18.11.08更新 テンプレート変更につき、スマホのメニューは下に移動しています

真田丸プレミアムトークin新潟 第一部

大河ドラマ『真田丸』関連イベントで私が初めて行ったのが、新潟市で行われた村上新悟さんゲストのプレミアムトークショーでした。その時の模様をレポしています。

※トークショー直前までの様子については以下参照↓

真田丸プレミアムトークin新潟 ep0 | ウシのあゆみ 第二章
スポンサーリンク

直江兼続役・村上新悟さん「真田丸」プレミアムトーク

2016.05.28
新潟日報メディアシップ1階広場

参加者
村上新悟さん屋敷陽太郎CP花ヶ前盛明さんNHK山崎アナ(司会)

 

第一部

ステージ袖に村上さんの姿が見えると、わぁ~~!!と色めきだった小さな歓声があちこちから湧き起ってました。上のテラスまで人がびっしりな光景にかなり驚いている様子で、ステージに上がる前から立ち見のお客さんを見上げて驚きつつもホワっとした笑顔満開でヒラヒラと手を振り続けていたのがとても印象的でしたおぉ!。あ、この方は素は柔らかくて気さくな人なんじゃないかなと、初めて生の村上さんを見た瞬間の私の第一印象です。
たしか、前日の東京イベントの時は『イメージ崩したくないからあまり笑いたくない』みたいなコメント言ってたらしいけど、なんか、めっちゃ顔の筋肉ゆるんでるやん、みたいな(笑)。それにお客さんを見上げる時の目がすごく優しげ。始まる前から私の村上さんへのイメージがうなぎ上りに上がっていきましたアップ
軽いメモと、記憶と、SNSの皆さんのレポを少し参考にさせてもらい、なるべく当日の様子が伝わるようにレポ書いていきたいと思いますが…語彙力乏しいので伝わらないかもです。そのあたりはご勘弁を。とりあえず、村上新悟さんの魅力が一人でも多くの方に伝わればいいなという気持ちで書きたいと思います。
ちなみにトークショーは三部構成で行われました。一部は歴史の先生を交えての歴史を中心としたトーク内容。二部は上越からやってきた上杉おもてなし武将隊のショー。三部はドラマの話中心のトーク内容。こんな感じで、約一時間半、とても濃い時間で楽しませてもらいました。

ステージ上はこんな感じで。向かって左から

NHKの山崎アナウンサー(司会)、屋敷陽太郎CP、村上新悟さん、神社宮司の花ヶ前盛明さん

の順で着席。村上さんは左手に真田丸のうちわ


を持って右手には何やら袋のようなものを下げつつ登壇。袖から登壇まで集まってくれた多くのお客さんに感激した様子で四方八方にお辞儀をしたりヒラヒラとうちわを持った手を振り続けてたんですが、特に上の立ち見のお客さんには膝を曲げて見上げる感じで振ってた姿がすごく印象的でしたね。とにかく笑顔がとても穏やかだった。

まずは山崎アナウンサーからそれぞれのゲストの紹介が簡単にあったあと一言挨拶。

 

屋敷さん

『真田丸』は視聴率もいいし、それぞれのキャラにファンへの思い入れが大変強い。そういう大河も珍しいです。ありがとうございます。

花ケ前さん

(山崎アナから天地人の火坂さんとの思い出を聞かれ)、とにかくお酒が好きな方でよく呼び出されましたw。

村上さん

今日はありがとうございま~す、村上新悟です。よろしくおねがいいたしま~す

 

おぉ!!あの低音美声が生で!!という感動と共に、それとは見合わないようなユルフワな調子のご挨拶w。お客さんたちもいったいどんな感じなんだろうと固唾を飲んで見守る雰囲気でしたが、低音ながらもホワっとしたご挨拶をされたので一気にその場の緊張感が緩むのを感じました。なんだあのギャップは!?と衝撃を受けたのは私だけではないかもw。村上さんの第一声の美声に山崎アナもメロメロw。そんなとき、村上さんがみんなどこから来ているのか気になったらしくて聞いてみることに。すると、階段席前方は半分以上遠征組(私も含めw)。「こんなにいるんですか!?」と村上さんマヂでびっくりしてましたw。

その流れで「一番遠いと思われる方は?」という質問があって、この時私、それなりに遠いけどまだ上には上がいるだろうと思ったし恥ずかしいこともあって手を挙げませんでしたw。すると、なんと、私と同じく讃岐から来たという方が挙手されてて、村上さんや山崎アナとは全く違った意味で衝撃を受けてた私です(笑)。近くに村上さん会いたさに飛んできた方がいらっしゃったとは…!!余談ですが、この方とはその後SNSを通じて知り合うことができました。感謝。

他には関東や関西からの方が多かったようで。新潟放送局の山崎アナは感無量といったかんじでしたね。ファンがこんなにいるということで、屋敷さんからあるエピソードが。

 

屋敷

村上さんはある記録を持っていらっしゃる。大河放送の後HPに人物インタビューがアップされるのですが、放送翌日のアクセスは多い人で1万、2万いったらほんとにすごいということになるんです。ところが、村上さんは放送後翌日一日のアクセスが8万でした!!

(拍手)

皆さん誰だろうと興味持ってアクセスしてくださったのかもですね。

村上

間違いなく「こいつ誰だろう?」的な方だと思いますwww

 

さらに話題はSNS上での村上さんの演じる直江兼続の呼び名についても言及。

 

アナ

SNSでセコムと呼ばれているそうなんですが…w

村上

そうなんです。(ちょっと戸惑いつつ)単純に御屋形様をお守りするセキュリティってことでいいんですかねぇ?

(拍手)

ありがとうございま~す(照れ)

アナ

ちなみに、今日の警備はアルソックさん…ww

屋敷

アルソックはうちでは誰でしたっけ?

村上

たしか・・・三成だったかと(笑)

 

このやり取りが、やたら可愛くてかなり笑えましたww。いやぁ、何と言いますか、村上さん本人の口から「セコム」が聞けると思いませんでしたよw。しかもちょっとハニカミ笑顔で照れながら答えてて、拍手の反応が来ると結構嬉しそうにホワっと笑うみたいな。冷徹な兼続からは想像つかなかった、あのホワっとした可愛さに私の心のボルテージがあり得ない速さで上昇していきましたww。

山崎アナ、グッジョブ!!

 

話題は『真田丸』制作のいきさつへ。

 

屋敷さんによると、12年前に三谷さんと一緒に大河ドラマ『新選組!』を創ったときの楽しさが忘れられなくて、今回また再びチャレンジしようということになったそう。地元からの後押しは?との質問には「上田市のプッシュがとにかくすごかった」と花ケ前さん談。

 

この流れで、真田についてどう思うか質問がありました。

 

村上

僕の演じる兼続像は義とか愛を細かく教えることは絶対にしない。信繁には

『お前、俺の生きざまを見てろよ!俺の生き様から学べよ!』

『御屋形様はいろいろと教えてくれるだろうけど、俺は絶対教えないからな!』

という気持ちで演じてたんですけどね(笑)

アナ

信繁についてはどう思ってますか?

村上

(ちょっとはにかみつつ一瞬の間のあと)…まぁ、可愛い奴だとは思ってますよw。でも兼続は基本表情が変わらないから何を考えてる奴か分からない感じになってるんですけど。

謙信から学んだ義の精神は兼続にとっては忠義の精神。御屋形様と全く同じ方向を向いていたらほかの国に利用されまくりだったと思うんですよね。そうならないためにも、自分は義の精神は学んでいるけど、そういう部分は御屋形様に前面に出してもらって僕はあえて矢面に立つ感じでやってます。

そういう忠義の精神を信繁が学んでくれてたらいいなと思いながら人質時代を演じたんですけどね(ハニカミ笑み)

 

これまた村上さんの口から『信繁可愛い』発言が聞けるとは!でもその前にちょっと照れた感じで一瞬詰まってたのがやたら萌えましたがな(笑)。無表情なシーンが多くて伝わっていない部分もあるかも、みたいな不安をちょっとのぞかせながらも、兼続の演技プランはすごくしっかり芯が通ってて熱心に語られてました。ますます村上@兼続が魅力的に思えましたね。

ちなみに、村上さんは終始、景勝のことを『御屋形様』と呼んでいました。こんなところも胸熱でしたね。

こういう村上さんの演じる兼続はどうですか?みたいに山崎アナが屋敷さんや花ケ前さんに尋ねたところどれも色よい返答が返ってきたので、その時はホッとしたような表情をしていました。

12話については屋敷CPによると、信繁が最初に人質として出会ったのが上杉なのでその後の影響も鑑みてとても丁寧に撮影したとの事でした。

 

春日山城の話題が出たとき、昨年末に花ケ前さんと三十郎を演じてる迫田さんが一緒に登ったというエピソードが出てきました。

それを聞いた屋敷さん、「彼(迫田さん)は誰かが止めないとずっとしゃべり続けてる人なのでさぞかしご迷惑をおかけしたんじゃ」と恐縮w。山崎アナも「話をされたんじゃなくて、とめどなく話されてたんですね?」と振るとみんな爆笑w。花ケ前さんも「そうでしたね」と答えてたんで、さぞかし迫ちゃんしゃべり続けてたんだなとwww。村上さんもこの件についてはかなりウケてました(笑)。

 

大河のセットの裏話も出ました。

山崎アナは景勝の後ろにある大きな龍の絵がとても気になっていたようで「あれはどういう意図で?」と尋ねると…

 

屋敷

あ、ごめんなさい(すごく焦った様子でw)!あれは上杉用に描いたんじゃなくて他の大河で使ってたやつの再利用でして…w。おそらく数年に一度登場してるはずです(笑)。大河ドラマって制作費用があまりなくて使いまわすこと多いんですよね(汗)。

 

めっちゃ焦りながらも正直なコメントする屋敷CPにみんな爆笑w。そのあと「美術さん的には雰囲気に合うと判断してあれを使ってると思います」とフォローしてましたw。

そういえば、どっかで見たことあると思ってたんだよね。『八重の桜』でも使ったって言ってたけど、個人的には『風林火山』でGACKT謙信シーンで使われていた印象が強いかもw。

 

この話題に気まずさを感じたのか、屋敷CP突然村上さんに「春日山城は行ったことあるんでえすか?」と質問を振ってましたw。

 

村上

2回くらい行ったことありますよ。

 

司馬遼太郎の「関ヶ原」という本の中で兼続は雨男だというくだりがあって。春日山城に行った時も米沢の上杉神社に行った時もすべて雨が降ってたんで、『ぼく、兼続なんだなぁ』と思いました(はにかみ)。

最近春日山城に行った時も、曇りだったんですが翌日大雨で(笑)確実に引っ張ってきた感はありましたねw。

低音ヴォイスながらもホワっと体験談語ってるんで、もう、聞けば聞くほどその魅力のとりこw。『僕、兼続なんだなぁ』って感慨深く語ってた時なんか少年のようですごい可愛らしさを感じてしまった。雨つながりで兼続を感じたという村上さん、これはもう、兼続役は来るべくしてきたという感じだと思いました。

あと、一人称語るとき、ご自分のことを「ぼく」とおっしゃってるのもなんか癒されましたw。

山崎アナから春日山城の感想を聞かれた村上さん、「先生は結構簡単に登れる山とおっしゃってましたけど、けっこう、かかりますよねぇ??」と戸惑い気味に尋ねてて、これがまた可愛らしかった(笑)。当時の人はあれを登ったり下りたりしてたと思うとすごいなと思うと語られると、屋敷さんは「車で行けば15分くらいで着くはず」とフォローしてましたw。

村上さんはたぶん、歩いて下から登ったんだろうなと。

 

このあと、前面にある大きな画面に愛の兜をかぶった兼続の写真が登場。

 

屋敷CPによると村上さんの兼続と『天地人』での妻夫木君の兼続では愛の兜の形が違うんだそうです。村上さんの愛の兜は「愛」の下に雲がないパターンのもの。あ、そうか、なるほどと思った次第。

その後、村上さんの兼続像についてさらに語られました。

 

アナ

今回はクールで冷徹だといわれていますが?

村上

そうですね~(この前置きがすごく多かった)、皆さん絶対的に妻夫木さんのイメージが焼き付いていると思うんですが、妻夫木さんが演じる以前の兼続はどんなイメージ持たれていたのかなと。あの時代の武将で愛や優しさを前面に出していたのかという疑問があって。人は“こういう人”と言い切れるものではないと思うので『義と愛の人』という反面の部分に着眼点を置きました。

 

調べるうちに『閻魔大王の手紙』というエピソードがあって、これだと思って今回の直江のベースにしました。国を守るためには冷徹にならないとあの時代絶対守っていけないと思っていて、そこをベースに演じています。

その演技プランについて花ケ前さんから「主人を守る意味ではそういうプランいいと思います」とお墨付きがきてホッとした笑顔浮かべていらっしゃいました。

閻魔大王の手紙エピソードを村上さんの口から直接聞けたのもうれしかったですね。私は村上@兼続を見てから直江兼続に本格的に興味持って小説読んだんですけど、そのなかにもこのエピソードが書かれてまして。それを実際村上さんから聞けるとは、なんか感無量。

山崎アナも新潟の地元でこの話はよく知られているということで、村上さんの兼続を初めて見たときは「キターーーー!!」と思ったそうですw。それに対して嬉しそうな笑顔で「ありがとうございます」とはにかんでいらっしゃったのもほんとに可愛かったです。

この流れで、あのセリフにつながる演出wがありまして。

屋敷CPが「景勝が愛を振りまいてるなか、バランスを取るため兼続は冷徹なキャラで、二言目には…」と言い出すと、にわかに客席の気持ちが一斉にざわつき始めました(笑)。あれ、屋敷さんも確信犯だったなとw。すると、その空気を感じた村上さん、これは例のやつ言わされるだろうなとソワソワしだしてて(笑)。

すると、山崎アナも「じゃあ、二言目には、の後に言っていただきましょうか」とノリノリw。もうこの時点で村上さん、早く言っちゃいたいモードなのか口がパクパクしだしてwww。それなのに屋敷さん、「二言目には」の後にさらに「兼続さんが言うセリフは…」って付け足しちゃって、タイミング取るのに必死そうな村上さんwwww。

それでも、その時が来たときには、椅子の座り方をちょっと斜めに変えたかと思ったらスッと兼続の表情になり・・・

 

「斬り捨てますか!?」

 

この後大歓声と拍手に包まれ、またすぐに素の村上さんに戻りホワホワ笑ってるw。山崎アナは「斬り捨てられたくなっちゃいますよね」とこれまたメロメロw。皆さんの笑顔をどう受け止めてますか?と聞かれると

 

村上

「斬り捨てますか!?」ですよwww???いいんですか(笑)???

 

と戸惑いながらも満面の笑顔、まんざらでもない様子w。

すると屋敷CPが、「黙れ小童よりも、斬り捨てますかを流行語大賞に推したいですね」とノリノリ。村上さんも「お願いしま~す」と乗っててめっちゃ笑えたww。なんて気さくで面白い方んだろうか。

長野に行くと『黙れ小童饅頭』とかが売り出されているらしいのでww、新潟では『斬り捨てますか』で何か商品化しないですかねぇみたいな流れにもなって。山崎アナが「新潟だと笹団子ですかね」と言い出すと、村上さんが「僕がスパっとやって、二つに切れてるやつとかどうでしょうね」とこれまたナイスな提案(笑)。会場大爆笑で、村上さんもめっちゃ楽しそうだった。

このように場が大盛り上がりしている中で、第一部が終了。

花ケ前さんは次に予定があるということで第一部で退席されたのですが、最後の一言ご挨拶の時に花ケ前さんの机に置かれていたマイク置きが下に落ちそうになったんです。それに気づいた村上さんがさりげなく机の上にそれを戻してあげてて。あぁ、そんな気遣いができるところも大人で素敵だなぁと思いました。

ステージから降りる時も立ち見の方の方まで見渡してニコニコと手を振り続けていた村上さん。ほんとに素敵で愛しい方だなぁと思いました。

 

第二部のショーのレポは次の記事で。