18.11.08更新 テンプレート変更につき、スマホのメニューは下に移動しています

村上新悟ファンミーティング in 杉野沢 -1-

大河ドラマ『真田丸』を見て村上新悟さんのファンになってからかれこれ2年半…。ついに、ファンミーティングが開催される運びとなりました!

最初にこの話が出てきた時はちょっと半信半疑なところもあったんですけど(汗)、無事に開催できて本当によかったなと思います。

とはいえ、場所が・・・新潟県の妙高方面・・・。村上さんのファンになってイベントへ通いまくっていた頃にかなりの頻度でお邪魔している場所ですがww・・・遠いんですよ、我が家からw。交通費をケチると10時間以上かかるところでして(笑)。
しかも、今回は新幹線の上越妙高駅から1本しかマイクロバスが出ないと聞いていたので当日入りは不可能だということに気が付き😅、結局、東京に前乗りしてから向かうことに。

そんなけっこうハードな場所での開催だったので、正直ちょっと行くことは躊躇しました。

が・・・、やっぱり、会いたかった・・・村上新悟さんに。

その一念でした、ほんと。それに、しばらく顔を見ていない村上ファンのお友達とも直接お会いしたかったので。

結果、ファンミに参加できて、本当によかったです!!とても楽しかったし幸せでした。久しぶりにお会いできたファンの皆様とも有意義な時間を過ごすことができました。

私たちのために心を砕いたおもてなしをしてくださった杉野沢の皆様、サポートしてくださったFMみょうこうの皆様には本当に感謝の言葉しかありません。ありがとうございました。

そして、これまでお話したことがなかったファンの方とも楽しい交流ができたこと、とても感謝しています。何だか気恥ずかしくてお名前を聞けなかった方が多数で…帰りもろくにご挨拶できないままになってしまったことを大変申し訳なく思っています。
今となっては顔と名前も分からずじまいとなってしまいましたが…お話できた皆さま、本当にありがとうございました。

以下、長くなるかと思いますがいくつかに分けてファンミの様子をレポしていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

村上新悟ファンミーティング 18.10.20 トークイベント-1-

イベントが始まるまで

ここの部分はあまり興味がないかもしれませんがw、記録としてちょこっと書かせていただきます。

1日目は、まず新幹線の上越妙高駅に集合して宿泊地まで送迎してもらうことに。多くの参加者の皆さんはこのルートだったと思います。あとは、自家用車で直接の方だったのかな。ちなみに1日目のみ参加の方もいらっしゃいました。

杉野沢地域までマイクロバスのお世話になったわけですが…30分くらい乗りましたかねぇ。なかなか「杉野沢」という地名が出てこなくて、どこまで行くんだろうという不安がちょっと過ったくらいw。

宿はいくつかのグループで分かれていたので、全員同じ場所ではありませんでした。
私たちの宿泊したお宿はとても家庭的なところで、オーナーの皆様には大変温かく接していただきました。とてもとても感謝しています。

宿でちょっと休憩した後、再びマイクロバスがお迎えに回ってきてファンミーティングの会場へ。

場所は、妙高杉ノ原スキー場にある2階のレストラン。目の前は雪のないスキー場となっており、紅葉を楽しむお客さんのためにゴンドラが動いていました。

まずは入り口で名前チェック。そこで最初にくじ引きをして、小さい番号を引いた人から順番に希望の座席へ着くというシステムになってました。ちなみに私は、まぁまぁの番号を引き当てることができましたw。

と、導入部はこんなところです。

 

村上新悟さん登場

待つこと約20分くらい…だったかな。音楽が鳴りだして、ついに村上新悟さんの登場となりました!!

登場がトーク場所からかなり離れたレストランの入り口っていうのが何だかちょっとシュールな光景でしたが(笑)、久しぶりに元気そうな村上さんの姿を生で見れて…めっちゃテンション上がりました!!笑顔の村上さんだよーーー!!嬉しかったよーーーー!!

登場した後、ファンに向かってごあいさつ。

「今日は遠路はるばる杉野沢まで来てくださり、ありがとうございます。天気も持ちそうだし(笑)、僕も色々チャレンジしていこうと思っているのでどうぞよろしくお願いします」

挨拶の時にまず外の天気のことを気にするのは、もはやお約束みたいになりましたなww。

村上さんのトークの相手を担当したのは、FMみょうこうの菊谷さんです。村上さんと菊谷さんはホント、兄弟!?ってくらい仲良しですからね(笑)。「形式的なのは抜きにして気楽に行きましょうよ」って感じで穏やかに始まりましたw。

が、のっけから村上さん…後ろを振り返り…

「これ、遺影に見えませんか!??」

とファンミパネルにツッコミww。


それがこちらになりますwwww。入ってきた時から、皆なんとなくそう察していたものの誰も口にしていなかったんですがw、本人が言っちゃったんだから仕方ない(笑)。まぁ大丈夫でしょってことで先に進みました。

そのあと、「これから色々やることあるんで、楽しみにしていてください」と意気込みを語った後に再び天気の話へww。もうこれを話さないと始まらない、みたいになっちゃったねw。

「僕、昨日こっちに来たんですけど、雷なってましたからねww。今日も昼過ぎまで降ってて心配したんですけど、何とか晴れてよかったです」

雷までとは…ww、さすが雨男の本領発揮でしたな。でも確かにこの日、新幹線乗ってたら軽井沢あたりけっこう雨降ってて心配したんですよ~。妙高入ったら天気回復していてホッとしたんだっけw。誰か晴れを呼ぶ人がいたに違いないw。

 

スポンサーリンク

出演作のおさらい

まずは、『真田丸』の直江兼続役以降の村上さんの俳優活動について振り返っていきましょうということに。菊谷さんと村上さんの間に、直江役以降の作品がずらりと並んだ表が出てきました。
私の席からはちょっと小さくて字が読めなかったんですが、あのように並べてみるとけっこうたくさん出ていたんだなぁと少し驚きました。

NHK-BSで放送された『漱石悶々』については…「なんていう役名でしたっけ」と恍ける一幕がww。「ちゃんと名前覚えときましょうよ」と菊谷さんにツッコミ入れられてましたw。

TBSの『コウノドリ』に関しては…「いつ出てくるのかってヤキモキしましたよね」と自己ツッコミww。そう、たしかに、もうエンドクレジットが流れ始めてるのに出てこなくて「もう出ちゃった!?」とハラハラしたら出てきたんだったわwww。

ここまで話したところで、写真撮影の注意が。こちらのブログに掲載したものは、撮影・掲載OKの時間帯に撮ったものです。全部の時間を撮影OKにするとトークなど落ち着かないだろうということで制限したそう。うん、その方がいいと思う。

で、この後のメモに…「村上さん、飲み物を勧める」って書いてあるwww。
ちょいちょいトークの合間にファンの飲み物の心配までしてくれてたな~。「なんなら僕が注いできますよ」なんていう言葉も飛び出したりしててwwコラコラって思ってしまったけど、なんか村上さんらしいなとも思えて微笑ましかったです。

フジで放送された『妻の女友達』に至っては「役名ありましたっけ?」「たしかあった気が…」とあいまいな会話www。ようやく思い出したように、「シンジ先生だった」と言うと一部のファンの間からは黄色い歓声が沸き起こってました(笑)。
ちなみに、『真田丸』を撮影しているときに同時進行でこちらのドラマに参加してたそうです。

もう一つフジの『世にも奇妙な物語・夢男』の教授役については・・・「難しかったし、よく分からないんですよ、あの人」とぶっちゃけwww。正直だなぁ、もう(笑)。

NHKの『歴史秘話ヒストリア』の秋山虎繁役については・・・「みなさん待ちわびてた役柄ですよね」みたいに菊谷さんが振るとファンは皆首を縦に振ってて。「もっと喋って良いですからね」みたいに村上さんがファンを気遣う一幕がありましたw。

映画『未成年だけどコドモじゃない』の鏑木役に関しては「あれハマリ役でしたよね!」とかなり盛り上がってて、村上さんも「ありがとうございまーす」と嬉しそうにしてました。
菊谷さん的には見合い写真を投げるシーンが気になってるとのことでしたが、あの場面はなんと6回チャレンジしたんだとか!写真を受け取ってからまっすぐ投げるまでが大変で苦労したそうです。

NHKの『大江戸ロボコン』の話題が出た時はさらに盛り上がりましたね~ww。確かに強烈でしたから、磨郎ちゃんはw。
この役を受けることについて抵抗はなかったのかと質問されると…「どんな役か知らずに受けて、台本を読んでから”白塗り”なんだろうと確信しました」と答えた村上さんw。台本で勘づいたっていうのは面白エピソードだったな。あの特異なキャラについては自分で作りこんだ部分が多かったようですが、動きについては「貞子みたいにお願いします」みたいな指示はあったらしいですww。自ら勝手にやったアクションとしては、「初やつ、初やつ♪」っていうのと後ろに反り返るやつとのことww。けっこう考えて動いて演じたものが採用されたみたいですね。
制作からは「真田丸とは全く違う村上さんを見せたい」という要望があったそうで、やりがいがあったと感慨深そうに語ってました。

TBSの『あなたには帰る家がある』については、タイトルが出てきただけで笑いがこぼれた村上さんww。あれは、たしかにねぇwww。斬新な登場だったけど(笑)。本人も「あれ見た人いるんですか!?」と半信半疑の様子だったのが笑えたw。

同じくTBSの『遠山の金四郎』の伊之助役については、「あっさり死んじゃいましたよね」と苦笑いww。たしかにあ!と思ったら刺されてたなww。志はよかったんだけど、やり方が悪かったですねとツッコミ入れてました。個人的にはちょっと気に入ってた役なんだとか。

NHKの『夜警』については村上さん自身も「面白いドラマでしたよね」とかなりお気に入りのようでした。放送の翌日は朝6時に大河ドラマ『西郷どん』の撮影初日が入っていたらしく、録画して後で見ようとしたもののちょっと頭だけ見たらハマってしまってそのまま最後まで見ちゃったと(笑)。
最後に「ちゃんと翌日は仕事に行ってますよ」と念押していたところが村上さんらしいなと思いましたw。

最近のところだと大河ドラマ『西郷どん』になりますが、こちらはファンミの時点ではまだ登場していなかったので「ネタバレになるから喋れない」ってことでスルーということになりました。

 

スポンサーリンク

作品の裏話

ひと通り振り返った後、「どの作品の役が好きだったかアンケート」というものが行われました。選択肢は以下の4つ。

1.大江戸ロボコン 2.風雲児たち 3.未成年だけどコドモじゃない 4.遠山の金四郎

その結果、『風雲児たち』の中川淳庵と、『未成年~』の鏑木が人気を二分するような結果になりました。

NHKの『風雲児たち』については先ほど話題が出てこなかったのでここでちょっと触れられてました。
中川淳庵役に関してどうですか?と質問されると、ちょっと戸惑ったように「言ってもいいのかなぁ」と苦笑いする村上さん。何かあるのかと思ったら、「自分で見直した時に”全然できてない”と思った作品なんです」と告白。なんでも、自分が思い描いていた姿とかなり違う芝居になってしまったそう。こういうところはやっぱり村上さん、正直だなって思っちゃいましたね。色々葛藤抱えながら役者頑張ってるんだなぁと。
でもその後に「口を開けすぎちゃってアホな子みたいになっちゃったんですよ」ってダメ出ししてたのには笑ったww。たしか、マンガの中川淳庵も常に口開けてるキャラだから…みたいなこと以前言ってた気がするんだけど、本人的にはやりすぎたかもと反省しているようです(笑)。
また、この作品では『真田丸』のメンバーが大勢出ていたということで、再結集した時の感想を聞かれると…「(真田丸では)上杉だったので基本遠藤さんと二人きりが多かったのでw、初めましてな人が多かったんですよ」と回答(笑)。言われてみれば、そうだったわw。

映画『未成年だけど~』は執事役でしたが、所作については指導を受けたのかという質問がありました。これに関しては「立ち姿を習った」とのことでしたが・・・ADの人が専門の人に習ったものを、教えてもらったんだそうです(笑)。ややこしいなwww。
あと、監督から演じるにあたっての指示はあったのかという質問に関しては、「原作にないキャラだから、ワチャワチャする雰囲気になるのを引き締める役でいてほしいと言われました」とのこと。つまりは、ドタバタコメディになりすぎないよう引き締めるようなビシっとした雰囲気でいてほしい、みたいな感じですかね。その役割は村上さん忠実に守ってた気がします。
現場ではけっこうみんな和気あいあいとしてて、首を一緒にかしげるポーズをするゲームしたり楽しくやってたとのこと。その現場、見てみたかったわw。ちなみに鏑木が首を傾げるシーンは「勝手にやったら使われた」そうなwww。村上さんのアドリブ採用率、けっこう高いな(笑)。

 

ここからは裏話も含めた質問回答コーナーに。

Q1. 役作りで一番苦労したものは?

『世にも奇妙な~』の教授。ストーリーも難しかったし、悪役かどうかすら未だによく分からないとw。監督とも色々と話し合ったそうですが、なかなか本当に理解するところまでにはいかなかったみたいですね。

Q2. 撮影中のハプニングなどは?

『あなたには帰る家~』については「ハプニングだらけですよ」と大笑いww。
実はあの場面、台本にすると2-3ページくらいあって・・・朝8時くらいから延々としゃべってたらしいです(笑)。「ほとんどカットされちゃいましたけど」と笑い話にしてましたww。え~、その、カットされた部分の言い訳をぜひ見てみたかったわ~~(笑)。

『遠山の金四郎』の伊之助についても「ハプニングだらけでしたよ」とww。もはや、村上さんにとって何を以て”ハプニング”と称しているのか分からんwww。
でも、こちらは本当に撮影日数が大変だったようで。本当は4日間の予定だったそうですが、撮影場所が京都だったところに西日本豪雨になってしまい…川べりの撮影が氾濫してできなくなってしまったと。結局そのワンシーンを撮影するために2週間くらい滞在したそうです。
村上さんの家庭菜園が枯れてしまったのには、こんな裏事情があったからだったと。いや~~、それは大変なハプニングでしたねぇ(汗)。

Q3. 待ち時間の過ごし方は?

撮影が1日中止になった時は「観光に行ってる」そうです。『遠山~』の時は撮影があるかどうかは現場に行ってみないと分からなかったのでコンスタントに通ってたそうな。京都の夏は暑すぎるから、あまり外を出歩こうという気持ちにもならなかったと。その気持ちはよく分かる気がする!確かに京都の夏は殺人的に暑いですから(汗)。

ここまで来たところで小休止、飲み物タイムになりました。村上さんもちょっと何か欲しいということで取に行こうとしていたのですが(会場には飲み物コーナーも設置されて自由に選べるようになってました)、ふと外を見た時に…

「晴れてますよっ!」

とドヤ顔披露wwww。よっぽど天気のこと気になるんだね・・・っていうか、もはやネタ(笑)。
でも、飲み物持って帰ってきた時に正面の自分の巨大パネルを見て「遺影みたいですよね…」と苦笑いしててww、音声担当のFMみょうこうのFさんが「チーーーン」っていう効果音入れてたのが笑えましたww。

 

ということで、レポ第1弾もここでいったん〆ます。続きはレポ第2弾にて。

村上新悟ファンミーティング in 杉野沢 -2-
2018年10月20日~21日にかけて行われた俳優・村上新悟さんのファンミーティングへの参加レポート第二弾。会場は新潟県妙高市杉野沢。FMみょうこうさんと杉ノ原実行委員会さんによる企画で実現。