18.11.08更新 テンプレート変更につき、スマホのメニューは下に移動しています

村上新悟さん生誕祭 in FMみょうこう -1-

2016年12月10日。この約一年、「真田丸」が始まってから応援し続けている大好きな村上新悟さん42歳のお誕生日を迎えられました 😀 。

ちょうどこの日、新潟県妙高市のコミュニティラジオ局であるFMみょうこうさんの開局1周年記念の番組が放送されたのですが、そのゲストとして村上さんが呼ばれており・・・公開生放送で行われるという情報もあったため・・・、またしても行ってしまいました(笑)。海を越えてww新潟入りするのは何とこれで今年4回目

上越は6月の高田世界館での舞台挨拶以来で・・・まさかもう一度ここまで来ることになるとはあの時は思ってもみませんでした。高田の時も神イベントだと思ったんですが、今回の上越(新井)でのイベントも負けず劣らず神イベントでして・・・もうこの地には村上さんに関する神がかった何かが存在するに違いないという妙な確信すら抱いてしまいましたw。

比較的温暖な冬の始まりである四国に比べ、新潟はすでに極寒の冬・・・雪もちらついてました。そういえば、6月の村上さんの舞台挨拶の時も雨だったw。やっぱり安定のお天気模様なんだなってそれすら慕わしい(しかも冬は雨も凍って雪になるのね、とかww)
今回のイベントは整理券配布が午前10時からという事でしたが、着席できるのが先着100名というけっこう狭き門。ゲストにはいつも真田丸イベントで素敵な司会を担当している小栗さくらさんがやっているデュオのさくらゆきも参加ということで、そちらのファンの方も結構いらっしゃるかなと予想。いつもどれくらい集まるか想像つかない村上さん関連イベントですが今回もかなり難しく…。それでもだいたいいつもと同じくらいの時間に到着すると予想外のけっこう長い列が目に入ってビックリ。もう2本くらい早い電車で行けばよかったとその時ちょっと後悔したほどです。皆さんいつものイベントよりも集まり早かったですねぇ。それだけ気合が入っている方が多かったということです。私も「愛」だけは強い方なんですがww。

午前8時半に扉が開くまでは外で待機。途中雪が強くなってきたこともあったのですが、今回も前後に並んでいた方とお話しできたりして乗り切れました。FMみょうこうの菊谷さんたちも後からやって来てその列の長さにビックリされてましたねw。私は毎回一人で行ってるにも拘らず待ち時間が短く感じられるような出会いをさせていただいています。そのことは本当に幸運だし感謝しています。

関わってくださった皆様、ありがとうございました

そして無事に着席できる整理券確保。南魚沼の整理券まで9時間待ちを経験してるのでwwかなり早くにもらえた印象。整理券待ちしてる間にはスタッフさんから質問用紙が配られ事前募集が行われました。突然言われても何書いていいか分からない状態でオーソドックスすぎる質問を書いてしまった(汗)。
で、この募集が終わった後に菊谷さんから「引き当てられた方が直接当人に質問する形式でやる予定なのでよろしくお願いします」という趣旨説明があって皆ビックリwww。つまり、本人がボックスの中から引き当てて名前を呼ばれたらその人が直接その内容を質問できるって企画らしく「書いた中身覚えておいてください」ってことでww。私は到底そんな勇気ないのでひたすら引き当てられないことを祈ってました。この企画についてはまた後程。

整理券配布から約1時間半後、いよいよ会場入り。本当に狭い空間で一番後ろからでも十分表情が見えるような会場でした。番号順に好きな場所へ座る形式で、私もまぁまぁの位置をゲット。正直、あまりにも前すぎると村上さん近すぎて緊張の極致で何のメモもできなかったと思うので、かえってあのくらいの距離があってよかったですw。壇上向かって右側には可愛いバルーンがあったのですが、

よく見ると「SHINGO」とか貼りつけてあって、村上さんのお誕生日をお祝いする空気が既にできているんだなって思えて嬉しかったです。新潟の方、本当に温かい。FMみょうこうの方が用意されたものだったのかな。
ラジオ放送開始前にパーソナリティの菊谷さんから注意事項などが語られました。で、以前どこかの媒体でお写真見てなかなかのイケメンさんだなって思ってたんですが…実際に拝見しまして…めっちゃカッコいい方でしたよ!!菊谷さんのファンになった人多かったのではないでしょうか!?

この日の流れは、ラジオ公開生放送→さくらゆきライブ→サイン会という感じだったのですが、FMみょうこうさんが懸念していたのがサイン会でした。あの様子ですと…ここまで人が集まるとは当初予定していなかったと思われます。だいたい140人強がいたようなので。で、村上さんのサインが欲しい人が8割くらい手を上げててww。菊谷さん思わず「・・・ですよねw」っと(笑)。何で懸念していたかというと、会場の使用時間が限られているからであったらしく。「村上さんはすごく丁寧にサインされる方なのでもしかしたら後半は断念させていただくかもしれません…。シャシャって書いてくれるとありがたいんですけどねぇ」とww。この懸念は後々現実味を帯びることになるわけですが、それもまた後程。

ちなみに、写真撮影は終始OK、SNSなどのネット媒体への掲載も許可が出ました。こんな神イベントもうこの先あるか分からない!!!ということで、最初から最後までシャッター音が途切れない、まるで記者会見場のような雰囲気のトークショーになってましたね(笑)。私も写真頑張りましたが、メモも同時進行で二刀流状態だったのでww写真もブレ多めだしメモも中途半端という・・・レポするにはあまりにも不甲斐ない結果と相成りました
ということで、どのくらい書けるか分かりませんが覚えているだけレポしたいと思います。

 

スポンサーリンク

FMみょうこう開局1周年記念 公開生放送

ゲスト : 村上新悟さん、さくらゆき(小栗さくらさん、遠野ゆきさん)
司会   : 菊谷紀道さん(FMみょうこう)
2016.12.10  於.妙高市役所内コラボホール(新潟県・上越市)

このイベントは公開生放送で、全国で聴けた方も多いと思うので発言などについてはあまり多くメモしませんでしたのであしからず…。ラジオ放送データをもとにいろいろ振り返ってみたいと思います。

番組がスタートして菊谷さんの最初の挨拶があったあと、すぐに村上さんが紹介されました。バルーンの後ろの扉からヒョコって感じで現れた村上さんを見て、思わず「わぁっ!!」って心が熱くなってしまいました。


ここ最近の村上さんは真田丸イベントでけっこうキメキメなパブリックイメージを作っての登場が多かったのですが、この日はすごくナチュラルでほんわ~っとした雰囲気だったんです。「どれだけ来たのかな?」って確認するようにちょっと会場をドキドキした感じで見た後にニコニコやって来きた村上さん、この上なく“ゆるふわ”でございました。なんか、一番村上さんらしい村上さんで来てくれたんだなって最初に感じで…それだけでけっこう胸熱でした。会場からも黄色い声が飛びまくってましたしシャッター音もハンパなかったです(笑)。
菊谷さんから「どうですか?」と聞かれると感慨深そうに「いやぁ~…嬉しいですねぇ。ありがとうございます」と素直に喜びを表現する新悟くん。可愛いことこの上なかったですよ

村上さんに続いて、さくらゆきのお二人も登場。笑顔で拍手しながら迎える村上さん。さくらゆきのお二人には男性ファンの方からの歓声も上がっていました。その気持ちわかるわ…めっちゃ可愛いですから、このお二人!!歴史アイドルとして色々活動していらっしゃるとの事で、かなり前にも上越で活躍したことがあるそうです。
そして座った直後にニマニマして菊谷さんのほうを向きながら「ちゃんと喋れてるじゃないですかぁ」とイジりだす村上さんww。え、突然のツッコミ!?って思っちゃったよww。なんか出だしから調子いいわ、新悟くん!ってことで自然と期待が高まります。とにかくのっけからずっとニコニコしてて、シャッター音が激しくなったりしてもめっちゃ笑顔でございましたよ。こんなに素で楽しそうな村上さん、初めて見たかも。

さくらさんとは真田丸のイベントで面識があるという話題では「何度か」と答えつつも「でも殆んどしゃべれないんですよね」と素直な感想w。こんなライトな雰囲気で始まった感じでしたが、まずトーク本番に入る前に曲が流れました。最初に流れたのはさくらゆきさんセレクトの持ち歌で石田三成を歌ったものが選曲されました。
この曲の紹介をさくらさんたちがしたときに「石田三成が好きな方いますか?」と会場に聞いたところ、ドヤ顔で誰よりも真っ先に手をピシィっと上げていたのが村上さんでした(笑)。えらい気合が入った「ハーイ」だったなwww。すごく可愛かったんだけど、メモってたので写真に収めることができず無念でございました。石田三成に関する話題は後々出てくるのでまたあとで。
で、曲が流れている間の村上さんは時々隣の菊谷さんと進行の確認みたいな会話をチョコチョコっと交わしたり、さくらさんたちにちょこっと語りかけたりといったことはしていましたが基本手持無沙汰状態w。最初の曲中はちょっと恥ずかしそうにはにかみながら会場見渡してたかな~。

あとはこんな感じでペットボトルの水をコップに移して飲んだり、資料に目を通している時間のほうが長かったように思います。

プロフィール紹介

曲が終わった後はゲストのプロフィール紹介ということでまずは村上さんのものが菊谷さんから読み上げられ始めたんですが、その時の最初の反応が「はい~とめっちゃリラックスした感じの返事だったのであまりの可愛さに客席から笑いが漏れましたww。すると「え!??」って感じで焦りだす新悟くんww。

「ちょっ、、ちょっと待ってください!そこ笑うところじゃないですよ!?普通に返事しただけなんで~

もうこれには爆笑でしたww。その普通っぽさがファンにはすごく新鮮で可愛く見えるんだよそんな無自覚なところも好きだなぁ~。で、今日が誕生日だと伝えられると会場からはひときわ大きな拍手!!音声からも伝わったと思いますが、本当にめっちゃ嬉しそうでしたよ、村上さん!!なんかあの笑顔が見られただけで幸せだった。この日の村上さんはとにかく感情表現がいつもに増してすごく素直だったのでもうホント嬉しくなりました。ツイッターでも「村上新悟誕生祭っていうタグができて盛り上がってますよ」と菊谷さんから伝えられると「ホントですかぁ」とまたパァッと笑顔になる村上さん

メッセージもたくさん来ていたようで、その中に誕生日占いをされていた方がいて。12月10日生まれの人の解説が菊谷さんから読み上げられたのですが、途中読み方で詰まってしまっていると横から「読めますかぁ?僕が読みましょうか?」とニマニマとツッコんでくる村上さんww。なんやほんとにもう、絶好調やんか!!で、この占いの内容が…『感情を表に出さない情熱家』とか『思い上がったり傲慢になって他人を適当に扱わない』とか『思いやりと分別のある素晴らしいリーダーになる』とか『ナイーブなところがあって権力争いやストレス解消も苦手』といったもので・・・どうですか?と聞かれると

「全くその通りですね」

と真顔で肯定する村上さん。会場にいた人たちも「あぁ、村上さんってそういう人だよね」って納得の空気が流れてました。私もここ数カ月イベントで村上さんを見てきましたが、この占いにあることは全部あてはまってるんじゃないかってすごく思いましたから。菊谷さんが「ここはツッコミ入れなくてもいいですか?」と聞くと「いや、ホントにそのとおりなんで」と素で改めて肯定していた村上さん、ピュアな人だなって改めて思いました

名前の由来

興味深かったのは名前の話題。「新悟」という名前は誰がつけたのかという質問があったのですが、これに関して「実はこれ芸名なんですよね」と新情報が!!え!?そうだったの!?という驚きの空気に包まれる会場。そのまま説明に入ろうとすると菊谷さんが「言っちゃっても大丈夫なんですか?」と焦り気味に聞いてきてw。それに対して「あ、いいですよぉ」と何のためらいもなく自分の名前の由来を語りだす新悟くんw。こういうとこ、ほんと無防備というか自然体というか。ちょっと心配になることもあるけどw、この時はもう「教えて~」って心境でした、ハイw。

本人いわく「むらかみしんご」は同じなのですが、「しんご」の「ご」の字が「悟」ではなくて本名は「吾」なのだそうです。その由来は、親が見ていたドラマの「新吾十番勝負」から取ったと普通の顔して話し出す村上さんに対して「嘘でしょう!??」とビックリして聞き返す菊谷さんが面白かったww。いやそう言いたくもなるでしょ、そのエピソードw。それに対し真顔で「いや、ほんとですよぉ」と答えが返ってくると、あ、本当なんだって会場もほぉ~っという空気に変わりましたね。
ちょっと気になったので調べてみたら徳川吉宗のご落胤の葵新吾とその周りの人間ドラマを描いた作品のようで数年にわたり映画やドラマにもなっているようです。村上さんのご両親がご覧になってたのはたぶん1970年版のものかな?たぶん、この作品の主人公みたいな子に育ってほしいなっていう願いが込められていたのかもって思うとなんかホッコリします

さくらさんとゆきさんの名前の由来も聞かれてて、さくらさんの名字は尊敬する小栗上野介から、ゆきさんはピタリときそうな苗字だったからということで。「ほぇ~」って表情で興味深く聞いてた村上さん、小栗上野介に関して「徳川埋蔵金に絡んでるって聞いたことが…」と言うとさくらさんが「それは言っちゃだめです」とツッコミ入れてましたw。


さくらさんたちと話すときはマイクの位置の関係上体を斜めにしてちゃんと正面から話す姿が非常に好印象な村上さんでした。座り方はやっぱり足開いた方が楽なのねってことで

CMオファーほしい

このあといくつか誕生日メッセージが読まれたのですが、どれもすごく感慨深そうに耳を傾けていて、「皆さん本当にありがとうございまぁす」と嬉しそうに頭を下げていた姿がとても印象的でした。
41歳は転機になった年ということでどんな一年だったかと聞かれると…

「今年の初めはたぶんほとんどの人が僕という役者が存在していたことを知らなかったと思うんです。約1年経ってこうして多くの皆さんに応援していただけるようになったので役者を続けてきて良かったなと思ってますし…感謝しています。ありがとうございます…いつも」

と、言葉を一つ一つ噛みしめるように応援している人への感謝の言葉を述べる村上さん。もうその姿を間近で見てて…なんか、涙出そうになりました。なんだろう、言霊っていうのかなぁ…その中には嘘偽りのない真っ正直でピュアな想いがすごく感じられるんですよ。あぁ、すごく今の状況に感謝してるんだなってストレートに伝わる。だからこそ、聴いているこちらも胸打たれるんですよね。村上新悟さんって本当にそういうお人なのです。

さくらゆきさんにもこの一年の感想を聞いていて、真田丸もあって色んなところで歌わせてもらって充実していたというお話しをされていたのですが、さくらさんはマイクロソフトのCMも出演してたという話題になった時、村上さんの目の色が変わりましてwww。かなり食い気味に

「どうすればCMのオファーってくるんですかねぇ??」

と聞いてきて会場爆笑だしさくらさんも「意外な質問が」とビックリwww。そういえば5月のラジオの時も滝藤さんに「CMとかあって羨ましい」って話してたなと思いだしたよ。かなり前のめりになって聞いてきてたのでよほど興味があるご様子。いきさつを聞いても「僕でもいいじゃないですかねぇ」とか(笑)もう、新悟くんどんだけよ!みたいなwww。そうしたら菊谷さんが「別のCM狙ってるんじゃないでしたっけ?」とジャストな問いかけを(笑)。分かっていらっしゃる!!

「まぁ、セ○ムでしょうねぇ!!」←超ドヤ顔!!

めっちゃ力入ってましたがなwwww。最近はあまり聞かなくなりましたが、一時期ネットでは「セ○ム直江」と大きな話題になりました。村上さんもそれをよく御存じでw。そしたら実践してみたくなったらしく「言ってもいいですかね?」と言うことで、その場限りのCMタイムにw。

「セ○ム、してますか?」

ウィスパー気味なやたら色っぽい「セ○ム」CMだったよwwww。もう、会場のボルテージ最高潮で黄色い歓声上がりまくり(笑)。本人も満足そうに嬉しそうにしてて「あとで地元企業の名前も言ってください」という菊谷さんのリクエストにも「いいですよ」と気前よく答えてました(放送されることなかったけどw)。近い将来、村上さんのCMにお目にかかりたいです!!大丈夫、来るよ!!

上越市の印象

上越市の印象を聞かれると「寒い所に住んでいる人は心が温かいって聞くんですが、毎回訪れるたびによくしていただいて本当に感謝しています」とほんわか語る村上さん。さくらさんたちも「大好きなところ」とコメントしていたのですが、「一つだけ残念だったのが天気が悪くて妙高山が見えなかったことなんですよね」と。
そのコメントを聞いたとたん、またしても鋭く反応する村上さんに会場もニマニマwww。すかさず「僕のせいじゃないですよぉ??」と案の定自己弁護に走る新悟くんに皆爆笑wwww。そう、天気と言えば村上さんだからねw。正面に見える窓の外の風景を身を乗り出すように見て「あ、また降ってきた!」とかww。あまりの自虐ネタ披露しまくる新悟くんに「この時期はいつも雪降ったりしてるんで」と菊谷さんがフォローしても「でも昨日は晴れてたらしいし」ってww。いや、新悟くん、昨日も雨(時々雪)だったから大丈夫だって!と心の中でフォローしていた私でした。もうすっかりおなじみのこのネタも自分のものにしちゃってw、村上さん、トーク進化してるやん

選曲1 真田丸OPテーマ曲

そして今度は村上さん選曲の1曲が紹介されます。「この一年は真田丸一色に染まっていた」ということで、会場にも「真田丸」のオープニングテーマ曲が流れ出し、皆、おぉ~!と感嘆の声を上げていました。


で、また会話の無い時間が始まったのですが、なにやら後ろの方が気になっている様子でニコニコしながら「ん?」みたいに見ていて。かと思ったら急にバサァって刀で斬る真似とかしだしてwwどうしたのかと思って後ろを向いてみたら、どなたかがプラカードみたいなものを掲げていて、そこには「斬り捨てて!」とリクエストが書かれてました(笑)。めっちゃ楽しそうにそれに応えてた村上さん、斬り捨て方がゆるくてやたら可愛かったですよw(咄嗟のことだったのと村上さん行動注目してたので写真撮れず無念!)

そのあとまた手持無沙汰となり、ふと皆から見られていることに恥ずかしくなったのかクシャッとした笑顔になったり、それだけだとなんだからということで急におすまし顔で小さく全方向お手振り始めたり…もう、とにかく、ファンサービスに余念がなかったです。時々進行についての相談もしていましたが、このあたりからそれ以外の時間はこんな感じでファンサービスすることが多くなっていきました。もう、その行動が、いちいち全て可愛くて愛しくて堪りませんでした。

真田丸について

CMが明けてから「真田丸」の話題に。もうすぐ終わってしまいますが村上さん的にはどうですか?と聞かれると感慨深そうにしながらも

「まあぁ、終わっても心の中には生き続けますからね」

と、すごくカッコいいことを言っていたんですが、そのすぐ後に…

「何言ってるんですか、ぼくは…!」

と自己ツッコミして照れ笑いしまくる新悟くん、めっちゃ可愛くて超萌えました。せっかくいいこと言ったんだからそんなツッコミ入れなくてもいいんだよ~~ww。
さくらゆきのお二人は「最終回が見たいんだけど来てほしくないみたいな複雑な気持ちですよね~」としんみり。菊谷さんも「歴史変えられないですからねぇ」と同調しているとすかさず

「変えちゃダメなんですかね?」

と突然ぶっこんでくる新悟くんwwww。もうその突然のタイミングが最高だよ!!菊谷さんは「それは三谷さんに言ってもらわないと」と苦笑いしてました(笑)。ふと思ったことを素直に口に出す村上さん、おもろすぎ!

さくらゆきさんは村上さんの兼続を見ての印象を聞かれると「まずは、理想の思い描いていた通りの直江兼続をありがとうございます、というのが一番です」と大絶賛。さくらゆきとして一番最初に作った曲も直江兼続をテーマにしたものだったそうです。「直江兼続が最初っていうと皆さん驚かれるんですけどね」とお二人。するとこの言葉にまたまた過剰反応した村上さんww。

「驚かれるっていうのは…直江兼続公の曲を作ったのは何故!?ってことなんですか?」

と若干不安げww。それを見て「その時はまだ天地人もやってなかった頃だったので」と状況説明する「あぁ!!なるほどぉ!」とちょっと体を逸らしながらもめっちゃ安堵した様子の村上さんwww。もうまるで自分のことのように直江兼続の評価が気になるんだねぇ。そんなところもやたら慕わしいです、この方。ちなみに、カップリング曲は景勝の幼少期のものを歌ったものだったと聞いた村上さん。

「可愛いですよぉ、御屋形様はぁ」

と目を細めてましたねww。いや、あなたも十分可愛らしいです、ハイww。

またしてもけっこう長くなってきてしまったので、いったんここで〆ます。続きは次の記事で。