18.11.08更新 テンプレート変更につき、スマホのメニューは下に移動しています

今週の山県さん 大河ドラマ『西郷どん』42話 

今週の『西郷どん』は西郷と大久保の関係に埋められない溝が生まれてしまうエピソードで…ここまで初回からずっと見守ってきた私としては大変心が痛くなる回でありました(涙)。

その最中、今週も村上さん演じる山県さぁは「ピン」クレジット継続中!


これはファンとしてやっぱりテンション上がりますわ(笑)。

以下、今週の山県さぁの動きについてピックアップしていこうと思います。

 

※第42話全体の感想も併せてどうぞ。

 

スポンサーリンク

『西郷どん』第42話  “両雄激突”  今週の山県さん

まずは姿は見えねど噂に上ったシーンw

岩倉使節団が長期にわたって外遊していたことにより、痺れを切らす形で政を自ら主導して行う決断をした西郷。
「自分ら(岩倉や大久保)がいない間、勝手に人事動かしたり政治したりしたらダメだからね!」と釘を刺されてはいたものの、さすがに1年間も帰ってこないとなれば・・・「もうこれ以上政治空白作ったら民に申し訳ない!!」と動き出そうという気になる西郷の気持ちはわかる。

弟の従道は兄の気持ちもわかるものの、大丈夫だろうかという不安は過っていました。が、西郷は「一蔵どんなら分かってくれる」と完全に大久保のことを信じていてこの話はこれまでということになりました。

山県さぁの話題が出てきたのはこの後です。

「それより、山県さぁがあげなことになってしもうて、迷惑をかけたのぅ。徴兵制を共に進めてもらっちょったのに」

と西郷さんが切り出しました。「あげなこと」というのは第41回の時に発覚した”山城屋事件”のことですね。

明治2年、山県有朋は西郷従道と共に軍制視察のため共に欧米へ渡っていました。ドラマの中でも従道が「異国の文明を目の当たりにしてきた」と語るシーンがありましたが、この時一緒に有朋もいたということになりますね。

山県と従道は大村益次郎が暗殺された後、その考えを引き継ぎ軍隊の形を整備したり、徴兵令実行のための準備を進めてきました。その最中に、山城屋事件が発覚して失脚させられてしまったようです(苦笑)。
ということで、山県と一緒に取り組んでいた従道に負担がかかっちゃうことになって西郷が「迷惑かけたのぅ」と謝っていたわけです。

もーーー、ほんと、しょーもなかったわーーー。従道くん、ごめんね(苦笑)。

 

ちなみに、西郷は山県に参議辞職を勧告していましたが・・・実は彼の軍制改革の手腕は高く評価していたこともあり、それ以上の重い罪に問うことはありませんでした。

桐野は山県の草案した徴兵制(士族以外でも兵になれる制度)に大きな不満を持っていたこともあり、山城屋事件の折には徹底的に山県を糾弾しようとしたようですが、西郷は最後まで山県のことを断罪しようとせず庇い続けたそうです。

 

ドラマ内ではこういった内情は描かれていませんでしたが、西郷の様子を見るとあまり山県に対して不快な想いをしているようには見えませんでしたよね。
「しょーもない事件起こしちゃったけど、軍制改革にはあの人が必要だからなんとか参議クビ宣告だけで留めてあとは自分が庇うしかないな(苦笑)」といった心境だったかもw。

つまり、山県にとって西郷隆盛さんは大恩人という立場になるわけです。徴兵令も発布までこぎつけることできたしね。

 

スポンサーリンク

山県有朋の姿を確認wwできたのは、始まってから35分が過ぎたあたり。

ようやく欧米視察から戻った岩倉具視が明治天皇から叱られて凹みまくってるところへ、心の隙を突くように伊藤博文がとある料亭に岩倉を誘い出す場面です。

嫌々ながらも伊藤の強引さに負けて料亭へ行くことになった岩倉。伊藤は岩倉のテンションを上げるために「今日はぜひともお目にかけたいキレイ処をそろえております!!」と自信満々に興味を掻き立てるフレーズで畳み掛けてるww。で、岩倉さんが招かれた部屋に入ってみると・・・

女性ではなく「”男性”のキレイ処」が揃っていたというオチ(笑)。

しかも、井上と山県は不正が発覚して政府から追放されたというイワクつき(苦笑)・・・そりゃ、岩倉も嫌な予感がして逃げ出したくなりますわなww。楽しい憂さ晴らしの酒の席になりそうもないことは明白ですから(笑)。

そこを後ろのガードに回っていた伊藤さんがガッチリと抑え込んで、岩倉さんは渋々彼らの暗い飲み会に参加する羽目になってしまいましたw。

案の定まずい酒を飲まされてご機嫌斜めの岩倉。しかし、そんな気持ちにはお構いなしといわんばかりにまずは村上@山県氏が突撃www。

「このままでは、政府は土佐と肥前の思うがままになってしまいます!!!」

ついに、村上@山県有朋、登場して2話目にして言葉としての台詞デビューを果たしましたw。ちょっと情けない感じなのが面白い(笑)。

山県に後れを取るまいと同じく失脚させられた井上も「西郷参議にも見放されて岩倉様にまで見放されたら長州はどうなってしまうんでしょうか!!」と迫っていきます。この時井上さぁは酒まで注いでますなww。山県はそこまで頭が回らなかったようで、ここは井上さぁの方が少しリードかww。

とかいう問題ではなくwww。


「すべてはお前らが・・・!!!!お前らが欲に目をくらませたせいじゃないんか!???」

という木戸さぁからの至極ごもっともなキツーーーーーイお叱りを受けた山県と井上。喪黒さんの「どぉぉーーーーん!!!」並みの迫力があったわ、玉鉄くんの叱責(笑)。
まぁ、この二人が隙を見せたのが元凶ですから、木戸さぁからすれば「なんて面倒おこしやがったんだ!!」とお怒りモードになるのは当然です(苦笑)。

しかも、木戸や伊藤も使節団として欧米に渡ったはいいものの、事を成し遂げられず戻ってきてしまったこともあって政府内に居場所を失ってしまっていますからね…、なおさら二人に対する怒りも大きかったと思いますよ(汗)。


「・・・・・・・・・」と言葉を失いチンマリする二人に「自業自得や」という岩倉さんからのトドメの一言が入りました(笑)。山県さぁのガックリ度合いがホントに哀愁入ってて思わず吹いたww。

 

スポンサーリンク

で、岩倉は「こいつらの面倒なんか見切れんわ!」と言わんばかりにさっさと退散しようとしたわけですが、ここで伊藤博文さぁが決死の引き留め策に入ってきますw。俄然攻めてきたな、伊藤さぁ!

「西郷参議は勝手に政治を動かしてて、そのせいで大久保が蚊帳の外に追いやられているらしい」

と黒い噂を流すあたりが…恐いわぁ…この人!!岩倉は大久保や西郷と深くかかわってきましたから、それを聞いたら「何かあったんかいな?」と興味は惹きますよね。

そしてさらに被せてきたのが山県です。


「大久保が政府を去るっちゅう噂まであります」

この言葉を聞いた岩倉は「西郷と大久保の間に何か事件があったんか!?」みたいに目の色がキラーンと変わりましたw。まさに人の不幸は蜜の味って心境だったよな、あれはw。

それにしても山県さぁ…よもや、西郷さぁを陥れて政権復帰しようなんて罰当たりなことを考えてないだろうな!?

あなた、桐野から殺されそうになった時に西郷さんに2度も庇ってもらったでしょうが!その後も何かと罪が重くならないようにしてもらってたようだし…、そんな恩を仇で返すようなことを考えていないことを願うよ、ほんとに。

と、雰囲気がキナ臭くなったところで満を持して大久保利通がやってくる。

おおおーーー!!山県@村上さん、西郷さんに続いて大久保さんとも見事に同じ画面に入るという快挙達成ですよっ(違ww)!!

その後、長州出身者と岩倉 、大久保を交えたドス黒そうな密談が行われていったようですが、その先は秘密ってことで障子が閉められてしまいました(笑)。おそらく、「征韓論」に対する策略を練ってみんなで政権復帰を図ろう…みたいな会話が行われていたのではないかと…。

 

というところで、今回の山県@村上さんの出番は終了。今はまだ前に出てくるキャラになっていませんが、回が進むにつれて重要な場面に登場してくると思います(そうあってほしいぞw)。次回も期待!