18.11.08更新 テンプレート変更につき、スマホのメニューは下に移動しています

【ラジオ】nama・sute 公開生放送 村上新悟さんゲスト -2-

※こちらの記事は その1 からの続きになります。

【ラジオ】nama・sute 公開生放送 村上新悟さんゲスト -1-
昨年の12月、村上さんのお誕生日当日に新潟の妙高にあるラジオ局「FMみょうこう」さん主催で公開生放送イベントがあったので、今年も似たようなことがあるのではないかとそのあたりの日にちを実は空けていました(笑)。 ※昨年12月のイベントの...

 

スポンサーリンク

FM上越×FMみょうこう×フルサット
第3回『nama・sute』 -2-

2017年12月22日(金)15:00~17:00  (FM上越・FMみょうこう同時生放送)

上越妙高駅西口フルサット 上越妙高サテライトスタジオ (新潟県)

FURUSATTO - フルサット - | 北陸新幹線で上越妙高駅下車 FURUSATTO - フルサット -
北陸新幹線で上越妙高駅下車 FURUSATTO - フルサット -

ゲスト:村上新悟

パーソナリティ:熊田唯志(FM-J)・鶴見幸恵(FMみょうこう)

 

12月10日誕生日について

曲が終わってから最初の話題が、12月10日の村上さんの誕生日について。これを振られると

「43になりましたねぇ~。(惑う事のない?と聞かれると)迷いっぱなしですよ、いろんなことに(苦笑)」

と控えめな回答。昨年はFMみょうこうの1周年記念で生誕祭が行われたという話題になり、FMみょうこうの菊谷さんからは「押すな押すなの大盛況だった」と聞いたと熊田さん。


ちなみに、この日の菊谷さんは音声には参加せずカンペボードを出したりといった黒子に徹しておりました。久しぶりにお会いしましたが、やっぱり若い…!!実年齢より確実に若く見えますよ。羨ましいw。

妙高市のイベントはあれが初めてだったかと聞かれると「高田世界館の舞台挨拶以降は初めてでしたね」と村上さん。世界館のは…あれはもう、イベントと呼んでもいいサービスっぷりだったからねぇ。
(1周年イベントは)妙高市役所の中で行われたんですよね」と熊田さんが振ると「そうでしたっけ」と失念していた様子の新悟くん。これにツッコミ入れられると…

「違うんですよ!!緊張してたんですw」

と笑いながらまたもやムキになって否定してたのが面白かった(笑)。


「昨年はありがたいことにたくさん集まっていただいたんですが、今年の誕生日は早朝に撮影があったので、結果、夜一人ぼっちで刺身買ってきて…ホントに一人ぼっちで家に居ましたからね(苦笑)」

とやたら「一人ぼっち」を強調する新悟くん😅。でも、それまでの「一人ぼっち」とは気持ち的には全然違ったと思うよ~。当日はSNSがお祝いツイートなどで溢れていたし、ドラマの仕事入ってたって言いますから。事務所にたくさんプレゼントも届いたようですしね😊。
「来年はどうなるのかな?」と聞かれると「どうなるんですかねぇ・・・、ちょっとまだ当分先のことですけど」と笑ってましたw。そりゃそうだww。

直江兼続について

村上さんといえば、昨年の大河ドラマ『真田丸』の直江兼続役を外すことはできませんってことでw、直江兼続がめちゃめちゃカッコよかったと力説する熊田さん。「大河は連続して出演していたんですよね?」と聞かれると「そうですねぇ、真田丸まで4年連続で出演させていただいていたんですけど」と村上さん。直江兼続について聞かれると

「当時は役作りのために色々勉強して想いが詰まっていたんですけど、一年経ったらもうそれが自分の一部になってしまったので」

と、演じていた当初とは気持ちの変化が出たことを語る村上さん。前を向いて役者道走ってることを改めて感じさせてくれて嬉しかった。直江兼続は村上さんの心の中で生き続ける存在ってことですから、それを抱きしめたまま進んでるっていう意味ですものね。


「ちょうど12月19日が直江兼続公の旧暦の命日なので、本当は今年も行きたかったんですけど・・・ラジオドラマが入ってたので・・・(ここで菊谷さんが超苦笑いwww)19日にこっちに来なければならなかったんですよねw。やっぱり特別な想いは今でも持ってますよ」

と熱く語ってました。

面堂磨郎左衛門について

そしてついに出ました、ドラマ『大江戸ロボコン』での面堂磨郎左衛門役のことが!!

【ドラマ】大江戸ロボコン 第1話
今年はロボコンが誕生してから30年という節目を迎えた年、という事で、様々なロボコン企画番組がこれまで放送されてきました。村上新悟さんも小山高専出身という経歴からロボコン応援団に抜擢され、紹介番組やナレーションなどで活躍。 その集大成として...

「あれ、すごかったですよねぇ~」と熊田さんに振られると、

「ご覧になってない方は全く分からない話になってしまいますけど(苦笑)、江戸時代のからくり人形師の役やったんですけど・・・白塗りでロン毛で、奇妙な動きをするキャラクターだったんですけどねw」

と丁寧に見ていない人のために説明する新悟くん、こういうところの気遣いがいいよね~😊。で、役作りに関して。

「直江兼続公のイメージが僕に相当ついていると思ってて。それを一度全部壊したかったので今回の大江戸ロボコンの役はうってつけだなと、振り切れるまでやってやろうって感じでやったつもりなんですけどね」

あの振り切れっぷりはやはりそういう想いがあったんだなと納得。ビックリするくらいのぶっ壊れっぷりだったのでww、あれはこれまでついていたイメージを一度壊したかったんだろうなと思って見ていました。こういう話が聞けるのは嬉しい😀。
熊田さんから「いやぁ~、振り切れてましたよぉ!!」と感心されると笑ってましたww。

で、熊田さん的に一番びっくりしたのがからくり試合の時に村上さんが装着していた西洋ロボット。村上さん曰く「スケルニクス」と言うらしい。


※↑こういうやつですww。

「僕が背負ったやつは、動作を補助してくれるわけでもなくて自分で動かさなければいけないんで、逆に、すぐやられちゃいそうなんですよねww、倒れたら起き上がれないしww」

うん、確かにそう思った😂www。このコメントは私も笑いましたw。あれがどのくらいの重さがあるのかと聞かれると「40キロくらいですね」と回答。Rの法則のときにも言ってましたね。
すると熊田さんが「鶴見さんを背負ってやるくらいですかねw」とイジワルツッコミすると、「もっと重いですよぉ」と謙遜ww。それに対して「いや、もっと軽いでしょう~」と意地悪くツッコミに参加してた新悟くんww。「すみません、嘘つきました」と最後は正直に白状ww。コラっっwwww!!!まぁ、親しい間柄だからできる会話ですね、これは😁。

「4回連続で見ていると憎めなくなっていくんだよね」と熊田さん。それは私も全く同じこと感じました。敵役なんだけど、なんか本当に可愛らしさもあったり素直なところもあったりで全然憎めなかったんですよ。すると、


「基本的に厭らしいキャラクターにしたくなかったんですよ。どこかしら可愛らしい部分を残したかったので、ああいう作りにしたんですけど。からくり人形師同士の争いというよりも、チームからくり人形師vs幕府という流れに持っていきたかったので・・・なるべく、実はからくり人形師たちは尊敬しあっているという部分を残しておきたかったんですよね」

とコメント。なるほど!!あの憎めない磨郎ちゃんの理由が村上さんの役作りの話で腑に落ちた気がしました。なかなか貴重なコメントでしたね。すごく色々考えてのあのキャラだったんだなと思うと、なんだかますます愛しく思えてしまいます。

役者になったきっかけ

ロボコン繋がりで、村上さんが高専出身という話題になりました。もしかしたらそのまま就職していたかもしれない中で、なぜ俳優という道を選ばれたのかと質問されると

「きっかけは・・・大学の編入試験に失敗したことですね(笑)」

と笑ってる新悟くん。でもこれ、実はちょっと切ない裏話があったりするんですよね。

※その時のお話は小山での講演会の時にしてました↓

第39回人権講演会 村上新悟さん講師「役者は生涯修行」-3-
※こちらの記事は その1 その2 からの続きになります。 第39回人権講演会 「役者は生涯修行」 2017年8月21日(月)12時30分開場 13時開演 於.小山市立文化センター大ホール 講師:村上新...

別の道もあったのでは?と聞かれると

「僕の幼馴染が映画監督目指してて、その時にやることなくなっちゃったんで”おまえの映画に主演で出てやるよ”なんて調子乗ったこと言ったら、じゃあ仲代達矢がやってる無名塾ってところで行けって言われて。それが役者を始めるきっかけですね」

と。この幼馴染さんは小山での講演会の時に映像出演されましたが、現在は番組製作会社の社長として頑張っていらっしゃるようで村上さんとは今もいい関係が続いているそうです。

仲代さんはどんな人かと聞かれると

「まず自分に厳しいですからねぇ。それを見せられてしまうと僕らも頑張らなきゃっていう・・・。本当に偉大な俳優さんだと思います」

と熱い思いを語ってくれました。「14年の蓄積が今まさに花開いてるってことですね」としみじみ熊田さんに振られたら「開いているんですかねぇ・・・まだまだこれからですけど」と戸惑いを見せる村上さん。村上さんも自分に厳しいですからこういう回答になるんだと思います。そんな謙虚なところも人間性が出ていますよね☺。だからこちらも応援したくなるわけです。無名塾での経験は大きなバックボーンになっていると締めくくってました。

質問コーナー 大江戸ロボコン編

Q.「おむ」は何が由来なのでしょうか?

この質問が来たとき、笑顔で「おむ」を連発しまくってて思わず吹いてしまったwww。素の新悟くんの顔で「おむ」「おむ」言ってるのがシュールというか・・・面白すぎてwww😂。


「台本に書いてあったからですwww。一応、台本通りにやってますよ(笑)」

とのことwww。色々熊田さんたちと分析もしてましたが、「まぁ、”うむ”なんでしょうけど…彼のキャラクターは”おむ”なんですよね」ということで落ち着きました(笑)。
ちなみに、他に「はむ」っていうのもあったらしいですwwww。カットになったそうですが
「はむぅ!??」←実践してくれるwww
っていうのもやったそう(笑)。その時の磨郎ちゃん見たかったよぉぉ😂😂。そういえば、キョンシーみたいなのやってる写真もあったんですがあれも出なかったんですよねw。ここはひとつ、ノーカット版の円盤を出していただけないものだろうかw。

Q.座ったまま真後ろに倒れる場面がありましたが、体が柔らかくなるようなスポーツをした経験とかあるんですか?

これ、私が質問したやつ採用していただいちゃいました😁。いやだって・・・


このシーン、めっちゃビビったんですものwwww。

これに対しては


「僕、足がおかしいのか分からないんですけど、正座や胡坐が苦手なんですよ。ただ、女の子座りが得意なんですよww」

と、言いながらちょっと足を「ハの字」に開いて実践して解説くれるシンゴムラカミww。つまり

「あのシーンは女の子座りをして後ろに反っていったっていうだけなんですけど。あの態勢キープするのがものすごく大変で、あの動きを取り入れてしまったことを後で後悔しましたけどね(笑)」

なんと!!あの反りも村上さん提案のものだったのか!!こりゃビックリだ(笑)。なぜか女の子すわりが得意という奇妙な情報もゲットできたのでww聞いてよかったなと思いました😁。特にスポーツとかやった影響っていうのじゃなさそうだったなw。だとしたら、かなりすごい身体能力を持っているんじゃないか!?と逆にさらにビックリした私ですw。

Q.アドリブは入れたりしてたんですか?

これに対して、「動きはほとんど自分で考えてやってるんで、妙な動きたくさんしているんですけど」と村上さん。基本的に、あの磨郎の動きはほぼシンゴムラカミ発案だったことが判明😳。それ採用されまくったのすごいよね~!しかし、

「アドリブ、けっこう入れたんですけど・・・8割カットになってましたねww、残念なことに(笑)」

えぇ!??勿体ない!!!やっぱり完全版を出していただきたい(笑)。
これに対して熊田さんが笑いながら「それでも十分破天荒なキャラを演じてましたよね」と。さらに「最初は中性的な…そういうキャラっぽかったですね」と振ると「まぁ・・・ねぇ」と笑ってごまかす新悟くんww。

Q.裏設定とかはあったんですか?

この質問はパーソナリティの鶴見さんから。それに対しては


「裏設定は特に考えなかったですね。もうね、台本読んだ段階ですでにオカシイんですよww。それを憎まれないようにどうやってやるかってことだけ考えましたね」

とのこと。それって、かなり難易度高かったんじゃないか!?よくぞあのキャラ創り上げてくれたわ~!と心の中で拍手した私ですw。途中でオカマちっくになったり、子供みたいに喜んだり・・・っていうのは全て村上さんの演技プランから出たものだそうです。

質問コーナー FMみょうこうラジオドラマ編

Q.ラジオドラマで「龍」を演じるにあたってどんなことを考えたり感じたりしましたか?

謎の声として最初は要所要所に登場していましたが、第4回放送分で「龍」だったことが判明したんですよね。これに関しては「神様的存在なので立ち位置が難しいんですよねぇ」とかなり苦戦したことを告白する村上さん。

「最初僕、全6話くらいだって聞いてたので6話の中で変化させていければいいかなと思っていたんですけど、最近になって全12話くらいになるって聞いてwww倍ですからね(笑)。台本が直前上がってくるので、その先が分からないからどこまでやっていいか分からないからすごく悩むんですよ。収録するときも直前で台詞変えたりしてるんで・・・なかなか難しい役ですねぇ」

と。いやこれ、相当役作りとか大変そうだわ😅。横にいた菊谷さんがもう苦笑いしっぱなし(台本携わっていらっしゃるのでww)


「最初のころは『ドラゴンボール』の神龍(シェンロン)みたいなイメージで行こうと思ってたんですけど、今後どうなっていくのかは、台本次第ですね」

とさりげな~く菊谷さんにプレッシャーをかけまくるシンゴムラカミwww。この時の菊谷さんとのアイコンタクトしてる姿が面白かったw(写真撮り損ねたけど😅)

ラジオドラマに関しては、熊田さんが「全国を相手にしてる村上さんがコミュニティラジオの為に出演してくださってるんですよ。気持ちがあって来てくれてるんですよね?」みたいに聞かれると・・・

「いや、まぁ・・・上越市には僕お世話になってますから、恩返ししたいなという想いがありまして、引き受けさせていただきました」

と真摯なお答え。それに対して菊谷さん以下、村上さんに頭を下げて感謝しまくってました(笑)。でも、村上さんってそういう人だよね。人情深いというか…そういう感謝の気持ちをすごく素直に表現する人です。だから皆を惹き寄せるんじゃないかな😊。

収録は来年の7月くらいまで続く予定という事ですが、それに対して「鶴ちゃん(鶴見さんのことw)、それ、12話で本当に終わるのかなぁ!?」と不安げにツッコミいれる新悟くんwww。対して鶴見さんが「私にもわからない…」と発言すると笑うしかないシンゴムラカミww。なにげにそのあたりは不安に思ってることも確かみたいなので、そこのところはちゃんとした計画を立ててあげてほしいなと思いました。

収録に参加するメンバーについては「菊谷さんが連れてこられる皆さんがみんな良い声なんですよ!だから逆に困っちゃってるんですよね」と力説する村上さん。イケボと世を騒がす村上さんにこう言わしめるとは、武将隊の皆さんや他の声優さん、嬉しいんじゃないですか😊。たしかに謙信さんはよく通るすごく良い声してますものね。
「声だけでやるっていうのは難しいんですよね」
としみじみ語ってた村上さんが印象的でした。

質問コーナー 上越妙高編

Q.新潟の上越妙高についての印象は?

この質問に関して、出てきたのが・・・

「僕が来ると、まずだいたい100%雪なんですがw、なぜかこの3日間、晴天なんですよねぇ」

と(笑)。いつもツッコミ入れられる天気ネタを自ら語りだすシンゴムラカミwww。村上さんといえば雨男伝説が色濃くついてしまいましたから(笑)、今回ずっと晴れていたっていうのはけっこう奇跡的だった気がします😂。

「ビックリしてるんですけど、珍しいんですかね?やっぱり」

と本人もいつもと違う天候に戸惑っている様子ww。「珍しいんですよね」と熊田さんがシミジミ語った後「晴れ男なんですか?」と質問してみると


「実は僕、晴れ男なんですよっ!!」

超ドヤ顔のシンゴムラカミに思わず吹いたwww。これをすごく言いたかったらしい(笑)。いつも「雨男」でイジられてたからね😅。

選曲その2 アニメ『ルパン三世のテーマ』

これを選んだ理由というのが「僕、こういうカッコいい男になりたいな」っていう願望があったからとのこと。


『シティーハンター』の冴羽獠は以前でてきましたが、なんと今回はルパン三世が登場。ルパンにも憧れてたのねぇ~!なんだかすごく嬉しそうに紹介していたのが印象的でした。

この曲の後、少しインターバルがあって次の準備へ。


前髪が気になるのか、盛んにかきあげてて可愛かったです😊。

ということで、その3に続きます・・・!