【ドラマ】よるドラ『伝説のお母さん』最終話感想

村上新悟さんレギュラー出演だった『伝説のお母さん』もついに最終回。後半はちょっとテンション落ちた感じで見てましたがw、全体的には楽しいドラマだったと思います。

最終回のテーマとしては、夫婦で協力し合って子育てをすることができるのか?というところだったのかなぁと。ドラマ全体としてはメイの奮闘記みたいに描かれてましたが、個人的には夫であるモブくんの成長物語といった色合いが濃かったなぁと思います。
そういう意味では玉置玲央くんの演じ方がとても魅力的でした。

余談になりますが、玉置君は間宮祥太朗くんの役者人生に大きな影響を与えてくれた役者さんということで、以前から注目していました。舞台で活躍する印象がこれまでは強かったけど、今後はテレビドラマで見かける機会も増えてくるかもしれませんね。楽しみにしています。

以下、ネタバレありの感想です。

スポンサーリンク

よるドラ『伝説のお母さん』第8話最終回「ろーど しますか?」

2020年03月21日(土)23時30分~24時00分(NHK総合)

主な出演者

  • メイ:前田敦子
  • モブ:玉置玲央
  • カトウ:井之脇海
  • マサムネ:大東駿介
  • ベラ:MEGUMI
  • ポコ:片山友希
  • クウカイ:前原瑞樹
  • 側近:村上新悟
  • 国王:大倉孝二
  • 魔王:大地真央

あらすじと感想

最終回のあらすじは以下の通り。

魔王(大地真央)との最終決戦を前にメイ(前田敦子)はパーティから外され、カトウ(井之脇海)は納得いかない。ベラ(MEGUMI)たちに詰め寄るカトウだったが、メイは赤ちゃんを連れてカトウの家を訪ねていると聞かされ、驚く。カトウの家で意外な人物と出会ったメイは、夫・モブ(玉置玲央)の元に戻る決心をする。

一方、メイがいない間に、魔王との決戦に臨んだベラたちだが、なすすべもなく敗北寸前まで追い詰められる。魔王がとどめを刺そうとする寸前、メイが救出に駆けつける。しかし、今の魔王はメイたちの想像を超える恐ろしい力を身につけており、仲間たちは次々と倒され、メイも窮地に陥る・・・。

<公式HPより引用>

スポンサーリンク

伝説のパーティからも外され、モブの言葉にもショックを受けたメイは行き場を失ってしまった。
その事実を知ったカトウは憤りを隠せないようでしたが、ベラは「絶対歓迎してくれる場所」をメイに紹介したという。その場所とは…なんと、カトウくんの実家(笑)。それを聞いてめっちゃテンション上がって追いかけてっちゃったよww。メイに片想いしてるカトウくんにとっては朗報だよな。

ポコとクウカイは「一つ屋根の下でそんな~!!」とめっちゃ興奮してましたが(っていうか、期待してる感じだったなww)、ベラから加藤の実家の家族は面倒くさい人が多いという話を聞くとガッカリ(笑)。昼ドラな展開を期待しちゃってたのね、みんなww。

ベラの言う通り、カトウくんのお母さんはメイとモブが微妙な関係であることを知って「うちの息子どう?」みたいに迫ってて息子を困惑させていました(笑)。

一方のベラ、ポコ、クウカイは魔王の宿泊先を襲撃する計画を実行。ところが、いざ寝所を攻撃しようとして布団を開けてみると…そこには捕らわれの身となっていたはずのメルルが縛られていた。彼女を助けると同時に周囲が明るくなり、一気に不穏な空気へ…。ベラたちが「罠だ!!」と気づいた時にはすでに遅かったようで、部屋の一角が大爆発を起こしてしまった。

これ、ベラたちがいた部屋!??だったら絶対助からんだろう(汗)

そんな大ごとになっているとは知らないメイはカトウの実家で穏やかな夜を過ごしていた。そんな彼女にカトウはモブに対して酷いことを言ってしまったことを詫びる。そういうところは素直で偉いよね~。でも、メイはそんなカトウに「最低なのは私です…。カッとなったのは私も心のどこかで同じこと思ってたから…」と肩を落とす。
状況的にいっぱいいっぱいになった時、絶対に考えてはいけないことが頭をよぎってしまうことって…やはり人間だったらあると思う。そしてそう思った自分を責めてしまうんだよね…。それはとても辛い。

モブと同じように「子供がいなければ」ということが頭をよぎってしまった自分を責め涙するメイを見たカトウは、思わず彼女の肩に手をやろうとしますが…もう少しでって時に魔王が襲撃しているという知らせが入る。こういうのって、だいたいタイミング悪く邪魔が入るもんだよねw。

ついに魔王軍は城下にまで侵入。町中に火が放たれ民衆たちはパニック状態に。あのお茶目な魔王様がこんな恐ろしいことをするとは…いまだにそれが結びつかないけど(笑)、最後の最後に実力発揮したってことですかねw。
ベラたちもあの場を命からがら抜け出したようで…ということは、爆発する寸前に逃げられたってことか。

スポンサーリンク

するとそこへ伝説の勇者・マサムネが助けにやって来る。またまたカッコいい登場じゃないかw!マサムネは魔王が罠を仕掛けたことをグループ通信網で知ったらしいww。その内容が、面白すぎたww!!っていうか、グループに入れてもらえてるんだ(笑)。

特に最後の、「勇者はどう思う?(魔王)」「あ、いいと思いまーす(勇者)」「おけ(魔王)」の会話のやり取りが可愛すぎてウケたwwww。チャーミングすぎる魔王様、やっぱり憎めない!!!

このことを知ったポコたちは「完全に魔王側じゃないですかー!」とか「助けるなら宿屋入る前に助けてくださいよー」とマサムネを責めまくる(笑)。うん、確かにその通りだねwww。
そんな彼らに対するマサムネ君の答えはというと…

「ピンチの時に助けに来たほうが・・・勇者っぽいだろ?」

やっぱりコイツ、軽いわーーー(笑)。しかも、一緒に戦ってくれるかと尋ねられると「今日は息子お風呂に入れなきゃいけないから」ドロンてww。
そんな彼に追いすがりワチャワチャと揉めていると、メルルが「状況分かってんの!?」とツッコミw。すると、彼女はメイがいないことに気が付いた。それに対してポコたちが「メイは魔王にスカウトされてるから」と口を濁すと、マサムネが「それも魔王の罠だ!!」と叫ぶ。ポカーンとする一同ww。君たち、気づいてなかったのか(笑)。

で、その作戦名「メイだけを仲間外れにしちゃおう大作戦」をカッコよく告げたはずのマサムネくんでしたが・・・それを聞いていたほかの仲間たちの反応は・・・

「だっっさ~~~!!あいつ考えてるよね、絶対www」

だよねーーーwww、やっぱそういう反応になるよねーーー(笑)。その様子に戸惑って「俺が言ったんじゃないから」って弁明してるマサムネくんが可愛くて好きよw。

スポンサーリンク

一方、メイも危険が迫っていることを察知してカトウくんの家族と一緒に逃げようとする。しかし、荷物を整理しているときにふとモブくんの育児日記が目に入り思わず読みふけってしまう。
そこには、不器用ながらも一生懸命子育てに向き合うモブの奮闘記が克明に記されていました…。留守番してた時、彼は彼なりにちゃんと心入れ替えようとして頑張ってたんだね(涙)。ここの場面はかなりウルウルっときました…。

メイは急いで自宅に帰る。モブは一緒に逃げようとしますが、メイは戦いに出るという。このやり取りでまたちょっと険悪ムードになりかけるんだけど…改めて夫婦として話し合い、二人で子育てしていこうということを確認する。
メイはモブにさっちゃんを預け、再び魔王討伐へ向かいました。モブくんは無事にさっちゃんを守り切ることができるのか!?結局逃げなかったしね(汗)。

魔王との戦いについては後述しますww。

なんだかんだで、魔王との戦いに勝利した伝説のパーティ(勇者を除くww)。しかしながら個人的には、国王に何かしらの罰を与えたほうがいいと、思いますぞ。のさばらせておいたらまた今後混乱を招くきっかけを作りそうな予感がしてならない(苦笑)。

メイが自宅に戻ると、モブが彼なりの方法で必死にさっちゃんを守っていた姿がそこにはありました。頑張ったね、モブくん…。ドラマ始まったころには、こんなにも彼に感情移入できる日が来るなんて思いもしなかったよww。
メイとモブは改めて夫婦の絆、家族の絆を確認し合います。カトウくんは事実上の失恋をしてしまいましたが、元の鞘に無事収まってよかったです。

ところがその数か月後、王宮では再び「魔王討伐再出発パーティー」なるものが盛大に開かれていましたww。みんな全く緊張感がなくてw、むしろすごく平和な雰囲気なんですけど(笑)。これさ~、もう、和睦したほうがいいんじゃないですかねww。そのほうが平和だと思うよ。
でも、魔王としては彼らと戦うことにある種喜びを感じてるかもね。楽しく今後もじゃれ合ってくれーー(笑)。

でも気になったのが、モブくんのその後。たしか国王の策略で会社辞めさせられたんだよね?でも、ラストシーンではイクメン…というか、主夫みたいに見えたんですが?その後働き口どうしたんだろう?メイにバリバリ外で働かれたら、またモブくんのストレスが溜まってしまうんじゃないかと心配だよ(汗)。

と、まぁ、色々ありましたが、楽しいドラマでした。

スポンサーリンク

村上新悟さん登場シーン

いよいよ魔王サイドとの本格的な戦いが実現…っていうか、やっとだよ(笑)。

まず攻撃を繰り出していたのが村上さんが演じる側近なんですが…

なにげに武器は「リモコン」www。弱そ~~~(笑)と思いきや、伝説のパーティの皆さん、めっちゃやられてますやんww!!気を良くした側近は魔王に「そろそろ止めを刺しましょう」と進言。それに応じてついに魔王が「煉獄の業火」というちょっと怖そうなネーミングの弾で攻撃しようとします。おおっ!これぞ、ラスボスっぽい攻撃の仕方ww!!

という時に、メイが飛び込んできて仲間を救出。彼女が役に立ったところ、初めて見たかもww。さらに体力回復グッズもたんまり持ってきて、風呂敷広げてピクニック大会のような雰囲気にww。
そんなあまりにも緊張感ゼロな彼らに退屈していた側近は・・・

暇そう~~~に髪の毛クルクルやってる(笑)。これはナイスリアクションw!!おもろくて素直に笑えましたw。

で、あんまりにも魔王無視でピクニックが楽しそうに始まっちゃったのを見てついに我慢の限界。

「おーーーーい!!おまえら、こっちむけぇーーーー!!!」

と呼びかけちゃう側近さん(笑)。そのまま戦わずにピクニックに参加しちゃえば平和に終わったのにねぇ、とか思っちゃったけどww、ここも面白かった(笑)。

ようやく戦闘モードに入ったメイたちでしたが、魔王は「新しい力をみせてやろう!」と特殊攻撃を繰り出していきます。ええ、ほんとに、特殊でしたわ(笑)。

まずはポコちゃん

「あの子、そろそろ天然キャラはキツイねぇ(魔王)」「だねぇ(側近)」「キャラ変が必要な歳だな(魔王)」

こちらの言葉攻撃であえなく撃沈www。側近の「だねぇ」がオネエ入ってて笑ったw。

そしてクウカイくん

「親の仕送りで家賃払うなんてね(魔王)」

払ってるんだからいいだろ!?と口答えはしたものの負い目があるため撃沈www。

一気に2キャラを倒した魔王様に対し、側近もニンマリです。

「さすが我が王!これは精神攻撃。普通の人間が口にすればモヤモヤするものを、言霊にまで昇華したのだ」

あ、あれ、「言霊」だったのね(笑)。魔王様のお茶目なセリフ回し、最高だったわww。

スポンサーリンク

さらに最強キャラと思われていたベラ姉さんには・・・

「やっぱり女は20代までよねぇ(魔王)」「だよねぇ~~(側近)」「劣化~ww(魔王)」「ギャ~ハハハ(側近&魔王)」

攻撃で一発撃沈www。年齢のこと、めっちゃ気にしてたのね、ベラさん(笑)。っていうか、側近のテンションが超上がってたんですけど!!これ、大地真央さんにすごく引き出してもらってたよね。めっちゃいいコンビだったわw。

そして最後は殿のメイへの攻撃。

「子供がかわいそうじゃない(魔王)」「育児って、女の仕事だよね(魔王)」「育児なんて楽、仕事のほうが大変だから(魔王)」「母親なんだからこれくらい、出来るでしょ(魔王)」

今回は魔王一人で一気に言霊攻撃行きましたww。側近は満足そうに横で眺めるのみw。それにしても、真央さんのセリフ回しの引き出しって本当にたくさんありますよねぇ。全部違うキャラで言い切ったのがすごいよ!舞台で慣らしたコメディセンスが生きてたと思います。

さすがのメイもこれには相当なダメージを負った・・・ように思えたのですが、実はほとんど効いてなかった。というのも、これまでさんざんモブくんから同じようなことを言われまくってましたからねww。耐性ができてたわけです。モブくん、最後の最後でめっちゃ役に立ったじゃないの(笑)。

そして反撃に転じるメイ。魔王に向けられたものかと思いきや…

命中したのは側近の方だったwwww。突然の反撃で、あっという間にフェードアウト(笑)。出番、終わりましたwwww。ここは笑ったわーーw。

結局その後そそのかされそうになりますが、メイの子育て奮闘記を聞くごとに魔王がダメージを受けまくった終了という運びに。え~と、結局戦いらしい戦いはドラマの中ではほぼ登場しないまま、何の脅威も感じることなく終わりましたとさ(笑)。

ツッコミどころも多々ありましたが、側近役は村上さんにかなり合ってた役柄だったなと思います。

良い笑顔でのクランクアップを迎えられてよかったです。撮影お疲れさまでした!