【ドラマ】遺留捜査 第1話 ゲスト出演

上川隆也さん主演の人気シリーズ『慰留捜査』の第4シリーズ。その記念すべき第1話2時間スペシャル村上新悟さんがゲスト出演されました。

この夏、人気シリーズ『遺留捜査』が帰ってくる!舞台を京都に移し、上川隆也が2年ぶりに風変わり刑事・糸村を熱演!

どんな役柄なのかワクワクしていたら、安藤刑事と判明!刑事役!!大河ドラマに出る前の作品で刑事役の村上さんを見たことがあって、その時すごくカッコよくて似合っていたのでいつかもっと出番の多い役で登場しないかなと思っていたんです。それだけに、気持ち的には「キターーーー!!」って感じでした(笑)。しかも上川さんと共演ですから、いやがうえにも期待値アップw。
いやしかし、刑事といっても犯人になっちゃうパターンもあるしな…でもそれはそれで美味しい役回りだし😁と始まるまではあれこれ妄想を楽しんでましたw。が、本人はSNS上で出演のPRをしていなかったのが気になったところ😅。その理由が見終わった後になんとなくわかってしまった…みたいな(苦笑)。

スポンサーリンク

『遺留捜査』第4シーズン第1話 2時間スペシャル

2017年7月13日(木)20:00~(テレビ朝日系)

主演:上川隆也
ゲスト:伊東四朗、財前直見、南沢奈央、野村宏伸、村上新悟 ほか

ストーリー感想

2時間スペシャルということもあってか、事件がいくつか発生するし人間関係も入り組んできたしでちょっと難解なイメージがあった第1話。村上さん目当てで見るという下心があったこともあり😅内容に頭が追い付かないことがちょいちょいありました(汗)。

事件は関西へやってきたばかりの糸村(上川さん)が観光目的で乗ったw遊覧船で早速発生してしまいます。船内で突然爆発騒ぎが起こり、それと同時に糸村を含めた乗員乗客が人質となってしまう。運航会社の黒沢興産は身代金を要求されておおあらわ。その捜査に動いたのが糸村が新しく配属される予定の京都特別捜査対策室(通称・特対)。対立関係にある捜査一課が主導で身代金を持つ黒沢を追って犯人を捕らえようとするも失敗。身代金は奪われ、人質はようやく解放されることに。
その人質の中に代議士の長部麗子がいましたが、調べていくと黒沢興産と長部議員の間になにやら不毛な関係があるのではということが出てくる。人質から解放された糸村は特対と合流して捜査に参加しますが、彼はほかの人が気に留めなかった爆発した場所にあった紙の切れ端が気になり独自に捜査を進めていく。次々に浮かび上がってくる長部の黒い噂や黒沢の過去
そんななか、糸村は黒沢興産の創始者である黒沢恒之助の存在にたどり着く。

『遺留捜査』はほんの数話しか見たことがなかったのですが😅、1話1話丁寧に作ったドラマだなという好印象は持っていました。上川さんが演じる糸村刑事が京都へ異動になったことでチームの顔ぶれもがらりと変わったようです。そんな中で甲本さん演じる科捜研の村木さんも同時に京都へ異動になってたというのがドラマファンとしては嬉しい展開だったのでは。絡んでないようで連携取れてる二人、といった面白い関係だったし😄。

それにしても今回の2時間スペシャルはちょっとストーリーが絡まりすぎてたかも?スペシャルだといろいろな出来事を重ねなければならないから作り手も大変そうですけど💦、もう少し単純にしても良かったんじゃないかなとも思ってしまいました。
事件の流れを追ってみると・・・

1.クルーズ船内での爆発騒動 → 運航会社だった黒沢興産が身代金を犯人に渡してしまう

2.クルーズ船に乗っていた長部議員の不正疑惑が浮上

3.糸村刑事の拾った和紙の切れ端に黒沢興産創業者の恒之助が関与していたことが発覚

4.黒沢興産社長と長部議員の癒着が明らかに

5.黒沢社長が転落死

6.黒沢社長に恨みを抱いていた加藤一派が身代金要求で逮捕

7.黒沢社長に娘を殺されて恨みに思っていた森野が殺人容疑で逮捕

8.森野の娘は黒沢社長の元恋人で、12年前、長部議員の対立候補・早坂を死に追いやる手助けをしたことに苦しみ自首すると宣言。それを食い止めようとした黒沢社長が森野の娘を殺害。早坂の娘・のぞみは父に着せられた濡れ衣が原因で辛い人生を送っていたが、唯一、優しく接してくれる恒之助の存在だけが救いだった。糸村が見つけた和紙の紙切れは森野と共謀した恒之助が爆破現場に置いた早坂から託されていた和歌。

結論
黒沢興産創業者の恒之助は息子が犯した罪を見逃したことで早坂親子を苦しめた贖罪として、娘を殺した黒沢社長に恨みを持つ森野と共謀して長部議員らを追いつめるべく事件を起こしていた

たぶん、こういう事件内容だったんじゃないかと思います😅。事件と人情話が複雑に入り組んでてやっぱりちょっと分かりづらかったかも(苦笑)。

村上新悟さん登場シーン

念願の村上さんの刑事役が見れる!!とかなり放送前はテンションが上がりましたが、出番的にはあまり本筋に絡んだ刑事というわけではなかったのが残念でした。けっこう、ウォーリーを探せ状態だったかも😅。だけど、ちょっとでも、村上さんが刑事やってる姿を見れたのはやっぱり嬉しいものでした。
以下、登場シーンについてみていきたいと思います。

初登場は、身代金要求の犯人を捕まえるべく現金を持った黒沢社長をマークして車であとをつける場面です。
ハッキリとは映りませんでしたがw、助手席からいい睨みを利かせておりました、安藤刑事!

ところが、黒沢社長が犯人の要求に従い電車の窓から身代金が入ったバッグを投げ落としてしまい目的達成ならず😫。まぁね、予想外の事だったから仕方ないよねw。とりあえず、上司にはきっちり報告ということで詳細事項を伝える場面もありましたが、早口ながらも滑舌がいいのでけっこう聴き取りやすかった。これは役者としてすごい武器だと思います。

犯人に逃げられたという事で捜査会議が行われたわけですが…人が多いww。


安藤刑事は向かって左側の前から3列目扉側に着席しておりました!!けっこう前の方じゃないか😜。たま~に少し大きめで映るものの、なかなか挙手をしてくれない安藤刑事😓。身代金追跡の時の報告、あるやろ~~www!!!と思えども、ついに挙手をせずに捜査会議終了。無念でござった(苦笑)。だけど、捜査中もけっこういい眼力で周囲見まわしてたので…これは次回の刑事役で期待かな。

「警察だ!!」と事件の容疑者である加藤の元へ踏み込む場面。表情と声色はすごく良かった。
ただ、唯一気になっちゃうのが胴体部分の立ち振る舞いなんだよねぇ。いつも思うんだけど、そこだけやけに力が入っているのか、はたまた行き届いていないのかww、ちょっと不自然に見えることがある。ここを克服すればもっとカッコよく映るのになぁと思いました。

その後しばらく出番がなかったのですが、終盤、長部麗子議員の集会を警備する要員として安藤刑事が登場!!この時、野村さんと打ち合わせするシーンが渋くてカッコよかった😃。踏み込んだ時よりもこっちの方が自然だったかも。刑事っぽかったしここはベストでしたね。


確信はないんだけど、スーツの色的に最後長部議員をガードするため押し寄せるマスコミを引きはがそうとしてる人物が安藤デカだったような気が…?あのちょっとへっぴり腰的なところがらしいというか(笑)←違ったらすみません😅。

ということで、「遺留捜査」での安藤刑事の出番は少なく、セリフも黒沢社長をマークしているときに報告しているときのものと「警察だ!」って踏み込んだときのもの程度でした。
が、見た目の刑事っぽさはやはりすごく合うと思うんですよね。立ち姿をもう少し研究すればかなり見栄えするんじゃないかな。ぜひとも、もっとガッツリと村上さんがデカしている姿が見てみたいと思った今回のゲスト出演でした。