【ラジオ】眠れない貴女へ 村上新悟さんゲスト

この番組は日曜日の深夜にゆったりした雰囲気で放送されています。疲れた心にリラックスをというのがテーマにあるそうで、「女子会に参加している気分」になれる主に女性をターゲットにした番組との事。基本的に生放送ですが、「男の本音」というコーナーだけが収録という形になっています。

ちなみに、パーソナリティは奥野史子さん。あの、オリンピックメダリストで朝原選手の奥様の奥野さんですよ。落ち着いたトーンの声で番組内容にすごくマッチしてて…この時初めて聴いたのですが新たな才能にちょっとビックリしました。

スポンサーリンク

NHK-FM  眠れない貴女へ「男の本音」

コーナーゲスト:村上新悟
2017年1月22日放送

ちょっとお疲れの貴女に上質な音楽とトークでリラックス&エナジーチャージを。居ながらにして深夜の女子会に参加しているような気分になれる、女性のための番組です。淑女の皆さん、誰にもある心の秘密をそっと打ち明けてみませんか?人生を彩ってきた音楽とエピソードも募集しています。そして、紳士の皆さんもどうぞ番組にご参加ください!お...

流れた楽曲

「粉雪」(レミオロメン)、「惑星タイマー」(福耳)、「ハッピー・ゴー・ラッキー」 (大貫妙子)、「ロマンスの神様」(広瀬香美)、「この素晴らしき世界」 (ルイ・アームストロング)、「スコール」 (福山雅治)、「レッツ・ステイ・トゥゲザー」 (アル・グリーン)、「おかあさん」 (矢野顕子)、「かぞえうた」 (ミスター・チルドレン)、「ダッタン人の踊り」 ボロディン作曲、「音楽のある風景」 (ハルカ・ナカムラ)

トーク

村上さんが新しい事務所(高岡事務所)さんに所属してからけっこうすぐのご出演で。SNSにラジオ収録している模様が流れてきたりでこの放送の日が来るのを楽しみにしていました。

が、日曜の深夜枠の番組ということで…録音だけしてリアルタイムで聴けなかったという・・・ね。深夜に聴くからこその番組だったと思うんですがw、後日明るい時間に聴きました(笑)。村上さん、すみません。でも、明るい時間に聴くとなんかすぐに夜がやってきそうな…そんな気持ちにさせられましたよw。

コーナー冒頭で「こんばんは、村上新悟です」と挨拶する村上さんの第一声、あぁ、これ、やっぱ深夜向きって思いました。夜が似合う声っていうのかなぁ。パーソナリティの奥野さんは第一声の自己紹介だけでもキュンとするって言ってましたねw。ひと通り奥野さんによる村上さんの経歴紹介の後、各テーマについてのトーク(生で奥野さんが振って、録音の村上さん音声が答えるみたいな感じ)が始まりました。

真田丸を振り返っての現在(2017年1月現在)の心境は?

5作連続の中で過去4作品はスポット的な出番だったと前置きしたうえで、真田丸で直江兼続を演じた感想を感慨深く語ってましたね。

「1年間を通して一つの役を約30年間演じられたことで、直江兼続の成長と共に村上新悟も役者としてともに成長できたと思います」

というコメントが印象深かったです。私たちはあのドラマの中で直江兼続の成長とともに役者・村上新悟の進化も目撃することができたわけですからね。最初に登場した時から「この人は!」って目をつけて追ってきて本当によかったなって思います。

村上さん的直江兼続の分析は

「すぐに斬り捨てますかとか言っちゃう冷徹な武将として描かれていたけれど、根底にあるのは御屋形様を支え、上杉家の義や愛の精神」

とのこと。でも脚本上は無表情キャラだったので『天地人』とは違う直江を演じることに挑んだけれど周りが受け止めてくれるかとても不安だったと。これは色んなところで話してますよね。

「蓋をあけてみたら皆さんすごく温かい目で見ていただけたので本当によかったなと思っています」

とはにかみながら(フフって笑いがあったのでたぶんはにかんでたw)語っていたのが可愛かった笑う。温かい目どころか、みんな激熱な目で見てたような気がしますよ(私も含めてww)。

遠藤憲一さんとの印象に残ったエピソードは?

御屋形様は何を言い出すか分からないので、監視するようにどう出るのかずっと御屋形様を見る芝居を最初の頃していたという村上さん。だけど、見ていようにもエンケンさんが忙しくてほとんどリハに出てこれず打ち合わせも少なかったということなので

「何を言い出すか分からない御屋形様にヒヤヒヤしている兼続と、遠藤さんがどう出てくるんだろうってドキドキしている村上新悟が上手くリンクしてより良い主従関係が築けたんじゃないかなと思いますけどねw」

と村上さん。そういう意味ではリハーサルができなかったことが逆に良い効果を生んだって話してました。村上さんの現場での緊張感がドラマの中の兼続のリアルな表情に出ていたってことですね。こういうことも、芝居の神様からの贈り物だったんじゃないかなって私は思います。

挑発的な直江状が話題になりましたが、声の芝居については?

声に関しては実感込めて「これが難しいんですよ」と村上さん。姿が見えない分、より明確に話さなければいけないし、より繊細に感情を乗せなければいけないし・・・としたうえで、一番難しいのは「間」だと言ってましたね。あぁ、たしかに!声だけだと「間」の取り方によって受け取り手の感じ方が変わることってありますね。実際にちょっと長めの「間」をラジオで実践するチャレンジャーなシンゴムラカミには笑いましたがwww

「何が起きているのか分からないと思われないような間ができるようになれればいいと思うんですけど」

って話してましたね。こういうのは落語を聞いて研究するっていうのもありかもしれないなと思いました。

声については真田丸で共演した声優の高木渉さんともよく話しているのだそう。高木さんは声優さんなので逆に映像での振る舞い方の難しさを実感されたのだそうです。今後映像の仕事も増えそうですものね。

役者を続ける原動力は?

一番聞いてみたかったのがこのテーマでした。質問考えてくれた方、ありがとうございます。村上さんっていつもインタビューなどで「ファンの皆さんのためにも」ってずっと言ってくれてすごく嬉しいんだけど、役者を続けることについての村上さん自身の考えとかあまり聞いたことがなかったのですごく気になっていたんです。

それに関してまず出てきたのが無名塾の教え。無名塾では技術的なことよりも「役者とは、人間とは何か」という精神論的なものを叩き込まれていたそう。「生きるために食べるのか、食べるために生きるのか?」・・・うーん、これはかなりヘヴィな問いですね。村上さん曰く、手元に1800円あったら、そのお金でいいものを食べるのか…それとも勉強のために映画を観に行くのかみたいな、そういう役者としての覚悟みたいなものを常に問われていたとのこと。無名塾ってそういう役者として生きる上での覚悟を深く常に問いかけるような場でもあったんだなと思いました。そういう場所で14年間生きてきた村上さん、だからここまで役者を続けてこれたんだろうなと…。

「役者を続けている理由として、人間とは何かという答えを知りたいことがあって。それを自分で見つけたいんですよね。俳優は色んな人の人生を疑似体験できるので、色んな物を吸収して最終的に人間とは何かという自分なりの答えを見つけていきたいなっていうのが僕の根底にあります」

あ~~~、そうなのか、村上さん!!これはすごく良い話を聴けたなって思いました。役者についてどう思っているんだろうってずっと気になっていたんですが、村上さんの中にはすごく深い哲学的な追求するべき意味がちゃんとあったんだなって知れただけでも嬉しかったです。そういうのってたぶん、役者を続ければ続けるだけ追求したくなるということだろうから、この先もずっと続けていくよねって思ったらなんかホッとしたっていう部分もありましたね。村上さんにとって無名塾での年月は必要不可欠な時間だったんだなって改めて思いました。

素敵だなと思う女性は?

前の哲学的な話に続いてはライトな質問きましたww。「一つの目標に向けて頑張っている女性」に惹かれると言った後、

「街中とかをさっそうと歩いている女性なんかカッコいいなと思うんです」

と頬の筋肉が緩みながら話している姿が目に浮かぶ感じで語りだす村上さんww。さらに

「仕草はベタですけど髪をかき上げる女性なんかいいなって思います」

とデレモード突入でコメントしてましたwww。髪をかきあげるっていったら、今は芸人の平野ノラが真っ先に浮かんじゃったんだけどwwああいうバブル期みたいな女性とかってどうなんですかね、新悟くんww。

休みの日にしていることは?

これは「たまったテレビ録画を見たり映画見たり、普段できないことを一気に」やってるらしいので休んでる感覚がないそうです(笑)。で、ひとしきりあげた後「あと何があったかなぁ…」とちょっと考えた末に…

「あ、料理得意なんで、ぼくww」

と料理上手アピール発言きましたwww。もうお約束みたいになってきたな、これDocomo_kao8。律儀にまたスタパでの目玉焼き失敗談を語った後w

「から揚げも下味つけて普通に作るんで、信じてくださいねww」

もう、言いながら本人も笑っちゃってるじゃないか笑う。雪まつりの時もめっちゃ強調してたし、もう暫くこれついて回りそうだねw。改めてあのスタパは神が降りてきてたと思っちゃうよ。

週末の夜に聴きたいお勧めの一曲

番組的にコーナーの最後にゲストが選んだ一曲を流すということで。村上さんが選んだのは大好きな尾崎やTMNではなく・・・

「福山雅治さんの『Squall(スコール)』」

でした。村上さんがカラオケでよく歌ってるらしいんですが、声が声だけにレパートリーが限られちゃうって言ってたのはちょっと笑いましたw。福山雅治が一番歌いやすいそうですよ。♪ちょっと大きなあなたのシャツ 通した袖をつまんでいた♪っていう歌詞の部分がお気に入りらしいですよ(ニマニマしながら語ってるのが目に浮かぶ話しっぷりww)

この曲は女性目線ということで、村上さん的には女性目線の歌が好きなんだとか。福山さんの声は深夜の時間に気持ちよく眠りにつけそうだと思ったってことでこれを選曲したそうで

「それでは聴いてください・・・福山雅治さんで・・・『Squall』」

って、最後の曲紹介の時の声!!これ、明らかに深夜を意識して作った声ですよww。リアルタイムで聴いた人たちはSNSで阿鼻叫喚だったようですし(笑)。

最後に奥野さんが「甘い感じの村上さんの役柄も見てみたい」って感想言ってましたねw。うん、そういう役も見てみたいよ!まぁ、あの最後の声聞いたらそう思っちゃうよねw。

最後の最後に多くの人を骨抜き状態にした村上新悟さんの深夜のラジオ出演はこれで終了。なかなか興味深い話も聞けたのでよかったです。村上さんってけっこうラジオの喋りとか慣れてきた?不定期みたいな番組持つのも将来的にありかもしれないなと思いました。

以上、「男の本音」ゲスト部分のレポでした。

★ランキング参加中。気が向いたらクリックしていただけると嬉しいです★
にほんブログ村 芸能ブログ 男性芸能人・タレントへ

シェアする

フォローする

スポンサーリンク