【映画】 13年『清州会議』

村上さん作品をこれまで何本か見てきましたが、たぶん、この映画は「出演した」と言っていいのか分からないレベルだと思います

当時、豪華メンバーでの三谷さん監督戦国時代ものってことで公開前から話題になっていました。私はリアルで見に行かなかったのでWOWOWで放送されたものを見たんですが…

好みに合わなかった

というのが正直なところ。

スポンサーリンク

2013年 『清州会議』

監督・三谷幸喜
出演・役所広司、大泉洋

織田家の跡目争いの舞台となった清州会議をもとに描いた作品なんですけど、わちゃわちゃドタバタが続いてるだけで、正直何を描きたいのかよく分からない。さらに、戦国モノであんなに遊んでほしくないっていう私の個人的感情もあります。ワクワクするような活劇みたいなのだったらいいんですけど、なんていうのかなぁ・・・キャラが濃すぎてまとまりがない。笑いのシーンと思しきところも、全く笑えないしそれどころか退屈してしまった。
秀吉の小狡さだけが悪目立ちしてしまっているような印象で、さらに洋ちゃんの扮装があの猿秀吉ですから・・・なんか、洋ちゃんの芝居の良さが見えてこないのも残念。

私この頃から、三谷さんの描く戦国モノに苦手意識あったんだなって改めて思いました

そんななか、村上新悟さんがこの映画に出ていたという驚きの情報を知り、苦手ながらもう一度確認してみました。が、これ、教えてもらってなければ絶対見逃してたってレベル

秀吉が宴会ひらいてるんですけど、その席に酒を持ってくるだけの役です。まずニコニコして酒壺持って登場ww。すぐ横に佐藤浩市さん演じる池田恒興。柴田勝家の酒の席から上手いこと抜けて秀吉の席に行こうとしてるところでした。


村上さんの陰に隠れて恒興が上手く侵入しようとしていますwww


「酒持ってきたぞぉ~」

セリフはこの一言ですが、エキストラとしての音声といった感じ。

で、終わった後のエンドクレジット確認したんですが、何度見ても村上さんの名前ないんですよね(苦笑)。その下にまとめて「ボランティアエキストラキャストの皆さん」ってあって、ここかなとw。

そんなわけなので、私個人としてはこの作品はおススメしません。

ただ面白さを探すとしたら…真田丸の出演者がたくさんいることですかね。寺島さんは官兵衛を演じてますが私には素破にしか見えませんでしたwwww。
あと、エンドクレジットの「いろんな声 山寺宏一」っていうのも笑いましたww。
面白いのはこれだけだったかな