも村上さんも、お着物姿で登場されていましたので!!


和風な顔立ちをされているお二人でもあるので、着物が本当によくお似合いでした。このお着物は村上さんの出身地である小山産の結城袖で、結んである紐は「間々田紐」と呼ばれるものだそう。「間々田紐」は「真田紐」と呼び名が似ていることから栗原さんが「便乗すれば売れるんじゃない?」みたいに話してたのが面白かったww。

着物ショックで会場のテンションがなかなか冷めやまぬなか、栗原さんへの男性ファンの方の熱烈なコールが響き渡り、それに答える形で

「かえってきたよぉぉ~~!!」

と嬉しそうに叫んでる栗さんが可愛かった。それに倣うように村上さんが

「ただいまぁぁ~~~」

ってまるで「ヤッホー」の掛け声のように会場に挨拶してるのも萌えました

ようやく会場が落ち着いてきたころに大野さんをいじりだす二人w。着物を羨ましがる大野さんに「なんか昨日監督と飲んでたみたいな話聞きましたけど?」(村上氏)とか、「今日は歯はあるの?」(栗原氏)とかwww。さくらさんに対しては「秋田でお世話になりました」(栗原氏)、「飯能でも~ねぇ」(村上氏)と、対応が違う(笑)。ちなみに私、その2つのトークショー行ってるんだった
着物は大河が終わってから久しぶりかと聞かれると、栗原さんは「そうですね」と答えたのに対して「ぼく~~、つい最近着ましたねぇ、撮影で。今はまだ言えないんですけど」と村上さん。これはたぶん、12月に放送される「漱石悶々」というドラマだと思われます(この前情報解禁されました)。それにしても村上さん、相変わらずトークの割り込みが苦手っぽくてww「ぼく~~」と話題に食い込むのにちょっと時間かかってましたね。そんなところもこの人の魅力であり可愛いところなんですが。久しぶりに着物を着たという栗原さんは「やっぱ着物は気が引き締まっていいよね~~」ってニマニマしながら村上さんに語りかけていたんですが、それに対して…

「さっき脱いでたじゃないですか~」

とサラッとツッコミいれる新悟くんwwww。もうこの狙ってるのか狙ってないのか分からない自然なツッコミがなんとも言えず面白いよ!!!これに慌てた栗さんは前に出てきて指をハサミの形でチョキチョキしながら「これカットね!」ってやってましたが、面白かったのでたぶん後日流れるという録音放送にも乗っちゃうんじゃないでしょうかw。

トークの机にはきれいなトルコキキョウが飾られていたのですが、それは栗原さんの同級生の方が提供してくださったものだそうです。色合いも鮮やかでとてもきれいでした。こうして地元の方が応援してくれるのって嬉しいだろうなと思いました。
この後着席してトークが展開されたのですが、座れると分かった栗さんが思わず「よかった~~」と安堵の声を漏らしていたのが可愛かったです。で、座ったわけですが、きちんと足を揃えて美しく座る栗原さんに対し村上さんはのっけから漢座り状態で足がもろ見えるような感じww。いや~なんか、対照的だなぁなんて見てたんですが、それが後に笑いの種になろうとは

役柄紹介

まず栗原さん演じる真田信尹の紹介。後ろの大画面には劇中写真がいくつか紹介されていくシステムになっていて、栗原さんの信尹の写真が出てきた時は大野さんが「悪そうな顔してますね~~」と実感こめてチャカしてたのが笑えましたw。
つづいて村上さん演じる直江兼続の紹介になって同じように劇中写真が出てきたのですが、「目つきが鋭くていいですね~」と言う大野さんとさくらさんに対し栗原さんが「動物に例えると何になるんだっけ?」みたいにSNSネタ突然ぶっこんできたもんだから会場で知ってる人はもう爆笑するしかありませんwww。で、聞かれた村上さんが

「チベットスナギツネ」

と自ら回答ww。この瞬間本人公認となりました。SNSの威力恐るべし!!!分からない人はネットで引いてみてと言う大野さんに対して栗原さんが「村上って名前も出てくるの!?」みたいにビビってましたがww。そこまではないと思うと村上さん苦笑い状態でした
ちなみに栗原さんは動物じゃなくて「スナフキン」って呼ばれてたらしいですねと大野さんw。いや~ほんと、よくSNSチェックされてるんだなと思いました。

信尹シーン振り返り

登場した時のシーンは第3回の「なるほど、兄上らしいご決断だ」というセリフから始まったと。あぁ、そこでしたか!なんか第1回目からいるような気がしてた(笑)。昌幸が織田につくことを決めた所のシーンでしたね。「ほとんどいろんなとこ回ってましたね~、今も色々回ってますけど」と栗原さん。確かに信尹の移動っぷりと同じくらい栗さん色々イベント引っ張りだこだよね。信繁と一緒のシーンの写真が出てきた時は会場がけっこうざわついてました。初期のころの源次郎、まだ10代、その時の堺さんほんと可愛かったから。信繁には戦国の世で生き抜くための話をする役割だったみたいなことを栗原さん自ら解説。「真田信尹を侮るな」という名セリフもありましたね~とさくらさんが振ると

「けっこう名セリフ多いんですよね」

とドヤ顔の栗さんww。たしかに一言一言印象に残るものが多い気がします。
三谷さんからアドバイスがあったのかと聞かれると「有能なビジネスマンのイメージって言われたくらいで、そのあとはほとんど何もなかったですね」と栗原さん。歴史的資料があまり多くないので、三谷さんの台本の中で生きていけばいいかなという感じで演じていたそうです。ここで信尹の知名度が気になった栗さんが「真田丸前から信尹を知っていた人は?」と会場にアンケートしてみると、ほんの数人の方が挙手をされたのみだった様子。「もう知ってますよね!」という大野さんの言葉に

「真田信尹~真田信尹をどうぞよろしくお願いします~~」

とまるで選挙活動のように宣伝しだす栗原さんに会場爆笑でした。ほんとこういう盛り上げ方が上手いですよね、栗さん。

兼続シーン振り返り

次に直江兼続シーンの振り返りに。信尹紹介の時は画面をジーーーっと見据えていることが多かった村上さん。たまにクスっと笑ったりすることもありましたが、南魚沼の時に比べるとちょっと表情が硬いような気がして…緊張されているのかなって少し心配してました。それにしても画面見てる時の村上さんの目力、ハンパないんですよ、ほんと。ドキッとしまくりでした

兼続の初登場は第5回から。最初のセリフは「御屋形様、真田信尹殿がお見えです」だったと。調略で信尹たちが乗り込んできた時のやつですね。このセリフを聞いていた大野さんが「言いづらそうですね」と振ると、「実は僕、“のぶ”と“ただ”の間若干間を空けているんですよ」と裏話を披露する村上さん。「めちゃめちゃ言いにくいんですよ」って笑ってましたがw、確かに言いづらそう。滑舌のいい新悟くんでもここはかなり苦労したんだなと思いました。
それを聞いていた栗さんが横でその時のセリフを反復しだしてww、「ちょっと言ってみてよ」と村上さんに振ってみるとえ!?って一瞬なったものの正規バージョン披露してくれた村上さん。会場からは「おおお!!」という感嘆の声が上がってて照れ笑いしてましたね
御屋形様が「弱きを助け強きをくじくのが家風」と言って織田家を叩く事を拒んだシーンだったということですが、これに対して村上さんが「カッコいいですけど、口だけですからねぇ」とサラっとツッコミ入れたものだからみんな爆笑wwww。ほんといいタイミングでツッコミしてくれるから面白いよ、新悟くん。で、御屋形様についてさらに

「12話で実はイイカッコシー(この言い方がまたww)だったのが判明するんですけど、僕もまさかそんなキャラだったなんて知らなかったんですよ」

とぶっちゃけwww。たしかに5話の時点では12話の御屋形様は想像できなかったと思うわ

春日山城での信尹との対面が栗原さんと初共演だったということでその時の印象を聞かれた二人は「最初ははじめましてばっかりでしたよ」と笑ってましたw。村上さんは御屋形様に会ったのもこの初登場のときが初めてだったwので、とにかく方々に「初めまして」とあいさつするのが精いっぱいだったそうです。
最初話すきっかけを作ったのは栗原さんからだったと。さすが気遣いの人、栗原さん!
「村上君ってどういう人なのかな~と思ってネットでちょいちょいっと調べたら栃木出身ってあったので、僕もそうなんだよ、みたいな話から入っていったんだよね」
と。この時から栗さんの新悟くんへの“調略”が始まっていたってことですね(飲みニケーションとかw)。栗原さんは新悟くんだけではなく色んな人を“調略”して雰囲気を作ってくれていたそうです。劇団出身だということもあってチームワークの大切さを心得ているからなのかもしれないなと思いました。栗原さん、本当に素敵な方
そんな栗さんに対して「ホントにカッコいいですよねぇ」と村上さん。「僕この前直江状13分かけて読んだんですけど(公式HP企画にて)、栗さんは一言でもっていっちゃいますから」とスネモードにww。すると

「僕も読みましょうかって言ったんだよ!だけど『読まんでいい』って」

とさっそく第46回に登場した叔父上の決め台詞を活用してくる栗さんwwww。生でこれが聴けた私たち、超ラッキー!!と思ってたら、この後頻繁に登場してきましたww。もう、栗原さん、色々分かっていらっしゃる(笑)。

兼続の話に戻り、「直江兼続と言えば大河ドラマ天地人が有名でしたが、参考にされたりしましたか」という質問があって。それに対して村上さんは「僕は兼続役が決まってから天地人は一度も見ていません」と。あぁ、だから「織女惜別」読むときの参考に流れたという妻夫木くんのバージョン知らなかったのかと思いました。「視聴者の中には兼続は義と愛の人っていうイメージがあると思うんですけど」と村上さんが話すと、すかさず栗さんが横で南魚沼の時に披露してたお気に入りのおでこの前で「愛っ!」ポーズ連発www。ついにここで披露してきましたか、栗さんwwww。これにはもうみんな爆笑でしたがその場にいなかった大野さんやさくらさんはいまいち理解できていないような感じでした。もう村上さんなんかは「まったく~~」って感じで苦笑いしながらも楽しそうでしたよ(結局栗さんにつられてやらされてたしw)。ちょっと硬めの表情がここまで多かっただけにホッとしたな。栗原さんありがとうって思いましたよ。
イメージ通りの兼続って評判でしたよねぇ、とそのあと村上さんの芝居について絶賛していた司会の二人でしたが、脇から栗さんが「怖かったよねぇ」と実感こめて一言ww。「なんでそんな仏頂面巧いの?」みたいな質問を新悟くんに投げかけると「三谷さんから能面でいてくださいって言われてたので」と真面目に答える村上さん。「村上さんは笑顔が素敵だから大変だったんじゃないですか?」という大野さんの問いかけには「まぁ・・・そうですかねぇ」と言葉を濁す村上さんでした。

サービス精神!?

と、このあたりで前方にスタッフさんがあわてた様子でやってきて村上さんに対して必死に何やらアピールを始めたんですよ。最初は「??」って感じでそっち見てた新悟くんですが、横にいた栗原さんがビックリしたように反応してようやく本人も気づいたというww。
座り方です、ハイwwww。
村上さん、最初から着物を着ていることを忘れたかのような漢座りしていたんでww生足とか見えてたし着物の裾が開いちゃって危ないことになってたしで大変なことになってました。隣に座ってた栗さんはたぶん気づいていなかったっぽい。ビビってた栗さんに対して、意外と慌てずに「あっ」って感じで足揃えて座りなおす新悟くんww。

「サービスが過ぎますよぉ」

という大野さんの突っ込みや、手をくるくる回して

「次やったらレッドカード」とジェスチャー

する栗さん(笑)。さすがに村上さんも顔赤くしてましたww。ちなみにこの時、私は見逃してたんですが後ろのスクリーン写真のセリフのところに「どうかお察しくだされ」と言うのが出ていたらしいww。何たるタイミング!
大爆笑に包まれた新悟くん着物の座り方事件。これで一件落着したように思えたんですが、この後またもう一度やらかしますwww。

信尹の調略について

ようやく会場が収まりかかったところでさくらさんが上手いこと軌道修正。
画面の写真が信尹が信龍を暗殺するものになった時、会場からは「おおお!!」とどよめきが起こってました。この時の叔父上、ほんとカッコよかったからね(春日さんには申し訳ないけど)。「ここは切ないシーンでしたよね」と言うさくらさんに対し、「ひどいよねぇぇ」と対照的に実感こめたコメントをする大野さんww。栗原さん的には「このシーンは楽しかったなぁ」とw。

さらに、上杉を調略しに信繁と信尹が向かうシーンについて。「越後に骨をうずめる覚悟」という信尹の言葉をすっかり信じてしまった御屋形様がだまされてしまうとさくらさんがシーン解説すると、村上さんうっすら笑ってましたww。この後の直江さんの顔が鋭いですよね、と振られると「僕はこの時点で基本的に疑ってますから」と自分の話のようなドヤ顔で語る新悟くん
信尹が春日を殺すシーンについては「後ろの百日紅の美しさも際立っているんですよね」と画面解説する栗原さん。あぁ、確かに!村上さんも納得したようで笑顔でうなずいていたのが印象的でした。あと、信繁に「儂のようにはなるな」も印象的でしたよね、ということでリクエストされると大野さんに向かって

「大野君、儂のようにはなるな」

と機転の利いたセリフで再現してくれる栗原さん、ステキっ

信尹と兼続の対決シーンについてどうだったかという質問。撮影はかなり長い時間かかったそうです(村上さんは上を向いて一生懸命思い出そうとしてて、栗原さんが語り始めると「あぁ」って思い出したようにしてました)が、

「キツネが(兼続ですっって新悟くんツッコミw)鋭い目で見てきたりするんでやりやすかったです」

とさっそくチベスナネタを新悟くんに割り当てて話す栗さんww。対応早いって。村上さん的には「結果的には逃げられちゃいましたけど、それで真田が裏切ったことが明白になったので兼続としては成果があったんですよ」とまるで自分の弁解をするように語ってたのが印象的でした。村上さんって、兼続を自分のことのように話すことが多いんですよね。それだけ役にめり込んでたってことなのかなと思いました。
このシーンに関しては南魚沼でも触れていましたが、「逃げる前のシーンもあったんですけどねぇ」とまた恨めしそうに語る栗さんなのでした。ちなみにここの場面の撮影はいろいろ大変だったこともありお互い話すこともほとんどなく集中してたとの事でした。

栗原さん
「前室で喋ってるのは・・・これ(3マークwww)とか・・ねぇ」
村上さん
「あぁ~~ww」
大野さん
「よく喋ってましたよねぇぇ」
栗原さん
「うるさくってねぇ~~ww」

と、みんな三十郎(迫田さん)の話題で盛り上がりだしましてww。春日山城について証言者に来てもらっているので説明してもらいましょうということに。ん??この流れはもしや???と思っていると・・・(その前に「エンケンさんかもしれませんよ~」とやたら上杉クラスタを煽る大野さんww)

シークレットゲスト登場

舞台袖から怪しい帽子に長髪グラサン姿のやたらテンションが面白い人が登場(笑)。あまりにも怪しい風貌すぎて、最初誰かわからなかったですよwwww。この時の迫田さんの風貌はご本人がSNSにアップしているのでそれを見てみてください。あの格好で会場まで来たのかと思うと驚愕です、ほんと
あまりにも怪しい風貌に会場もほとんど最初の方は呆気にとられていた様子だったのですが、「先輩方おはようございます」という声を聞いてファンの方は悟ったようで悲鳴があちこちから漏れ聞こえてきました。大野さんなんかは「あの~どちらの外タレ(外国タレントw)の方ですか?」とかわかってるくせに弄りまくりwwww。
ちなみに、怪しいバージョンの迫田さんが登場した時、村上さんは小休止とばかりにテーブルにあったペットボトルにストローを指して水をゴクゴク飲んでました。けっこうここまで緊張してたのかな?

ようやく「三十郎ですっ」と自分を名乗れた迫田さんでしたが、落ち着いてる栗さんがすかさず「南の方に言ってたんじゃなかったっけ?」とツッコミw。SNSによると迫田さんは親戚の結婚式かなにかで南の方に行かれると呟かれてたんですよね。だから、ここに駆けつけることはほとんどの人が想定していなかったんじゃないかと思います(影ナレーションくらいはあるかもって思ってましたがw)。するとさも当然といった顔で

「だってこれ今日あるでしょ」

と迫田さんwww。もうのっけから参加する気満々だったらしい(笑)。「栗原さんと村上さんが是非!!って言ってたから!!」となおも食い下がる迫田さんww。すると・・・

栗原さん
「呼ばんでいい」
村上さん
「斬り捨てますか」

もうこの決め台詞攻撃に会場大爆笑!!!さらに大野さんが「サプライズゲストだからその恰好なんですか?」とツッコミ入れると「だってシークレットゲストって初めてだから!!!」と興奮気味の迫田さんw。逆に目だったんじゃないの?というツッコミには「都会だと逆に目立たない」と何を突っ込まれてもメゲずに返してくる彼はすごいなと感心してしまった(笑)。そんな丁丁発止の間、栗原さんも村上さんもニコニコしながら落ち着いてやり取り見守ってて「あ~、いつもの感じだな」みたいな雰囲気でしたねw。
で、本来の目的を思い出した迫田さん。そうです、春日山城についての説明するために出てきたんでしたよ、この人はwww。

「僕、村上さんとこで源次郎様ととっ捕まってましたからっ!!!」

と興奮気味に語ろうとしながらも20秒で説明するようにせかされて慌てて語り始める迫田さんw。

え~、お城の説明と言うよりも、お城に行った時の大変だったエピソードを興奮しながらお話になってました、迫田さんww。ロケで春日山城行って髪型もちゃんとセットしていたのに風がすごくてボッサボサになっちゃった・・・てなことをドラマチックにww語ってた気がします、確か(笑)。
しかし、その話の間中に栗原さんが横で指折り20秒数えだしてるしww、20秒たってから「本日のシークレットゲストでした~」と大野さんは追い出しにかかってるしwww、村上さんは笑いながら「お疲れ様~」みたいに手を叩いて送りだそうとしてるしwww。もう、迫田さん、愛されてるなって思いましたこれに対して「まだまだ語り足りない!!!」と超粘ってたんですが、「これはお二人の地元凱旋トークショーなんだからっ」という大野さんのツッコミには「そうなんだけどさぁ~~~」とトーンダウンwwww。

「み●らじ●んさんでしょ?」
「いや、さ●らご●ちだから」
「いや、み●らじ●んさんでしょ」

といった、風貌に対する激しい応酬を大野さんと繰り返しつつ、渋々三本指をかざしながらw引きずられるようにww退場していった長髪バージョンの迫田さんでしたwwww。

迫田台風が去った後、「うるさいって言ってたら本当に出てきちゃったね」と栗さんwwww。「みなさんに会いたいということで来ていただきました」と大野さんはフォローしてましたが、「なるべく触れないようにしとこうね」とさらにツッコミいれてくる栗さんなのでした(笑)。
しかしこの台風、もう一度襲来することになりますww。

と、ここでちょっと長くなりましたので、続きは次の方に書こうと思います。