18.11.08更新 テンプレート変更につき、スマホのメニューは下に移動しています

ニコニコ超会議 超ロボコンー1ー ゲスト・村上新悟さん

4月のGW初日、千葉の幕張メッセで行われたニコニコ超会議。大勢の人が集まるニコニコ動画のイベントですが、今回は今年で30周年を迎えるロボコンのブースも設けられそれに伴うトークイベントも開催。村上新悟さんはロボコンと深い関わりを持つ高専出身者ということで、今年応援団に選ばれた関係でこのイベントに参加されました。

イベントに村上さんが参加すると分かったのがかなり間際だったため、泣く泣く応援に行くことを諦めました。四国と千葉…遠すぎる。しかしながら、ニコニコ動画はパソコンで見れる!ということで、この日のためにプレミアム会員に登録してスタンバイ(現地に行くことに比べたら安いという感覚でww)。生の村上さんに会うことはできませんでしたが、動画で約2時間たっぷり楽しませてもらいました。

ちなみにニコ超で他に気になったブースが大相撲将棋歌舞伎。将棋は私もほとんどわからないんですけど、羽生名人とひふみんとの会談がめちゃめちゃ面白くてついつい見入ってしまいました(笑)。大相撲も面白かったな~!特に松鳳山と宝富士のメラメラオーラ対決はめっちゃ笑いました。

ロボコン始まるまでもこんな風に面白い放送が多かったのでけっこうな時間パソコンに張り付いた一日でした。

以下、村上さんの登場を中心としてロボコン超会議の模様を少しレポしたいと思います。

 

スポンサーリンク

ニコニコ超会議2017 「超ロボコン」ロボコン30年スペシャルステージ

2017年4月29日(土)14:00~16:00頃
於.幕張メッセ(千葉県)

出演:村上新悟南條愛乃・井上雄貴・高専ロボコンOB生

司会:藤田琢己

ニコ動特有の画面視聴者によるコメントが次々と流れる中(笑)、一番最初に紹介されたのが村上さんでした。登場前に流れたのはもちろん、昨年の大河ドラマ『真田丸』の直江兼続のシーン。直江状を書いてる場面に併せて煽り読みをするワンシーンが流れてました。まさかあのシーンがニコ超の会場で披露される日が来ようとはねぇ(笑)。

映像が終わった後、グレーのよそ行きジャケットを着た村上さんが「みなさんこんにちは~!村上新悟で~す!」とにこやかに登場!なんか、頭の上から足の先までかなり洗練されてる印象でした。事務所新しくなってから村上さん、かなりいい感じにスタイリングされてる気がします。だけどフワっと感そのままなのはファンとしてなんか嬉しかったkyu

その時の画面の様子はこんな感じでしたw。「こんなにお客さんが集まるなんてビックリしました!」とかなりテンション高めにコメント。自分の専門分野のトークショーなのでこの日は最初からテンション上げ上げな印象だった新悟くん。

で、最初に流れた「真田丸」の直江兼続役に付いても聞かれたのですが…この場で直江を説明するのに一番わかりやすいものを持ってきたと徐に持参した紙袋をゴソゴソしだして何かと思ったら…

まさかの、マイ直江状レプリカ(1700円)を取りだしたじゃないですかww。え!?兼続説明するためだけにわざわざ持ってきたの!!しかも、その場で約5メートルの書状を司会の藤田さんに手伝ってもらってすべて広げるという予想外の行動に(笑)。全部広げ終わった後に

「僕が演じた直江兼続が徳川家康にケンカ売るために書いた書状ですね」

と軽く説明wwww。そしてすぐに「回収しますね」と丸めようとするんだけど、あまりの長さに1人じゃ時間かかってしまう状態で結局スタッフさんにお願いしちゃったっていうね。この時のニコニコユーザーのコメントが驚きとツッコミに溢れててかなり面白かったです(笑)。つまるところ、これだけ長い手紙を家康に送りつけた人物が直江兼続・・・ってことを端的に伝えたかったようでw、まぁ、その意図は成功・・・してたのかな苦笑い。村上さんって、人に伝えたいっていう想いが強い人だからイベント前に考えて持ってきたんだろうなって思うと何だかとても微笑ましかったです。

他に印象に残ったシーンを聞かれると、エンケンさんが演じた御屋形様の後姿の場面と答えてましたがその場面の映像は流れてこなくてちょっと残念そうにしてました。どの後姿のこと言ってたのかちょっと気になったな。

そしていよいよ話題が本筋へ。村上さんがロボコンとも縁が深い小山高専出身だということが紹介されました。ニコニコユーザーの中には知らない人もけっこういて「高専だったのか?」というコメントもけっこう流れてましたね。私はここまでの情報は知ってたのですが、驚いたのがそのあとです。

「なんと、首席で卒業されているんだそうです!」

え~~~!!!!村上さん、小山高専を、首席(トップ)で卒業してたんですか!!!!!

この日は色んな村上さんの情報が出てきたんですけど、一番衝撃を受けたのが冒頭のこの新事実でしたね(笑)。いやぁ~、ビックリしました。高専を首席で卒業するっていう雰囲気の人に見えなかったもので…(基本ゆるふわだしww)、村上さん、恐れ入りました!!すみません。で、こう紹介をされた後の新悟くんなんですけど…

「そうなんですよぉ~、いま全く関係ない仕事してるんですけどね(笑)」

と、まぁ、のほほ~~んとゆるふわでコメントしてたんで思わず吹いてしまったw。うん、らしくてちょっと安堵したw。

このあと、NHKで放送中のアニメ『アトム・ザ・ビギニング』で声優を務めている南條愛乃さん井上雄貴さんが登場。このアニメは見たことないんですけど、「鉄腕アトム」に出てくるお茶の水博士の青春時代を描いた作品だそうです。南條さんは声優のほかにもエンディングを担当しているそうです。高専の生徒さんとエンディングのミュージックビデオを作ったんだとか。
「アトムザ~」の映像が流れた後、南條さんと井上さんにニッコニコしながら拍手を送ってた新悟くんがめっちゃ可愛くて萌えました。人柄表れるわ~って思った。

そしてさらにロボコンを語るうえで欠かせないということで、ロボコンOBの皆さんが参加されました。
ロボコンOBの皆さんの中に村上さんの後輩で小山高専OBの方がいらっしゃって。

「村上先輩が来るということで、懐かしいかなと思って小山高専のジャージを持ってきました」

オレンジ色が眩しいジャージをプレゼントするというサプライズがありました。小山高専は学年ごとにジャージが色分けされているそうで(5年制なので5色あるらしいw)、村上さんの学年はオレンジだったそうでめちゃくちゃ懐かしそうに嬉しそうにしてたのが印象的でした。

で、普通はここで「ありがとうございます」とジャージをしまうところなのですが…あまりにも嬉しかったのか、

「せっかくスタイリストさんが用意してくれた服だったんですけど…ちょっと脱ぎますね」

と徐にジャケットを脱ぎ始めてあれよあれよという間にオレンジジャージに着替える村上新悟www。さらに「ズボンも履いちゃいます」と徐にオレンジジャージズボンも履いちゃって(脱がずに上から履いてくれてよかったwwww)

あっという間に、小山高専のオレンジジャージ姿になり高専生っぽい雰囲気がやたら濃くなる村上さんになりました。司会の藤田さんは予想外の出来事にビックリしてるようでしたがww、こういう少年らしい一面がまた新悟くんの魅力でもあります。「脱がないで最後までこのままいきますね」と久々の高専生気分にテンションが上がってたのが可愛らしかったです。

村上さんが小山高専生に返り咲いたwところで、いくつかのテーマに沿ってトークが展開されました。

高専とは?そもそも、高専とはどんな学校なのか?

「普通の高校だと3年で卒業ですが、高専は5年制の学校です。単刀直入でいえばエンジニアを育てる学校ですかね」

まずは卒業生の村上さんに聞いてみるということで質問がきてましたがw、答える前からもう表情に自信がみなぎってましたよ。超得意分野だもんね~。ドヤ顔でノリノリというコメントも流れてました(笑)。

卒業生の皆さんの話によると、高専の中にもいくつかあって、機械をやる学科や電機をやる学科、あと情報系をやる学科、建築、化学などに分かれているのだそうです。村上さんは電子制御工学科だったとのことでソフトウェアの開発の勉強とかやってたのだとか。そんな難しそうなところで首席だったのか…!!!と改めて驚愕です。

と、ここで、村上さんが高専生だった頃の貴重な授業風景の写真が出てきたのですが…これ、いろいろツッコミどころがありましてwwww。ちなみに、村上さんは授業している先生の後ろで黒板に何か書きながらお友達とピースしてる人って感じでしたwwww。

疑問1 この写真は授業中!?

あ、これ、授業中ですね ←ヲイwww!!

疑問2 授業中に先生の後ろでなぜピース!?ありなの!?

これは普通、なしじゃないですかねww ←ヲイ!!!wwwwww

疑問3 許されるんでしょうかw?

許され・・・ないでしょうねぇwww ←コラっwwww!!

疑問4 そもそも、写真撮っていいんですか(爆)ww!?

wwwwwダメ・・・でしょうねぇwww ←コラコラwwwwwww

普通にカメラ持ち込んで撮ったんでしょうねぇww

こんな風に、出てきた写真はツッコミどころ満載で爆笑モノでした(笑)。で、そんな写真に「かなり自由な感じですか」と質問されると「かなり、ユルいですよね!?」とOBの皆さんに同意を求める村上新悟wwww。それに対して「相当ユルいですし、今でもユルいですw」と皆さん答えが返ってきてちょっとホッとした感じだったのが面白かったw。

話を本筋に戻し、なぜ高専に行こうと思ったのかという質問がありました。

「母子家庭だったので早く親を楽にさせたいなと思って就職に有利な高専に行って親孝行しようと思ったんですけど。結果、就職もせずに全く違う方向に来てしまったというw」

この話は以前ある雑誌のインタビューで村上さんが答えていたので知っていたんですが、なんかジーンとくるエピソードですよね。お母さんを楽にさせてあげたい一心で高専で頑張っていたんだろうなと…そう思うと首席で卒業っていうのはその証だったんじゃないかなとも、ね。ユルい校風ではあったけど(笑)頑張っていたであろう姿はすごく想像できてしまいます。

ちなみに高専の就職率は100%を超えるらしいですよ!!それだけみんな即戦力になるべく高専で頑張ってるんでしょうね。

就職をそのまませずに勉強する道もあるということで、村上さんによると高専は国立大学の編入試験を何本も受けることができるらしいです!普通は1校しか受けられないそうですが、高専は受かる何度もチャレンジ可能なんだとか。そういうところも特殊なんですね。

「国公立行きたい人は高専経由で行くと確率高いんですよ!これみんなあまり知らない話だと思うんですけど」

と、超ドヤ顔してた新悟くんが面白くて吹いたwww。さすが村上先輩。

このあと、南條さんが高専生と一緒に作ったというミュージックビデオがワンコーラス初披露されました。それに対して一生懸命手を叩いて応援してる風な村上さん、らしいなって思ってほっこりしました。

で、見終った後の新悟くん・・・・

「いやぁ~~!可愛いですねぇ!!燃え(萌え?)ちゃったでしょう、ちょっとぉ~!」

と、高専OBの皆さんに超ツッコんでいっててwww思わず笑ってしまったよ。村上さんも萌えたのねww。褒めまくられて南條さんかなり照れてて可愛らしかったです。

続きは次の記事にて・・・。