【ドラマ】ドクター彦次郎3 ゲスト出演

テレビ朝日系2時間ドラマの人気シリーズ「ドクター彦次郎」第3弾村上新悟さんがゲスト出演しました😆!主演は寺島進さんです。

2時間ドラマというと夜8時から9時頃から始まるイメージですが、この枠は最近新設されたらしく…なんと始まるのが朝10時!ちょうどこの時期夏の甲子園があって、関西地方だけはそれと丸被りになってしまい(民放で甲子園やってるの関西だけ…)本放送日に見れないという悲劇が発生してしまいました😱。
こういうのはやっぱり全国一斉に放送してほしいですよね。早い時期に放送日が決まればいいのですが…。

それにしても、村上さんが2時間ドラマに出演するなんて1年半ぶりくらい!?
昨年「真田丸」放送中に1度出演されたんですよね。あの頃はまだ注目度がそんなに高くなかったので見れなかった人も多いようですが、今年に入って再放送があったようでよかったです。そのドラマの感想も後日書く予定(順番バラバラ💦)

スポンサーリンク

日曜ワイド『ドクター彦次郎3 -塀の中から来た名医-』

2017年8月20日(日)10:00~(テレビ朝日系)

レギュラー出演:寺島進・戸田恵子・宇梶剛士・黒谷友香・田村友里・鷲尾真知子 ほか
ゲスト:藤真利子・遊井亮子・村上新悟・西田健・本田博太郎 ほか

⚠以下、完全なるネタバレです⚠

ストーリー感想

寺島さんが演じる大藪彦次郎は元テキ屋という異色の医師。苗字が「大藪(おおやぶ)」っていうのが笑えますねw。医者なのにこの名前はけっこうお気の毒😅。同じく元テキ屋の京都府警刑事の後白河孝麿とは顔を突き合わせてはギャンギャン大喧嘩。そのたびに想いを寄せる旅館の女将・志乃さんに諌められる日々。さらには仲居の貴子さんも加わって賑やか😝。
ストーリーの中にこういった楽しい会話劇がちょいちょい挟まってくるのでとても楽しく見ることができました。テンポもよかったし、レギュラー陣のキャラもハッキリしていてわかりやすいし親しみがあります。これは次のシリーズも見てみたいかもって思えました。

今回の事件は老舗の料亭が舞台。しかも、彦次郎がしょっぱなに重要参考人で後白河刑事に引っ張られてしまうという😓波乱含みのスタートでした。
糖尿病患者だった岩崎裕二が彦次郎からもらった薬を飲んだ直後に死亡。裕二は老舗料亭「岩崎」の次男で、半年前に亡くなった長男で兄の宗一郎の跡を継ぐことになっていました。ちなみに宗一郎の死の現場を志乃とデート(?)していた彦次郎は目撃していたという😱。宗一郎の件は雷に打たれて死んでしまったという事で片付いていましたが、裕二は直接の患者(態度が悪かったことで大喧嘩に発展しそうになってたけどww)だったことから結局事件に巻き込まれてしまうことに。

結局、彦次郎が裕二に処方したのは普通のハーブだったことが証明されてめでたく釈放。ではいったいなぜ裕二はなぜ死んでしまったのか、ハーブと何かをすり替えた何者がいるのか?

二人の跡取りを失った「岩崎」はもはや長男・宗一郎の息子である大地に託すしかなくなるわけですが、大地はまだ小学生。それに付け込んで今度は宗一郎たちの妹夫婦が言葉巧みに跡取りの座を巡って京都までやってきて…老舗にありがちなドロドロ展開へ😱。まるで昼ドラのようだなww。
大地の母親の真理子は、妹夫婦が「大地は岩崎の血を引いた息子なのかDNA検査をするべき」と迫ってきたことに不快感をあらわに。そんな大人の厄介ごとに巻き込まれた大地はストレスから体調を崩し彦次郎の診察を受けることになります。ここで彦次郎は完全に料亭「岩崎」問題に足を突っ込んでしまった感がありましたな😅。

その結果、妹夫婦が大地に辛く当たるのを目の当たりにして彦次郎さんまた大暴れw。再び警察のお世話になってしまうことに😅。もうこうなるの、お約束ですかねw。
でも、留置場の中で彦次郎は有益な情報をゲット!宗一郎が雷に打たれて死んでしまったとされたあの日、実は弟の裕二も一緒にいたことが判明。つまり兄は弟に殺されてしまった可能性が浮上…。その一方、大地に岩崎のDNAが無いことも分かって事態はあらぬ方向へ。

途中までは非常にテンポよく、時に彦次郎たちの軽快な会話で楽しい場面が多かったのですが、後半事件の真相が明らかになっていくとかなり切ないシーンが多くなりましたね。「岩崎」を巡る悲しい真実にちょっと泣けました。岩崎の女将さんと、出入りしていた畳職人の文雄さんの間に起こった出来事が事件と深くかかわっていて…。文雄さんがとても良い人だっただけにとても悲しく切なかったです😢。

顛末
畳屋の文雄は岩崎の女将とかつて恋仲だったものの結婚までには至らなかったが、別れた後に宗一郎が生まれていた。つまり、岩崎の跡取りになるはずだった宗一郎は実は文雄との間にできた息子で、大地に岩崎のDNAが出ないのはそのためだった。
息子の宗一郎が裕二に殺され、さらに借金返済のために跡取りになろうとしていた下心のために大地まで狙われていると知ってしまった文雄は、薬を入れ替え合併症が起こるように仕組んだ。結果、裕二は文雄に命を奪われてしまった…。

大河ドラマ『おんな城主直虎』で個性的な中村屋を熱演している本田博太郎さんの、それとは違った温かく渋いお芝居に魅了されました。特にラストシーンは泣けました…😭。

村上新悟さん登場シーン

村上さんの役柄は、本田博太郎さんが演じる畳職人・文雄の唯一の弟子・須藤敦也。なんでも脱サラして一から修行したいと頼み込んでこの世界に入ったらしいという設定。今回は真面目そうで静かな雰囲気の青年役でした。

まず、料亭岩崎に初めて訪れたシーンでさっそく登場。表の掃除をしていた宗一郎の妻である真理子を見た瞬間にフリーズする須藤くん。そんな彼を見て真理子さんも同じく愕然!しかし二人はこの時何も話さず、きっと過去に何かあったんだろう的な空気が流れてましたw。
それに気づかない文雄さんに「職人はまずちゃんと挨拶しろ」と注意されてやっと「お世話になります…須藤です…」と絞り出すように頭を下げることに。この動揺しまくってる様子が何だか可愛く見えてちょっと萌えてしまったよ😁。相変わらず固まってる状態の須藤くんを見ながら文雄さんが紹介した言葉というのが…

「一から修行するには、もう、年行ってますけどなぁ」

というなんとも言えない一言だったのが笑えましたww。でもまぁ、ずいぶん長いことフリーズ状態だったよなぁ。やっぱり肩から下の部分はけっこう固めに見えちゃうのが惜しい!全身フリーズ状態だと棒立ちに見えちゃうこともあるから…もう少しリラックスさせてもいいかなぁって思ってしまった😅。

で、さすがにあれだけ呆然としてたら大将も気づくわけで、畳作業をしながら「さっきはどうしたんだ?」と聞かれてしまう須藤くん。「見とれてたのか?」と冗談半分に言われるとこれ幸いとばかりにニコニコと「ハイ」って返事しちゃう(笑)。この時の笑顔が可愛くて癒されました~。さらに「結婚しないのか?」と聞かれると穏やかな笑顔で「相手がいません」と笑って見せる。動いてる時の表情とか芝居とかは村上さん、違和感なくて・・・このシーンのやり取りとかすごく良いんだよね😊。

動揺を隠しながらもいそいそと準備にかかった後w、彦次郎や志乃さんにも自己紹介。大将の文雄さんに紹介されると「須藤と申します、よろしくおねがいします」と丁寧にごあいさつ。笑顔が実に爽やかでいい感じでした😊。こういう穏やかな表情はなんか村上さんっぽいなぁと思って嬉しくなりますね。
このドラマの名物らしい(?)彦次郎さんと仲居の貴子の仲のいい大ゲンカを志乃さんが必死になだめるという構図wに思わずぷっと吹き出しちゃってるのも可愛かった😁。あれホントに笑ってたんじゃないかねw。

しばらくしてから、彦次郎と志乃が事件について何やら深刻に語らってるシーン。その後ろでまじめに大将の仕事を必死にサポートするべく走り回っている須藤君の姿。なんかいじらしいなぁ~と。こういう一生懸命働く男が村上さん、結構はまってるかも🏃。
その最中、大将の文雄から今作業している部屋の図面を見せてほしいと頼まれます。ところが、そこにあったのは違う部屋のものだったので

「おやっさん、これは別の部屋の図面ですよ?」

とキョトンww。この時の表情がまた素直な青年っぽくて可愛い。「年のせいかな」と文雄はごまかしてその場はまったり和やかな雰囲気に。しかし後から分かったことですが、このとき彦次郎さんは奥にあった文雄さんの薬に目をつけていたんですよね!すごい着眼点😳。

休憩時間、彦次郎さんは大将の文雄さんと二人で語り合う場面があります。この時、須藤敦也くんのことが色々と語られました。
サラリーマンを辞めて突然畳職人になりたいと弟子入り志願してきたらしい。文雄さんはすぐに逃げ出してしまうだろうと思っていましたが、コツコツまじめに修行に取り組み、腕を上げて一生懸命努力してると。自分にとっては息子みたいなものだと話していた文雄さんのシーンがすごく印象深かったです。なんか、須藤くんの性格が村上さんと被って見えちゃて…あぁ、認めてくれて嬉しいなぁって思ってジーンとしてしまった😢。あくまでもドラマの中の話だっていうのは分かってるんですけどねw。でもやっぱり、なんか、嬉しかった。

と、ここまではとても穏やかで須藤敦也くん的には言うことなし・・・のはずだったのですが(苦笑)、仕事休みに樹に隠れて宗一郎の妻だった真理子とその息子の大地をじーーっと見つめるシーンが😓。これ、いかにも「こいつ怪しい」演出だったので思わず吹いたww。やはり今回もそう来るかとww。

そのあと、大地行方不明事件発生😅。あんな場面があったせいで、須藤敦也が大地を誘拐しちゃったんじゃないか空気がもうww。母親の真理子は血相を変えて必死に探します。
ところが、見つかった大地はたしかに須藤くんと一緒にいたもののどこか嬉しそう。須藤くんの手にはサッカーボールがあって、どうやら大地くんに教えてあげていたらしい。なんとかつてはサッカー部でプロを目指していたことが判明!村上さん、サッカー青年の役だったのかw!
しかし真理子さん的には大事な息子さらってなにしたんや!な心境なわけで怒り心頭😤。それを見て

「ごめん、つい夢中になって・・・」

と大いに凹んじゃう須藤くん、哀れ😔。だけど「またサッカー教えてね」と大地に笑顔を向けられると「ああ!」とニッコリ手を振っちゃって嬉しそう☺。子供と接するときホントいい顔するよねぇ。

大地くん行方不明事件は平和に解決したものの、須藤くんにはその後試練がまだまだ襲ってきまして(苦笑)。なんと今度は畳屋で一生懸命作業している最中に警察に任意同行求められてしまいます😱。「はい」とちょっと師匠を見ながらもきょとんとしていた様子を見ると、自分が何で警察に呼ばれたのか分かっていない様子。
そしてとある神社で根掘り葉掘りいろいろと聞かれていきます…。

警察の一番の興味は真理子との関係。「彼女は畳を入れる料亭の女将さんにすぎない」と話しても「そんなこと聞いてるんじゃない」と一蹴されちゃう。警察のつかんでいる情報によると、真理子とは高校時代のクラスメイトで元恋人だったことが判明😮。まぁ、出会った時の反応を見てそうじゃないかなというのは予想着いたけどねw。須藤くんも

「昔のことです。とっくに別れて偶然岩崎で再会しました」

と事情説明。うん、これは嘘ついてないよね。ところが警察から「大地に岩崎との血縁関係がなかった」と聞かされてビックリ!寝耳に水な話なのにさらに「あなたの子供では?」と問い詰められて大混乱。「そんなことありません!」と必死に否定しますが信じてもらえず…。挙句に岩崎の財産目当てに殺した疑惑までかけられていると知り「違います!私はそんな…!!」と決死の否定をする須藤くん。あんなまじめな人がそんなやましいこと思わないよ~、と見ている方はもうハラハラもの😓。
ところが、裕二殺害現場近くに畳店のトラック目撃情報があると聞くと「え?」と動揺。いつも運転してた軽トラが見られていたと!?え??やっぱりなんか事件に関わっちゃったのか!??読めないぜ、須藤敦也~~な心境に😅。

とりあえずあの場は署まで連行されずに済んだらしいのですが、切なそうに丘の上から大地がサッカーしてる姿をこっそり見つめる須藤くん。この時の表情が何とも言えず切なくてグッと来たよ😢。
そこへジャーンという音楽とともにw元カノ真理子さん登場。なぜ自分たちの前に現れたのか詰問され、うなだれながら

「知らなかった・・・何も知らないでおやっさんの弟子になった。本当に偶然だった・・・!」

と必死に弁解する姿が何とも哀れ😣。真理子さんからすれば、別れた元カレが付きまとってるっていう意識だから仕方ないんだけど(苦笑)あんなに凹んだ顔見ちゃうと思わずかばいたくなっちゃったよ(ファン贔屓目線、失礼ww)
大地くんに声をかけたのは偶然かと厳しく追及されると、

「寂しそうに歩いてたから・・・」

とポツリ。あんなうつむき加減に凹まれちゃうとますます肩入れしたくなるよw。あれは騙してる顔じゃないって気づいてあげて~~ww。と思ったところで、大地くん行方不明事件の顛末の回想シーンが出てきました。
それにしても、子供が歩いている脇をすーっと軽トラが近づいてきて止まったら…そりゃ、怪しいわな😅😅。誘拐疑われても仕方ないシチュエーション(苦笑)。軽トラから降りてきたのが須藤くん。さみしそうに歩いていた大地を見つけ、思わず車を止めて降りてしまったようです。そこで衝撃映像が!!

須藤敦也、サッカーのプロを目指していたという設定のため・・・少年の前に出るなり突然、リフティングを始めました⚽。つまり、シンゴムラカミ、リフティングやれたの!??なすごい映像がwww。


でもよく見てみると、スムーズにリフティングしてるのは後ろ姿のみ。前を向いた時も2-3回ボールがはねてましたが…真相やいかにw。おそらく、連続して後ろ姿でやっていたのは吹き替えで、前を向いた時のはもしかしたら新悟くん頑張ったのかもしれん⚽😁。隠れた才能とか!?まぁ、これも巧いこと編集したのかもしれないけどw。ただ・・・

「いっしょにやるか!」

と大地くんを誘うときの笑顔がめっちゃ良い顔してましたよ☺!すごい自然な爽やか笑顔!やっぱり村上さんの自然な表情を一番うまく引き出せるのは子供なのかもしれないと思ってしまった。

と、ここまではかなり温かいシーンだったのですが…回想が明けるとそこには現実が(苦笑)。勝手に子供を連れだされた真理子さんとしては須藤くんに対して鬱陶しさ以外の何もないようで😅あの子に、「私たちにもう関わらないで!!とっくに終わったはずでしょ!」と完全拒否☠。須藤くん、これはもう一縷の望みもなさそうだよ・・・。少しも気持ち残ってないみたい(苦笑)。しょんぼりうなだれちゃうのがまた情けないやら、かわいそうやら😓。まじめに頑張ってれば次があるから、もっといい人いるよ、頑張れ!と応援したくなってしまったよw。なんか、いろいろ、村上さんと被って見えちゃって困るwww。

しかし、この直後に事態が急転!再び須藤くんのところに警察がやってきて、今度は有無を言わさず署まで同行されてしまいました😱😱。目の前で元カレが連行されてしまい、これにはさすがの真理子さんも動揺を隠せません。そんな彼女に一言…

「君たちの力になりたかった・・・」

と、ポツリとつぶやく姿が悲しくて泣けました😭。優しいやつなんだよ、本当に須藤敦也くんは…。恋とかそういうのじゃなくて本当に、力になりたいって気持ちだけだったのかもね。
そういうところもなんか、村上さんと似た部分があるなぁって思っちゃって切なかったです😢。いや、別人だっていうのは分かってるんですけどねw。ついww。

そして、何度目かの、シンゴムラカミ、警察の取調室シーン😅。やっぱり、そこに行っちゃうのねw。あ、でも、遺留捜査では警察だったっけ。
まず、現場に落ちていたイ草が畳店のものと一致したことを突き付けられ、裕二の薬をすり替えて殺害したのはおまえだな、と問い詰められると素直に「はい・・・」と答えてしまった😣。さらに、大地が須藤くんの子供で彼に遺産を渡すために殺害したんだろうと詰問されても…素直に「はい」と認めてしまった😣。

と、これにて村上新悟さんの出演は終了となってしまいました😵😵!!普通、ここまで怪しい人物としてフィーチャーされたら顛末まで描いてくれるもんだと思っちゃうんですが…なぜか須藤敦也はこの後出てこなかったんですよね(苦笑)。
ただ、彦次郎さんが須藤くんは犯人じゃない!って信じてくれたので、そこから真実がどんどん明るみに出て一件落着したっていうのはあるんだけど。だけど、せめて、警察から解放されて尊敬するおやっさん(文雄さん)と悲しい再会をする・・・みたいな場面を作ってほしかったなぁ~~。だって、須藤くんはおやっさんを庇って罪を被ろうとしたんだから…。それだけ慕ってたんだよね。何が悲しかったって、この二人の関係が最後まできちんと描かれなかったことが一番切なかったかも…😭。
個人的には、なぜ須藤敦也くんが脱サラして突然畳職人の道に入ろうと思ったのか、そのあたりのドラマをチラッとでも描いてくれればなぁと…。やっぱり村上ファン目線だとどうしても須藤くんの素性みたいな部分が気になるのでね😓。せっかく出番も多くて結構重要ポジションだっただけにもったいなかったなぁと思ってしまいました。

ともあれ、ここ最近のゲスト出演の中では一番見ごたえがある役だったと思います!いいなと思う表情もたくさんあったし。ちょっとツッコミたい部分もあたけど😅このドラマはあまりそこは私は気にならなかったかも。さらに上を目指して、またいろんなドラマで活躍してほしいです。次の作品も期待してます😆!