『NORIN TEN』PR活動 in春日山城

映画『NORIN TEN』の舞台挨拶の場は高田世界館から春日山城跡へと移ることに。
この話を聞いたのが、当日の舞台挨拶の時だったので(詳しくは前記事で)…このあと3回目の舞台挨拶を断念して帰る予定にしていた私は大いに悩みました。帰りの電車は指定席取ってたもので。でも、春日山城にいる村上さんはぜひとも見たかったし…と、もう、頭の中で大戦状態w。
で、結局、行きたいという欲望が勝利して再び春日山城へ向かうことにしたわけです(笑)。しかしながら、なんとしてもその日のうちに帰らなければと思っていたので、大阪発の終バス時刻に間に合うようにとだけは肝に銘じておきました。 まさに、ギャンブル行動。村上さん、罪なお人だ(笑)。

村上さんと稲塚監督は14時からの上映前の舞台挨拶を終えてから春日山城入りする予定になっていたので、私と、現地でお友達になったファンの方とで先に春日山城に向かうことにしました。

スポンサーリンク

映画『NORIN TEN』 PR活動

ゲスト 稲塚秀孝さん(監督) 村上新悟さん(堀口先生役)
2016.06.26(日) 於.春日山城跡


そんなわけで、また来てしまいました、謙信さんw。「おまえ、とうとう来てしまったんか!」と言われているようだった

前日に春日山城を散策していたこともあり、 お土産ショップの方や誘導係りのおじさんたちに顔を覚えられていた私は「やっぱり来ちゃったのね~」と歓迎されましたwww。村上さん目当てでこっちに来たって話で前日けっこう盛り上がったこともあり(しかもやたら遠方ww)、すごく懇意に接してくれて嬉しかったです

ちょっと遅くなりましたが、6/25に春日山城へ行ったご報告を。これ、例の上越無謀旅の一環だったんですがw、春日山城に訪れるのは大河ドラマ『天地人』放送当時に来&

ファンのお友達やお店の方たちとお話で少し盛り上がったころ、世界館での挨拶を終えた村上さんと稲塚監督が春日山城に到着!


お出迎えの軒猿さんたちがサッと跪いてて村上さん恐縮しまくり(笑)。

このあと、武将隊のイベントが始まるまでの少しの時間、軽く撮影タイムみたいになりまして。そこでもニコニコとサインや写真に応じてる村上さん、ほんと、めっちゃ良い人でした。なんか役者さんがいるっていうよりも、気のいい可愛いお兄ちゃんが皆と談笑…みたいな、非常にフレンドリーな空間がそこにありました。こんな近くに感じられるのも今だけかもなぁとその貴重な時を共有できていることに感動する私でした。

しばらくすると、上杉おもてなし武将隊の演武が始まるということで場所を春日山神社に移すことに。前日よりも武将隊の演武を見に来たお客さんが多い。その中には何者かのマスコミもいて、けっこうな盛況っぷりとなっていました。

ここから先、武将隊の演武より村上さんのレポが多めになります(汗)。
武将隊の演武レポは以下に↓。

春日山城跡をひとしきりまわってしばらくした後、上杉おもてなし武将隊の演武があるというのでせっかくなので観戦してきました。 おもてなし武将隊の皆さんは5月に村上&

写真・文章の二次使用は固くお断りします。よろしくお願いします。

村上さんと監督は一番後ろのベンチに座って観戦。たぶんこの時、自分たちがどうなるのかお二人とも全然把握してなかったと思われますw。

まず、足軽の十吾郎さんが演武の時にやる掛け声をレクチャー。「エイエイオー!」を3回言ってくださいということで練習するんですが、可愛く勝鬨ポーズを取る監督に対し、練習から熱くこぶしを挙げている村上さん。カッコいい謙信さんの演武!すぐ近くに村上さんがいたのでチラっとたまに見てみたんですが、めっちゃ真剣にご覧になってましたけっこう前のめりだったな~。そういう姿勢にも非常に好感が持てます

ひと通りの演武が大盛況のうちに終わった後、客席の中から誰か呼ばれる段取りになったのですが、その時に謙信さんの耳元で「この場にふさわしい人が来ている」と耳打ちする者が(笑)。
この様子を見た監督がボソボソっと「そういうことか…」と観念したようにつぶやいていたのを聞いてしまったwww。隣の村上さんも事の次第を把握したようで「なるほどね」みたいな空気になったんですが、まず最初に監督どうぞと促していたのがとても好印象。誰に対してもジェントルマンな村上新悟さん、やっぱり素敵な人


ということで、景勝さんと謙信さんに迎えられて前に出て行かれた監督と村上さんw。

自己紹介をということで、まずはじめに「NORIN TEN」で堀口先生役をやってます、と最初に言ってから「真田丸で直江兼続をやってます、村上新悟で~す」と、そこのところはキッチリしてる村上さんw。村上さんが挨拶しだすとお客さんが「おーーー!!」とその美声に歓声を上げていました。この時初めて村上さんをご覧になった方が多いんだと思います。
村上さんのあいさつの後、謙信さんが前月のトークショーのお礼を言うと「ご無沙汰です」と律儀にご挨拶w。さらに横にいた景勝さんにも「喜平次様、どうも」とご挨拶。たぶん前日の飲み会では景勝さんいたんじゃないかなw?御屋形様は不参加だったようだけどw。


「午前中は天気良かったんですけど、直江兼続は雨男だって説があるんで…今日この後降らなければいいなと思ってるんですが」と、雨男・兼続が降りてる村上さんは怪しくなってきた天候をやたらと気にしてました(笑)。
それに対して「安心いたせ、雨男が揃ってもまだ天気が持ってるのは監督様のお力のおかげやもしれぬ」となだめる謙信さんなのでした
監督はちょっとボヤいたわりにはけっこう熱くノリノリで『NORIN TEN』をPRされてましたw。

で、そのあと謙信さんから村上さんもぜひPRをということで話を振られたんですが…

「今、監督が仰ったような映画です」と完結説明wwww。

「僕の師匠が主役やってる映画なんで。さすが仲代達矢だなと想いながら映画見てました。ぜひ世界館へ足を運んでください」と、そのあと真面目にコメントされたんですが、村上さんの見どころを聞かれると…「カツラをかぶっていないところですかね」と予想外のコメント言い出してみんな爆笑www。村上さん、天然なのか狙ってるのか分からない面白さ

でもそのあとちゃんと堀口先生についてもアピール。
「権次郎が育種家を目指すきっかけを与える先生の役をやってますんで。出番としてはそんなにないんですけど、僕が居なければたぶん権次郎はいないし、権次郎が居なければ世界に小麦も広がらなかったと思うんで」
それに対し、謙信さんが「注目すべき役ということで」と振ると「もちろんです!!」と即答してたのがまた可愛かったですw
そのあと、「真田丸」のことにもちょこっと触れましたが、今回はあくまで、「NORIN TEN」のPRということで控えめな宣伝にとどまりました(笑)。

映画PR のひと仕事を終えて戻ろうとする稲塚監督と村上さんでしたが、「本番はこれからじゃ!」という謙信さんの声に再び連れ戻されてました(笑)。そう、勝鬨あげる役目がお二人には残っていたんです


勝鬨用に用意された陣羽織が出てきて、「着ちゃっていいんですかね、僕??」と恐縮しながら着せられる村上さんw。どこまでも謙虚。村上さんの着替えを手伝ってた十吾郎さん、なんだかやたら嬉しそうだったよww。ちなみにこの陣羽織、ちゃんと後ろに直江の紋がついてます。


着替え後の、村上@兼続!!カッコよかった~
この後、監督と一緒に勝鬨を挙げられてたんですが、めっちゃ気合入った「エイ、エイ、オーー!!」でしたよ。あの時もちょっと兼続が降りてきてたらしいです。何事も一生懸命まっすぐな村上新悟さんはやっぱり素敵な人


勝鬨の音頭をとったお礼ということで、非売品の武将隊バッジをもらって嬉しそうな村上さん、可愛い!!

その後、謙信像の前で報道陣に囲まれて取材に答える村上さんと稲塚監督。ちょこっと漏れ聞こえてきましたが、『NORIN TEN』よりかは『真田丸』に関する質問が多かったような気がします。春日山城にいるし、それは仕方ないかな。けっこうな時間質問に答えてましたが、ネットに上がった記事見ると詳しくレポートしてくれたのは上越ジャーナルさんだけだった。ケーブルテレビのほうもあっという間に終わったらしいです


最後に二人で記念撮影を行った後、下での取材終了。
その後、取材陣とお二人は車に乗り込んで春日山城の上の方に向かわれました。車に乗り込まれるとき、たぶんこれが村上さんに会える最後だと思った私は「頑張ってください!」と声をかけてしまったんですけど、「ありがとうございまーーす」と最後までこちらに手を振りながら答えてくれて大感激いたしました

ちなみに、この時の上杉おもてなし武将隊フューチャリング村上さん&稲塚監督の様子が動画サイトにアップされたようです。詳しくはそちらをチェックしてみた方が私の文章より分かりやすいと思いますのでぜひ。

と、いうことで、私はもうここで無念のタイムアップ
本当は、村上さんが下山するまで待ちたかったんですが(本音言うと一緒に登りたかった←登った方もいらしたので)、これ以上春日山城に留まると、大阪で野宿することになってしまうことになるのでw泣く泣く断念。本土に住んでたらもう少しいられたのに~~と思うと、ほんと、後ろ髪惹かれる思いでしたが…タクシー呼んでもらって私だけ先に帰路につきました。
聞くところによると、私が帰った後も交流の時間があったようで。それだけちょっと心残りでしたがw、それ以上望んだらバチ当たるなと思って収めることにしました

帰りタクシーに乗り込んだ後、春日山の皆さんがお見送りしてくれて嬉しかったです皆さん、本当にお世話になりました。ありがとうございました

以上、長くなりましたが、上越・村上新悟さんに会いに行く旅レポ終了です。
行きは10時間半、帰りは9時間、合計約19時間の旅でしたが、本当に行けてよかったです。たぶんこの先ないであろうような体験をさせていただきました。この旅で、本当にますます村上さんのこと好きになっちゃったよ。本当に愛にあふれた素敵な可愛い面白い方でした。ほんと、会えてよかったです
このつたないレポで少しでも村上さんの魅力を感じていただければ幸いです。

この旅で出会い、仲よくしてくださった皆さん、本当にありがとうございました