【スタジオパーク】ゲスト・村上新悟さん -1-

ついに、私が大応援している村上新悟さんNHKのスタジオパークに登場する日がやってきました


新聞のラテ欄に村上さんの名前が躍っているだけでなんだか本当に嬉しかった

放送前には質問とかメッセージとかも送ったりしたし(紹介されませんでしたがw)、放送されるまではそわそわしてしまって大変でした
8月は大人しくしていた分、9月は個人的な予定が馬鹿みたいに入っていたのでw当初は家で観覧する予定にしていました。が…SNSでのファンの皆さんの盛り上がりっぷりを見ていたら我慢できなくなりまして、ついに行ってしまいました…渋谷のスタジオパーク。しかも泊りではなく四国から弾丸日帰りの強行軍ww。この数日前に台風がやって来てまして気が気ではなかったのですが(さすが村上雨男パワーと思いましたがw)、何とか無事に行って帰ることができました。たぶんあの場でこんな無謀なことしたの私くらいしかいなかったと思います(苦笑)。

ということで、まず始めにスタジオパーク観覧について少し触れようと思います。

渋谷のNHKスタジオパークが開館するのは午前10時。中観覧の抽選(要・事前申し込み)に漏れたか申し込んでない人はスタジオ外のガラス越しからの観覧になるので開館時間まで外に並ぶことになります。私は飛行機が台風の影響もあってか少し到着が遅れてしまったためスタパに到着したのが開館時間ちょうどあたり。正直、どのくらいの人たちが並んでいるのか全く見当つかなかったので(アイドルさんとか超人気者だと開館時には100人以上の列になっていることもあるらしい、それはそれは最寄りの原宿駅から死ぬ気で走りましたよw。この日は猛烈な湿気と暑さで最悪のコンディション、到着した時には私、息も絶え絶えで観覧前から死んでました(爆)。
スタパに入るには入館料200円が必要なので券売機で購入。開館した時点で並んでいたのが20人ちょっとくらいでそのうちの10人前後が観覧組でした。スタジオパークの外観覧は初めてではなく何となく勝手は分かっていたのでw、何とか見えそうなところを動いて探してスタンバイ。そこから終わるまではずっと立ちっぱです。観覧コーナーから外れたところに座るところはありましたが、皆さん場所確保しているのでそちらに移動した人はいなかったように思います。
私は今回少し出遅れた上にロンリー参戦だったので、最初の1時間半くらいは周りの皆さんの熱気に圧倒されっぱなしで話に入れず。が、目的はたった一つ…大好きな村上さんをここから応援することと気持ちを新たに耐えていたところ(笑)、始まる1時間前あたりから人も増えだしてお話し相手も徐々にでき…そこからはけっこう時間が経つのが早かったです。


開館してスタジオ外にいる間のお楽しみとしては、リハーサルが見えることですね。入った時にはすでにセッティングなどが始まっていてスタッフさんたちは忙しそうな状態。ふと奥を見ると何やら謎の「卵」と調理具があって皆不思議に思ってました、あの時点ではww。するとスタジオ内のテスト映像の中に「美しい目玉焼き」という文字が躍り出してww、「え、しんごくん目玉焼き作るの!?美しいって何??」と私含め皆さんの脳裏に疑問符が浮かび上がりまくってました(笑)。まさかあんなことになるとは、この時点ではだれ一人想像してませんwwww。
しばらくすると、スタジオ内のモニターに兼続の写真やら若き日の新悟くんの写真やらがポンポンとテストで次々に映し出され、ガラス越しには歓声が沸き起こって盛り上がってました。
この写真、放送ではすべて使われなかったんですよね。以前ラジオで話していた「仲代さんに唯一褒められた老人役」のものや、春日山城の直江屋敷跡の石碑の前でドヤ顔してたものもこの時間帯に流れていたので、そういう意味では実際に行った甲斐はありました。


映像テストが一通り落ち着いた頃に司会の真下アナウンサーがスタジオ入り。私、真下さんがスポットニュース呼んでた頃から知ってて好きなアナウンサーの一人なんですが、実際に生で見たらめちゃめちゃ細くてビックリしました真下さん、痩せましたよね~。ぜひそのダイエット法を聞きたいw。
以前スタパ観覧した時にも見たことありましたが、放送前には必ずスタートから終了までの一連の流れをリハーサルします。アナウンサーは真下さんでゲストMC役とゲスト役には女性スタッフさんが担当。まるで本放送のような形で進むので、見ている方としてはこの時点でけっこうネタバレってことになります(笑)。
ちょうどこのリハが始まる前あたりにファンの方の一人が南魚沼で売っていた直江状を持参されてまして。何とかそれを生かせないかね~みたいな話で盛り上がっていました。すると、その様子を見た真下さんがスタジオの中で驚愕しながら爆笑www。さらにそのあと担当ディレクターさんがやってきて、「本放送中にその直江状を映したいのでタイミング出したら掲げてもらえますか?」みたいな提案してきましたw。ここからファンの皆さんの入念な打ち合わせが始まりまして、放送リハのときも掲げるタイミングなど練習。中でも外でも村上さんを盛り上げようと真剣勝負状態になっていてなんだか微笑ましい光景でもありました。ちなみに私はその中に入ってません(映りたくなかったというのもあって)。
少し落ち着いて出てきた真下さんが直江状に興味津々。「ファンの人の必須アイテムなんですね!?」とみんな持ってるのを知って(軽くアンケートしてたんでw)ビックリされてましたwww。リハーサルをすべて終えて戻られるときには「こんな協力的なお客さんたち初めてですよ!毎週来ていただきたい」とありがたいお言葉をかけてくださいました。

リハーサルが終わると今度は送られてきたイラストFAXの選定が始まります。とにかくものすごい量でビックリしました。どれもすごくクオリティが高くて…イラストが全く描けない私としては本当にうらやましい限り。
最初はボード1枚での貼り出しで行く予定だったみたいでしたが、あまりにも大量なので急遽第2弾のボードも登場。あまりにも大量のイラストすぎてボードがバランス失って落ちそうになるハプニングもあったくらいです。ちなみに、私の周りにいた観覧組の皆さんが送られたイラストFAXはほぼ掲載されていました。どれも本当に発売できるんじゃないかってくらいのクオリティの高さでただただ驚愕でしたね。

放送開始30分前あたりにゲストMCの竹下景子さんが観覧組にあいさつしつつ笑顔でスタジオ入り。お着物姿がしっくりきていてお美しかった。スタジオに入ってからは真下さんと多くの村上イラストを見入ってめちゃめちゃ嬉しそうな顔してました。
その後少ししてからネット抽選で中観覧に当選した人たちがスタジオ入りします。だいたい20人前後くらいですかね。かなり狭き門だったと思います。観覧の皆さんはガラスのすぐ前に座られるので、外観覧だと場合によっては見づらくなる場合があります。それは外れたものの宿命ってことで(笑)。私は少し後ろにいたのですが、なんとか人と人との針の穴みたいなところを見つけwwスタンバイしました。

そうこうするうちに朝ドラ再放送が始まる時間に。この時点で私、妙な緊張感に包まれ変な動悸が起こってましたw。一気に観覧の人数が増えだしたのがちょうどそのあたりでしたかねぇ。村上さんのことを知らないおばさまとかよく分からない一人ノリツッコミみたいなのしてるおっさんとかも混じってて急に騒がしくなりました。
朝ドラが終わった後くらいにいよいよスタート前最後の打ち合わせ。スタパって最初はスタジオ外から始まるパターンが多くなったのですが、今回もそのようで。スタッフさんが「ここに村上さんがきますから」とか「笑顔で拍手お願いします」とか「こんにちは」を言うタイミングとか指導。始まる間際のこの時間帯に皆で一度合わせて練習しました。この時スタッフさんが「ゲストには触らないように」とお客さんに釘をさすと竹下さんがすかさず「生ものですから手を触れないように」と付け加えてて笑いましたwww。

このリハーサルが終わってからもうかなりすぐです、お目当ての方が紹介されたのは。放送開始1分半前くらいに「村上新悟さんでーーす!!」と紹介されると、奥の扉からニコニコと「どーーも――」みたいな感じでスタジオ外に登場しました!!なんか心の準備ままならないまま登場されたので、私のテンションが密かにおかしくなってましたww。
まず最初に思ったのが、あれ!?見たことないようなスッキリした服装だ!!ってことでした(笑)。今までの村上さんの私服(?)姿ってけっこうパターン決まってたんでwwあのホワイトでコーディネートされ髪型もセットされたスッキリさん姿は非常に新鮮で眩しく写りました。私はこの時村上さんのちょっと後方に位置していたのですが、けっこう至近距離に背中から上が見える!!ちゃんと後ろにも気を遣って振り向いてもらえて思わず手を振っていた私ww。「このパネル持ってください」とスタッフさんに何かを渡されキュー直後の言葉を確認。後ろにいた私は何を渡されていたのか録画放送を見て知りました(笑)。

こんな状態で、あのスタジオパークがスタートしたというわけです。
放送前の様子、少しは伝わりましたでしょうか。中に入ってからずーーっと立ちっぱなしでしたが、その間にも色々あって結果的にはあまり疲れを感じませんでした。

あ、今後スタパ観覧する予定のある方に注意事項だけ。

  1. 中に入ったら立ちっぱなし。
  2. 始まる前の様子の写真撮影などは絶対にダメ。
  3. 携帯電話の音はスタジオ前では絶対に鳴らさない。

番組開始10分前くらいにはスタッフさんが外のリハしにくるのでその時からは携帯の電源も切るようにします。
オープニングが始まったらゲスト登場時の歓声以外の私語厳禁小さなお子さんがグズるのも実は開始前にスタッフさんから注意があります。放送されちゃってるパターン多いですけどね。
今回これが守れなかった人が周りにいて、とにかくデカイ声で喋りまくってて…黙らせるのにすごく苦労しました。NHK見学にたまたま来てたおばはんグループだったんですけど、番組始まってるんだから常識的にも静かにするときとかわかるだろうと思ってしまいました。こんなことがないよう、これから行く人は十分気を付けてください。

以下、スタパでの村上さんの様子を生で見てきた感想も含めてレポしていきたいと思います。

スポンサーリンク

『スタジオパークからこんにちは』

ゲスト・村上新悟さん
2016.9.05 第一部13:05~13:55

オープニング

打ち合わせ通りに村上さんが兼続のパネルを顔前に持って行ったまま「スタジオパークから」と言った後にガラス越しのオーディエンスが一斉に「こんにちはぁぁ!!」と元気に反応(笑)。村上さんの後ろにはクラスタさんお手製の色んな愛情団扇が大量に踊っててさっそく真下アナにツッコまれてましたw。その光景を振り返って眺めた村上さん、ホワっとした感じで「物騒な言葉がね」と笑ってましたがなんだか嬉しそうでしたね。この振り返るときもすごく奥のほうまで見てくれたりしたんで、一瞬目が合った錯覚に陥った私wは嬉しくなりました
この後紹介されたVTRが三成が挙兵寸前で景勝の言葉によって思い止まるシーン。これリハーサルでも流れてきたんでどこかで使われると思っていたら、まさかのオープニングでしたw。後ろのほうだったのでこの時村上さんがどんな表情でモニター見てるのか分からなかったのがちょっと残念でした。
「御屋形様は本気になられた」の兼続のセリフが出てきたときに村上さんの肩が震えてて、明けて見たら笑ってたねww。「あのシーンちょっと面白くないですか?」って・・・あ、そういう感覚でよかったんだ!と私はあの時一人腑に落ちてました(笑)。冷静になってよく見ると、あそこであのセリフ、たしかに面白いんですよね。村上さん曰く、決めるとこは決める兼続は「省エネ」らしいですww。相変わらずコメント最高だよ
その後は、年齢と、独身であることを確認するMC二人(笑)。竹下さんはこの時点でかなりメロメロでしたww。質問メッセージ募集の時にはちゃんと「おまちしております~~」っと相変わらずのユルフワっぷりw。たぶんこのオープニングだけで真田丸の兼続しか知らなかった人はかなりびっくりされたんじゃないかと思います、ギャップがすごくて(笑)。スタジオに入るときも四方丁寧にあいさつして入るという腰の低さ。好感度かなり上がったんじゃないかと思いたいです。

イラストたくさん

紹介された後に最初に触れられたのが大量に飾られたイラスト。急遽2枚ボードになりまさに壮観な眺めで竹下さんも思わず「こんな光景初めて見た」と漏らすほどでした。

このイラストが映し出されていた時、村上さん、かなり身を乗り出して「お~~」って感じで笑顔でしっかり見入ってました。

これだけイラストが来るほどすごい人気をどう思われるか聞かれたところ、村上さんから帰ってきた答えは
「今まで一度も声かけられたことがないんで、全く実感ないですね」
と意外なもの。この答えを聞いて自分だったら声かけるのに!と思ったファンは何人いたことでしょうw。でも、たぶん大河しか知らない人は街を村上さん歩いてても気づかないと思います。普段あんなにニコニコ気さくそうな人なんだって知らないでしょうからね。
それに対して竹下さんから「ギャラリーの熱狂ぶりとか見てどうですか?」と聞かれると、ガラス越し観覧の私たちに向かって極上のゆるふわ笑顔を振りまきながらヒラヒラくまなく手を振ってくれる村上さん、そんなところが本当に大好き。FAXのメッセージには「7歳の息子も応援しています」というのもあって、「嬉しいですね~」って表情崩しながらも「(子供にも人気なのは)なんでなんですかねぇ?」と頭の中に疑問符浮かべてる新悟くんもめっちゃ可愛くて萌えましたww。

5回目の大河ドラマ

まずは村上さんが今回の「真田丸」で5回目の大河ドラマ出演であるところから本題スタート。モニターにはこれまで出演してきた役柄がズラリ。その画面を見つめながら「こうして毎年使っていただけるのは本当にありがたい」と感慨深そうにコメントする村上さん。『八重の桜』『軍師官兵衛』『花燃ゆ』はスポット的な出演だったと手振りを交えて説明。村上さんはこうしてアクションしながらお話しすることが多いですね。スポット的でもちゃんと役作りして臨みましたとしっかりアピール。こういう努力が今実を結んでるんだなと思うと本当に感動です。
この中で真下アナの目に留まったのが『花燃ゆ』の久坂玄瑞のお兄さん役。医者坊主の役でしたが、たった3時間の撮影だったにもかかわらず本当にスキンヘッドにしたというエピソードが出ました。本当に髪を剃ったというのはどこかで聞いた話でしたが、撮影が3時間しかなかったというのは驚きでした。スタジオでは実際にスキンヘッドにしたエピソードにMC二人が驚愕!でもそのあとの村上さん的エピソードが面白いw。

「問題は撮影が終了した後、髪の毛が伸びるまで1年弱くらいかかって、どんどんどんどんマリモみたいになってきちゃってwwそのときがいちばん大変でしたね。(スタイル)どうすればいいんだ、これ?みたいなww」

ちょっ…村上さんっ!マリモってwwww。感動してたのにそのあとのエピソードが面白すぎた(笑)。

声の魅力

そしてやっぱりメインの話題は村上さんの低い美声になりましたね。イケメンボイスと呼ばれてどうですか?と尋ねられると自分では全く分からないんですよね~」と。頭の中で共鳴しているので実際の自分の声と流れてきた声が全く違うように聞こえるそうです。あ、なるほど!私も流れてきた声が想像以上に低いんだと思うこと多々あるのでその感覚分かります。ちなみに村上さん自身はもっと低い声のイメージらしいです。
すると真下さんから「さぞかし若い頃は持てたんじゃないかと」と振られると、けっこう真面目な顔になって「いやぁ~…」と考え込んだ挙句に「モテましたねぇ」と発言してすぐ笑っちゃう新悟くんww、そのあとすぐに冗談だって言ってましたけど(オーディエンスにも必死に弁解www)、ややこしいんだよっwww。可愛いなぁ、ほんとに。村上さんって時々、本気みたいな顔して冗談かますからビックリするよ(笑)。
このあとモテなかったエピソードを必死に語る村上さんw。すると直後、高校時代のビリヤードやってる時のめちゃめちゃカッコいい写真がモニターに登場。

なんとも、モデルみたいなカッコよさ!!趣味にビリヤードって書いてあったけど本当だったんだなと。なんでも毎週やってたらしい。これ、共学の学校行ってたら絶対モテてたよなぁ~。
で、いつから声変わりしたかと聞かれ、あの新潟トークで言っていたエピソードが出ました。中学生の時運動会の応援団に入り無理やり声を潰したら変声期ということもありいきなり声がズドンと低くなったとw。その時から今までほぼ同じ声で変わっていないそうな。それに対して竹下さんが「中学の先生もビビりそうですね」と言ったところ「中学でこの声ってありえないですよね」とほんわか答える村上さんww。「はい、先生~」って低音実践してくれてましたが、あれはたしかに、ありえないかも(笑)。

山本耕史くんによるモノマネVTR

ここで、ヤマコーくんがスタパで披露した村上さんのモノマネの話題へ。それが出たとき、なんとも楽しそうな少年のような笑顔でめちゃめちゃ可愛かったです。で、実際に流れていたわけですが、その間村上さん、かなり身を乗り出してモニター見入っててめちゃめちゃ笑ってましたw。1回目のモノマネの時には爆笑してましたが、2回目の時にはウンウンって頷きながら納得の表情。それがVTR明けた後の「似てますよ」に繋がります。
耕史くんと初めて会ったのは真田丸で村上さんが初登場した日(第5話)の翌日リハーサルだったそう。そのときに耕史くんからかけられた言葉が
「直江さんってえげつないほど低い声してますよね」
っていうものだったとかwww。村上さん的には褒め言葉として受け取っててw、たぶんあの時からこの声を使ってやろうと思っていたんじゃないかと。うん、ありえる話だな(笑)。実際にヤマコーくんのモノマネを聞いた真下アナは「シリアスなシーンでもあったのにあの時山本さんは何を考えて演じてたんだろうなと思って」とぶっちゃけww。そこで、村上新悟さんの直江兼続でもう一度あのセリフをという流れに。出来ることは何でもやる新悟くん、やる前に水を飲んでコンディションを整え直江兼続になる準備をしてました。こういうところ、本当に真面目だなぁって思います。そして、表情も作って…


「御屋形様は本気になられた」

このセリフに拍手喝采のオーディエンス!するとちょっとドヤ顔でくまなく頭下げてお礼してるのが何とも可愛らしかった。村上さんってこういう細かい仕草からもいつもファンの方向向いてくれてるなって感じられるから本当に素敵な人だなぁって思います。「本物は違いますねぇ」とMC二人に褒められると途端に恐縮してしまうのも可愛かったですw。
ちなみに村上さん自身はモノマネは「この声なんで…似ないんですよね」とのこと。ちょっと何かやらなきゃダメかな的な空気になりましたがそこはそうならずにw。ちょっと見てみたかったけど、そしたらまた水飲んで頑張っちゃうだろうからね。
そのあと竹下さんから「声の使い方に関しても気にして演技してますか?」という質問が出ました。それに対し「マイクに声を充てる難しさっていうのを最近感じてて」と村上さん。実際の声とマイクととおして放送に流れる声は違うから難しいそうです。竹下さんはその話を聞いて「勉強になります」と神妙になると、慌てて「とんでもないです!!何をおっしゃってるんですか!」とアワアワしちゃってる新悟くんが可愛かった。大先輩が~~って感じでかえってビックリしちゃったみたいでしたね。

謎のw朗読コーナー

ここで、「御屋形様は~」だけでは勿体ないので朗読を披露してくださいというコーナーになりまして。それを聞いてイケボだと思ったら視聴者は何度もリモコンボタンを押すというシステムが始まりました。私たちは観覧組なのでそれができずw。
最初に頼まれた朗読は『吾輩は猫である』の冒頭部分。ここでもまずは水をストローで飲んで喉のコンディションを整える新悟くん。サラッと全体を見た後しっかりとどう読めばいいのか自分で把握して朗読されてました。これは兼続系で行こうと思ったようで、実にうっとりするような読みっぷりでした。ここで決定ボタンを連打した視聴者は多かったのではないでしょうか。
読み終わった後にドヤ顔で「どうでしょう??どうですかぁ~~??」とまたまたガラス越しのオーディエンスに気を遣って意見を求めてくれる村上さん。私、思わず、手でOKマーク掲げてしまいましたよww。どなたかもOKマークしてらしたようでそちらを見た後、私の方向にも視線くれて・・・見えてなかっただろうけどめちゃめちゃ嬉しかったです。観覧組の反応を見てすごく満足げな笑顔をしてた村上さんも印象的。
で、さらにもう一本読むことになってて。それをまた入念に読み込みながらも苦笑い気味に考え込んでた村上さんw。そりゃ題材が童謡の「ぞうさん」でしたからねぇ。でもこちらも全体像を把握して読み方を自分なりに納得させ始めたわけですが、たぶんスタッフが思っていたのとは違う読み方だったんじゃないかなと思います。スタッフ的には、こちらも兼続風に読まれるんじゃないかと思ってあえて変り種用意したように思うんですよね。でも、何事にも内容をしっかり把握して真っ直ぐ向き合う新悟くんは、質問する子供と回答するゾウ(12歳くらいの女の子設定らしいww)の声を出して朗読。でもさすがに、途中から妙な感覚になってきたらしく吹き出しちゃってww読み終わった後に「これどうなんですかね!?」と爆笑ww。そりゃそう思うわな。
これに対し竹下さんが「女の子の声を演じるとああいう感じになるのね」とツッコむと、「いや、もっとできますけどぉ」とわざと裏声で返す新悟くんwwww、返しのテクニックも最高(笑)。南魚沼以来の新悟くんの裏声聞けてラッキーでしたww。真下さんが「素敵だなと思った方は?」と観覧組に問うと中外皆さん一斉に手を上げてまして(もちろん私も後ろからww)、「ありがとうございまぁす」と満足げに笑う村上さんなのでした

真田丸で共演している人の中で魅力的な声だと思うのは、「やっぱり御屋形様」とエンケンさんのことを一番に挙げる村上さん、尊い!さらに「あとは信尹役をやっていらっしゃる栗原英雄さん」の名前も!!もはや栗原さんと村上さんは同郷の好の一心同体みたいな雰囲気すらありますんで、ここで村上さんの口から栗さんの名前が出たのはとても嬉しかったです
エンケンさんは村上さんから見ると「声の使い方が抜群にうまい」と。「ぼそっと喋るんですけど…なんというんですか…」となかなか言葉が出てこない。この時画面ではエンケンさんの景勝の写真が大写しになっていましたが、村上さんは両手を自分の前で回しながら一生懸命言葉をひねり出そうと必死になってました真下アナからフォローのコメントがあった時はすごくホッとしたような表情してましたねw。

イケボカウンターの結果がこの後出ました。10万6千越えてました!!相当の皆さんが連打したと思われます。この結果を見てどう反応していいかよく分からない村上さん、「これは…スゴイことなんですか?」とキョトンww。MC二人が「スゴイことですよ!」と興奮していても「そうなんですか??」とキョトンww。「通常どのくらいか分からないんで」と言いつつも状況を把握した村上さんが感慨深そうな表情で「ありがとうございます」と感謝の言葉を発していたのがとても印象的でした。
やはりまだ自分の今の人気が信じられないみたいな感覚あるんだろうなって思いましたね。こんなに応援してくれているんだ…と把握した時の感動みたいなものが見ていてガラス越しからも伝わってきて一人胸を熱くした私です

で、村上さんのイケボ推しはさらに続いてて、今度は視聴者から「村上さんに言ってほしい言葉」を募集する企画が発動。最近スタパではゲストが視聴者に聞きたいことを書いてきてそれを募集するというスタイルが定着していましたが、村上さんはあくまでもイケボ企画でいこうということで今回はスタッフ考案のものになりました。個人的には「声」についてはもういいんじゃないかなって思ってもしまったんですけどね…。
でも視聴者にはしっかりと「なんでも行けますよ!出来る限り!」と力強く宣言してくれる新悟くん、こういうところ本当に素敵だしカッコいい。

真田丸話

そしてようやく『真田丸』エピソードに突入。

パネルすら作ってもらえないほど『真田丸』では脇の存在だった上杉主従(特に兼続)が真ん中に配置されているのがとても嬉しかったです

最初に直江兼続役だと聞いたときの感想は「嬉しい…というよりも、本当に頭が真っ白になって、どうしよう!?って気持ちでしたよ」と村上さん。色んなインタビューでもそう答えてますね。「僕がやるの!?」って感じだったけど「変えたい」という想いはあったと。三谷台本を読んで天地人の直江とは違うものだなと感じた村上さんは色んな本を読んで研究。そこで目に留まったのが、色んなところで語ってる「閻魔大王の手紙」エピソードだったと。
ここで、村上兼続を象徴するシーンとして第10話の映像が流れました。一度裏切った上杉の元に源次郎が単身乗り込んできて怒った兼続が「斬り捨てましょう!!」と御屋形様に進言したあれです。このVTRが流れ出した時、目を潜めた感じで真剣に見入る村上さん。腕組みして、水を飲んで・・・それでも真剣で…その時の顔が、まんま直江兼続の表情そのものでした。映像終った後は「怖いですね」なんて笑ってましたけどねw。
戦国時代を生き抜いていくためには、義の旗を掲げる御屋形様がいて自分は矢面に立ってすべてを引き受けていこうという覚悟を持っている直江兼続というのが村上新悟さんの演じる形になっているそうです。愛の兜をかぶった写真がモニターに映し出されていて、それをちょっと遠目から眺めたりもしてました。自分であのシーン見ても「この人カッコいいなって思ったんですよ」とww。竹下さんから「余裕ですね」とツッコまれると慌てて「違うんですよ!自分じゃないような気がして」とまたまた必死に弁解してて可愛かったです。うんうん、分かるよ、言いたいこと
冷徹さは前面に出していても、「兼続の中にも義の精神が勿論あって、ぽろっと声が裏返っちゃったりとか照れ笑いみたいなのとかが零れ落ちちゃう、そこが魅力なのかなっていうのがあります」と。これ話してる時の新悟くん、めっちゃ嬉しそうにしてたな。兼続愛しいって感じで微笑ましかったです。村上さん本人と重なるところは?と聞かれると「ありますねぇ…」とちょっと考えたて、「普段僕あまり喜怒哀楽を出す人間じゃないんでそういう意味では」と。さらに「一応僕、義を重んじる人間なんでw」と最後に付け加えたところも可愛かったな~

続いて登場したのが大きな話題になった直江状を書くシーン。このVTRが流れている間の新悟くんもめちゃめちゃ真剣な表情してましたね。画面に食い入るようにじっと見つめてたかと思ったらちょっと口角上げてみたり。すごい兼続入ったかのような顔で見てたんですが、家康がビリビリ破くシーンになったら表情が崩れてカラカラ笑ってましたw。
「あんな喧嘩の売り方ある!?ってくらいの勢いでしたね」と言う真下アナに対して「あれは家康さんの脳の中のことですもんね?僕は一言も言ってないですよね?家康さんに対してww」とホワホワ笑いながら弁解する新悟くんはやっぱり可愛い(←もうこればっかww)。これの収録裏話もあって。私これに関して質問出してたので話題が出てきたのは嬉しかったです。なんでも、最初一回収録したものの編集を終えたあと「もう一度収録させてください」と言われたそうです。映像見たときの家康の怒りっぷりがあったので「もっと家康さんを煽ってください」ってリクエストだったと。と言うことは、最初はあのネットにあるような少し落ち着いた感じで呼んでたのかもしれないですね。撮り直しの時は意図したつもりはなかったけれども自然に鼻で笑っちゃうみたいな読み方になったそうです。へぇ!!これは初耳でした。

で、ついに、ここで、ファンの方が持参した直江状の出番がきましたww!!!前列にいたファンの皆さんがここだ!と直江状を広げて村上さんにアピール。この出すタイミング、いつ来るかいつ来るかでけっこうソワソワしてたので(笑)まさに満を持してといった感じでしたね。私は後ろで「これこれ」アピールを地味に村上さんにやってましたがww。「売られてるんですってね」と真下アナが言うと「1700円で売ってるんですよね」と笑う村上さんw。さらにここで真下アナが「ファンの間では直江状は必須アイテムなんですって」とアピールしてくださりありがとうございました。竹下さんが「スゴイフィーバーぶりで」と振ると首をかしげながら「いやいや」と謙遜する新悟くんなのでした。

御屋形様からのFAX

ドラマでは御屋形様との共演シーンが多いと言われると、モニターに映し出された景勝さんを眺めて感慨深そうに「御屋形様…」と目を細める村上さん。するとこのタイミングで、真下アナが遠藤憲一さんからFAXが届いていることを村上さんに告げました。それを知って「ほんとですかぁ!!??」とビックリしていた時の表情が、もう、乗り出すかのような、信じられない歓びみたいなものでいっぱいいっぱいになってましたね。
FAX読まれてる時の村上さんんの表情、私の位置からちょうど正面に見えてまして…。笑顔の中にも徐々に目に熱いものが溜まっていく様子がすごくよく分かりました。一番グッと来たのがエンケンさんの
「村上君と共演できて感謝しています、ありがとう」
の部分。この時の村上さんの胸の中に確かに熱いものがわ~~っと広がっていくのがガラス越しでしたけどものすごくリアルに感じられて…FAXを実際に渡されてその文字を読んだときに感極まった村上さんの気持ちが、もう、本当に本当に泣けましたなんかですねぇ、正面で目の当たりにしたというのもあってか、ちょっとリンクしてしまったんですよね…。テレビで映っていないところでひっそりハンカチで涙拭うところなんかもう…思い出すだけで涙出ます。たぶん撮影中にそんな話をしたことなかったと思うんですが、忙しい中でもエンケンさんは努力して必死に役を演じてる村上さんの姿をちゃんと見ていてくれたんだなって。「共演できて感謝している」というこれ以上ない温かい言葉はさぞかし村上さんの心に突き刺さったんじゃないかと思います。そんな言葉をかけてもらって涙を必死に堪えようとしてる姿に気が付いたら私もボロボロ涙がこぼれていました。皆さんすごく微笑ましげにその光景見てたのに私はホントに涙止まらなくなっちゃって…あぁ、後ろにいて良かったって思ってしまった
「こういう御屋形様だからこそ、命がけで守っていきたいって思うんですよ、素直に」
この言葉が全てでしょうね。そんな村上さんに「長丁場だから愛だけってわけにはいかないでしょ?」と妙なツッコミ入れる竹下さんww。それに対して「いや、そんなことないですよ」って。あの瞬間涙ビックリして引っ込んだんじゃなかろうか。竹下さん的には村上さんがあまりエンケンさんとリハできなかったというのが気になっていたらしいですね。それに対して、「遠藤さんはお忙しくて何本も同時進行されているのでリハになかなか時間が合わないことが多いんですけど」と話した後に涙こらえてた分話しづらくなってしまったのがまた泣けたなぁ…

「僕は御屋形様がどう出るかということを常に監視してるんですよね。 だからリハがない方が本番当日に御屋形様どう出てくるんだろう?と僕いつもそれで集中できるんで。そういう意味で言うとすごく良かったと思ってます」

あの主君にしてこの家臣よ!!まさに心で繋がった二人なんですね・・・ 。テレビの決め事のなかで集中してセリフ言うのは大変じゃないか?という質問にも、「まぁ・・・そうです・・・ねぇ」と言葉を濁していたので、そういうところも超越して、エンケンさんと村上さんは心の信頼関係がしっかりと結ばれているんだなと思いました。あのFAXはまさにそのすべてが語られたような内容だったので、村上さんが思わず涙してしまうほど感極まる気持ちはすごく良く分かる気がします。もうねぇ、心底、よかったねぇぇ・・・・・・って思いましたもん。
「物語の中では僕が支えた形になってますけど、 撮影中は僕遠藤さんにすごく助けていただいてて」と、公式HPにもあった照明を隠しそうになったのをよけてくれたエピソードを披露。どんなふうに助けてもらったのかと思っていたら、後ろから肩をさりげなく持って下げてくれるような感じだったみたいです。なんか、その光景、想像すると萌えますね(笑)。
「うちの御屋形様最高なんです、 優しいんです本当に…」
そう感慨深そうに、大切そうに遠藤さんのことを語る姿に私は人知れずまた涙してしまったのでした。エンケンさんもここまでブレイクするまで時間が比較的かかった役者さんですから、村上さんの頑張っている姿はもしかしたらその頃の自分と重ねる部分もあるのかもしれないですね。エンケンさんが村上さんのことをすごく大事に想ってくれているのが分かって、ファンとしてとても嬉しかったです

エンケンさん、本当に温かいコメントありがとうございました。

ちょっとこの先も長くなりそうなので、いったんここで〆ます。続きはのちほど