「政宗が育んだ“伊達”な文化」シンポジウム ゲスト 村上新悟 さん ー3ー

こちらの記事は、その1その2の続きになります。

宮城県(仙台)で有名な戦国武将といえば伊達政宗が最初に浮かぶ人も多いと思います。時代劇ドラマなどでもたびたび登場する人気武将ですが、数々の武...
※こちらの記事は、その1からの続きになります。 日本遺産「政宗が育んだ”伊達”な文化」の魅力を語る 2 2.名所・旧跡の...

スポンサーリンク

日本遺産「政宗が育んだ”伊達”な文化」の魅力を語る 3

村上さんも大活躍だった「政宗が育んだ”伊達”な文化」の魅力を語るトークショーが終わった後、しばしの休憩時間となりました。その休憩が開けて始まったのがパネルディスカッションです。テーマは「日本遺産で地域を変えよう」ということで、宮城の活性化のために政宗の育んだ文化をどう取り入れていくかみたいなことを参加者でディスカッションするという企画でした。

この場に、トークショーから引き続いて村上新悟さん小日向えりさんも参加することになりました。正直、ハードルがトークショーよりもさらにグンと上がるだろうなと思っていたので始まる前からちょっと心配だったり。ところが、実際のところはその予想よりもさらにハードだったんじゃないかと…思わざるを得ませんでした(苦笑)。というのも、あまり「ディスカッション」になってなくて一方通行みたいな雰囲気になっちゃってましてね…。ゲストの村上さんや小日向さんはもとより、司会を担当していたコーディネーターの人や旅行顧問の人もやりにくそうにしていたのが伝わってきてしまって。双方ともお疲れ様としか終わった後の感想がなかったのが現状でした(汗)。

そんな感じだったので、正直、パネルディスカッションの部ではほとんどまともにメモできずじまいDocomo_kao20。後半は私もだんだん頭の中の酸素が薄くなってきたような感じになってきてしまったこともあって(苦笑)内容についてのレポになってないと思います。すみません。

ということで、このパネルディスカッションコーナーでの村上さんの様子についてを中心に書いていこうかなと思います(あ、いつもそんな感じかw)

パネルディスカッション

参加者は以下の通り。

宮城県教育委員会教育長さん・仙台市教育委員会教育長さん

塩竈市長さん・多賀城市長さん・松島町長さん

クラブツーリズムテーマ旅行部顧問・黒田尚嗣さん

日本遺産プロデューサー・本田勝之助さん(司会担当)

村上新悟さん

小日向えりさん

羅列するだけでもすごい肩書の人がずらり。始まる前から「がんばれシンゴムラカミ」の心境になる私w。

まず、幕が上がった時の光景を見てビックリ!!

明らかに休憩前のトークコーナーとは雰囲気が違いまして…。舞台向かって右側にずら~~っとお偉い様が座ってて斜め前に向かい合うように村上さんたちの机が配置。幕が開いたと同時にこの光景が飛び込んできたので、思わず「だ・・・大丈夫!?」と小さく声が出てしまったほどでした。

とりあえず最初にそれぞれの自己紹介があったわけですが、村上さんは自分が紹介されると拍手のなかマイク音もない状況でも立ち上がって「村上新悟です、よろしくお願いいたします」とちょっと緊張しつつも柔和な笑顔で丁寧にあいさつされてました。こういうきちんと礼儀をわきまえたようなところが素敵なんですよね、村上さん。内心はドキドキしてたかもしれないけど、しっかりとした挨拶をされていて見ていて気持ちがよかったです。

紹介が終わった後、司会の本田さんが「イケメンボイスっていう人がいるのを初めて知ったんですけど、聞き苦しいことがないように進行していきたいです」みたいなコメントを開口一番してて会場が笑いに包まれましたww。村上さんも突然自分の声のことが最初に出てきてビックリしたように照れ笑いしてたのが可愛かった。こんな感じでスタートはいい感じだったんですよね。

何より、司会の本田さんが思ったよりもフランクな感じの方でコメントがすごく分かりやすかったのが印象的でした。「日本遺産とは何ぞや」の説明の時には、「小日向さんみたいな歴女の方は石垣と聞いてついてきてくれるかもしれないけど、一般の人はなかなかそうもいかないですよね」みたいな感じで噛み砕いた表現してて思わず村上さんや小日向さんもニッコリ笑う。そんな現代の人にもわかりやすく翻訳して伝えていくのが地域の役割だと思うしそれが日本遺産だといった説明をされてて、聞いていて「あぁ、そういうことなんだ」ってすっと入ってくる感じでした。

この方の進行だったら、意外とこのパネルディスカッションも分かりやすくて面白いかもしれないってこの時までは思ってました。

市町の主張

まずは各地域がどんな取り組みをしようとしているのか話してもらいましょうということになりまして…。仙台市の教育長さんのお話は本田さんも話を挟む余地があって対話になっていた感じだったのですが、そのあとの各市長さんのお話がほぼ自分の市や町の紹介でして…本田さんも話を挟みづらいような状況になってました。特に某市長さんのお話がかなり熱が入っておりまして…ディスカッションというよりかは演説みたいになってしまい…だんだん微妙な空気に(汗)。私も見てはいけないような光景を目にしてしまったりしたので(ここでは言えない 苦笑)、もはやただ聞くだけみたいな状況になってしまった村上さんや小日向さんが気がかりみたいな心境になっておりました苦笑い

ほぼ一方通行状態の話のなか、村上さんはちゃんと話している人の方を向いて聞いていたように見えました。時折資料に目を入れてそれぞれの会話を理解しようとしているような雰囲気だったかな。しかしながら、時が経つにつれてだんだん目に力が入るようになりw、兼続のチベスナ(チベットスナギツネのようだと言われてた時があるのでw)になって固まってきてDocomo_kao8、さらに緊張のせいか瞬きの回数が増えていきました冷や汗いやぁ、心中お察ししますでした、ホント…。

ちなみに、各市長さんの話の中で一番「ほぉ~」と思ったのが松島町の瑞巌寺についてだったかな。畳一枚が車1台分の値段がするっていうエピソードに会場がざわめいてました。

観光面について

熱弁(?)が続いた各地域の取り組み話が終わった後、「観光は最近変わってきている」というテーマに。松尾芭蕉が死の間際に思い浮かべた場所とか、そういったストーリー性のあることを広めていくことが今後は観光に繋がるんじゃないか、みたいな話がありました。

で、これに関連して本田さんから村上さんに「俳優としてストーリーに入っていくっていうのはどういう感覚なんですか?」といった質問がありました。ちょっと難しい質問だったようで最初少し考えていた風でしたが、「役を演じる上でいろんな知識を蓄えていかなければいけないのでそういうところから入っていきますかね。その場所にも行ってみたいです」みたいなコメントをしてました。これまでの話を聞いてきた中でストーリー性という点で一番村上さんのアンテナに引っかかったのが「松尾芭蕉」だったそうで「芭蕉にはなれないけど演じることはできるんじゃないかと」とけっこう前のめりで嬉しそうに話していたのが印象的でした。村上さん、芭蕉の話にはかなり興味を持ったような雰囲気だったので、ぜひ近い将来そういう役をやってもらいたいなぁと思ってしまいました。なんか、似合いそうじゃないですか。

そのあとは、具体的にどういう取り組みで市や町をPRしようとしているのか、みたいな話になって・・・ここでは各自治体と本田さんとのキャッチボールがある程度は成立していたように見えました。

が、村上さんたちに話が行くことはなく再び静かに相手のトークを見守らなければいけないことに。せっかく芭蕉の話でちょっと気力を戻したかに思えたのですが、時が経つにつれ再び目に力が入ってきたような表情になってきてw、右斜め上を向いてジーっとなるような瞬間が何度か見られるようになってきました。あの瞬間は頭の中で何か整理してたんですかね?

しばらくすると、歴史のストーリーを語る存在として”伊達おもてなし武将隊”のことについての言及が出てきました。彼らに会いに来るために人がやってくることもあるようなので、そういう取り組みも注目ですよねみたいな話になってたかな。で、武将という繋がりからか、久しぶりにw村上さんに「伊達おもてなし武将隊についてどう思いますか?」といった質問がkyu。すると

「レベルは相当高いと思いますよ。僕、上杉おもてなし武将隊の人たちとも仲がいいんですが、なかなかいい勝負するんじゃないですか?」

にっこりナイスなコメントいいね。じーっと緊張して聞いていた感じの会場も、新悟くんの和やかな受け答えにほぅ~っとしたような空気が流れていました。うん、たしかに上杉の武将隊と伊達の武将隊のコラボ演武見てみたいかも。

伊達な文化を一言で

ところが、この後、シンゴムラカミにとって最大の試練が訪れることに!

本田さんから

「”伊達”な文化と言っても一般の人にはなかなか伝わらないと思うので、ぜひ行ってみたいと思うような【別の言葉】をそれぞれ一つずつ考えてください」

といった、超難問が振りかかってきました。これはパネリスト全員にという意味だったようで、それを聞いた瞬間から村上さんの顔色がちょっと変わりましてw表情のチベスナ度が今までの倍くらいにアップwww。顔を顰めつつ視線を上に向けたり横に向けたり下を向いてみたりと忙しくなってきまして、なんかねぇ、新悟くんの心拍数がこっちにも聞こえてくるんじゃないかってくらいの緊張感を感じてしまいましたよ(汗)。必死にフレーズを絞り出そうとしてるのが分かったんでね。

最初に振られた方のコメントがちょっと長かったこともあって、どうやら村上さんの中で「あるフレーズ」が決まった様子。じーっと自分の順番が来るのを待っている風でしたが・・・小日向さんのコメントが思いのほか熱くて、村上さんの目線が徐々に本田さん方面に「早く自分に振って」みたいなオーラが出てきた感じにwww。しかし、ここで悲劇が!小日向さんのコメントの中に出てきた「”粋”じゃないかなって思います」という言葉を聞いた瞬間、思いっきり

「えっ!!??まぢか!!」的に新悟くんの表情が崩壊wwwww。

ぶほっと吹き出して机に突っ伏すんじゃないかってくらいの勢いで撃沈しておりましたwww。それを横目で見た小日向さんが「あ、被っちゃいましたかね…」とすごい申し訳なさそうな顔してて、シンゴムラカミもう、笑うしかない状態にww。

必死に考えて出した村上さんの伊達な文化を表すフレーズは『粋』であったことが、この時点で判明してしまいました。あの時の崩れ落ちた気持ち、めっちゃわかるだけに同情しちゃったよ(汗)。それにしても、あそこまで大きく表情崩すとは意外だったなぁ~。それだけによほど気を張ってあの場所にいたんだなって思いました。

もはや次のフレーズを考える力を失ったと思われる村上さんw。苦笑いを浮かべつつ自分の順番がやってくるのを観念して待っている状況にww。「そろそろ村上さんも何か言いたい雰囲気になってきましたね」と意地悪く本田先生が振ったもんだから会場からも笑いが漏れてましたww。それに対してもう開き直ったかのように「まさに先生がおっしゃる通りのこと言おうとしてたんですよ」とコメントww。

「粋だって思ってたんですけど、言われてしまったんでw」

と自分で言いながらも笑っちゃうしかないシンゴムラカミなのでした(笑)。

その後はそれぞれの市長さんや町長さんが発言していくんですが・・・本田さんが期待したような「一言で言い表せるようなフレーズ」はなかなか登場せずw。皆さんマイペースに自分の町の取り組みみたいなことについて語りだしちゃってまたちょっと微妙な空気に。まぁ、本田さんのお題もちょっと難易度高かったですからある意味仕方ないかもしれないんですけどね。

最後の〆に、本田さんが考えたフレーズが披露されました。「3C」ということで、クレイジー・キュート・クリエイティブ。いやぁ、さすがだなと。「こういうのは人の心に刺さらないとダメなんです」っていう言葉通り、簡潔に”伊達”を表現されていたんじゃないかなと思いました。

と、本田さんが自画自賛のナイスなコメントをしたところでパネルディスカッションが終了しました。だんだん目の力もなくなってきていた村上さんもふっと力が抜けたような安堵したかのような雰囲気になってましたね。そのあとの閉会の挨拶の時はかなりリラックスした表情でいたと思います。

閉会

閉会宣言が終わった後、全員その場で立ってお辞儀をして緞帳が降り・・・シンポジウムはとなりました。村上さんの最後のホ~っとしたような、ちょっと目がうつろなような表情が印象的でした。

いやぁ~~・・・・ほんっと・・・あの雰囲気の中で村上新悟、よく耐えて頑張ったなって思いましたよ。

今までのイベントとはわけが違ってオフィシャル感がハンパなかったし。なによりパネルディスカッション約1時間20分のなかで話す機会があったのは3回程度でしたからね。殆ど首長さんたちのお話を聞いてなきゃいけない状況だったし、その内容も村上さん的にはほぼ関わりのないことばかりだっただけになおさらキツかったんじゃないかと思います。見守っている私ですら、最後の方はちょっと酸欠状態みたいになってきたくらいなので、壇上でお偉いさんに囲まれてじーっと座ってなきゃいけなかった村上さんのことを考えるとちょっと気の毒だったなと。無名塾で養った精神力がここで役に立った感じですかね。

そんな中でも、いつも話している人の方に視線を向けて耳を傾けている姿勢は立派でした。こういうところも村上さんの人柄が出ていたなぁと思います。

仙台のシンポジウムのレポは以上です。

村上さん、本当に、本当に・・・お疲れ様でした!!!

余談ですが、パネルディスカッションの中に出てきた伊達政宗が眠る瑞鳳殿・・・村上さんも行かれたということでシンポジウム翌日に私も訪れてみました。

まさに、伊達政宗を象徴するかのような装飾に圧倒されました。雨が降っていてすごい階段を上るのが大変でしたがw、行ってよかったです。ここの前で、村上新悟さんの今後の活躍も祈念してきました。政宗公のご加護がありますように。

イベントで村上さんに会えるのも嬉しいんだけど、そろそろ役者している姿も見たいかな。

と思っていたら、4月のスペシャルドラマ出演情報が解禁されました!!もしかしたらけっこう前に撮影したものかもしれないけどw、嬉しいです!!この調子でどんどん情報出てほしいな。頑張れ、村上新悟!!

スポンサーリンク
★ランキング参加中。気が向いたらクリックしていただけると嬉しいです★
にほんブログ村 芸能ブログ 男性芸能人・タレントへ

シェアする

フォローする